1. TOP
  2. [ アクション映画 ] アクション

+ エントリー記事 +

BACK

ワイルド・スピード

2006.09.20

映画「ワイルド・スピード」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 ハイスピードで走るトラックの積荷を、改造車が疾走しながら盗むという強奪事件が多発。そんな折り、ロスのストリートに君臨するドミニク(ヴィン・ディーゼル)の前に、ある日謎の若者ブライアン(ポール・ウォーカー)が現れ、ストリート・レースの勝負を挑む。結果はドミニクの勝利に終わるが、それを機にブライアンは彼らの仲間に加わることになった。しかし、彼の正体は…。
 ストリート・レースに興じる若者たちの姿を描いたヴァイオレンス・カー・アクション映画。正直ドラマそのものは大したことはなく、また現実に考えれば迷惑極まりない連中しか登場しないのだが、彼らの心意気がびんびんに伝わってくるのと、カー・アクションのダイナミック描写ゆえ、まったく飽きることがない。まさに改造車が馬のように雄叫びをあげながら疾走する現代版西部劇といっても過言ではない快作である。

  • Comment(12)
  • [ アクション映画 ] アクション

ダニー・ザ・ドッグ

2006.09.11

映画「ダニー・ザ・ドッグ」


 【 ストーリー・あらすじ 】

 わずか5歳で誘拐され、悪徳高利貸しのもとで首輪を外すと相手に襲いかかる殺人マシーン(=犬)として育てられたダニー(ジェット・リー)。そんな彼は、ある日、盲目のピアニストのサム(モーガン・フリーマン)に助けられ、彼と交流していくうちに次第に人間らしい心を取り戻していくのだった……。
 リュック・ベッソンの脚本にアクション・スターのジェット・リー、オスカー俳優のモーガン・フリーマンがガッツリ組んだ感動系アクション。ベッソンと言えば映画「ニキータ」でもワイルドな少女が華麗な暗殺者として生まれ変わり、と同時に人間らしい心を取り戻 す様を描いていたが、本作はそれの男版といった感じ。とにかくジェットが次第に心を取り戻していく様が感動的だし、新たな魅力も見せつけてくれている。

  • Comment(8)
  • [ アクション映画 ] アクション

暗殺者

2006.05.19

映画「暗殺者」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 超一流の暗殺者ラス( シルベスター・スタローン )の狙う標的が、彼の銃弾より一瞬早く何者かに撃たれた。標的を横取りしたのは、ラスと同じく暗殺のプロであるベイン( アントニオ・バンデラス )だった。ラスはすぐにベインを追い詰めるが、ベインは謎の言葉を残して消え去る。ラスが次の標的を狙うとき、またもベインが現れた! 殺しのプロ同士の壮絶な闘いが始まった! シルベスター・スタローンとアントニオ・バンデラス、ハリウッドの2大スターが暗殺者として対決する見ごたえ十分のアクション大作。

  • Comment(0)
  • [ アクション映画 ] アクション

ブレイブハート

2006.05.16

映画「ブレイブハート」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 13世紀末のスコットランド。イングランド国王エドワード一世の侵略で家族を殺害され、1人異郷に逃れたウィリアム(メル・ギブソン)。成人して故郷に戻った彼は、そこで幼なじみのミューロンと恋に落ちる。永遠の愛を誓い結婚した2人だが、彼女はイングランド兵の手にかかり殺されてしまう。
 残虐な王の悪政に苦しむ民衆を率いて、自由と解放のために戦った実在の人物を描いた本作は、全編を通してパワーがみなぎる歴史スペクタクル作品だ。製作費7200万ドルを投じ、数千人のエキストラを配した戦闘シーンは圧巻。誇り高く壮絶なラストも、深く心に残る。またロマンスのパートでは、フランスの女優ソフィー・マルソーが華を添えている。
 メル・ギブソンが製作、監督、主演の3役を務め、監督賞をはじめとするアカデミー賞5部門を獲得した。

  • Comment(8)
  • [ アクション映画 ] アクション

BACK