1. TOP
  2. [ 日本映画 ] 邦画

鍵泥棒のメソッド

10.06

「鍵泥棒のメソッド」のポスター


 【 ストーリー・あらすじ 】

 「アフタースクール」の内田けんじが監督を担当した、さまざまな要素が詰め込まれた予測不能の娯楽作。ひょんなことから人生が逆転してしまった2人の男性を巻き込んだ物語の成り行きを、笑いとサスペンスを交えて描き切る。
 35歳にして定職もなく、売れない役者稼業にもほとほと嫌気がさした桜井(堺雅人)は自殺にまで失敗してしまう。その後、出掛けた銭湯で見るからに勝ち組男のコンドウ(香川照之)が彼の目の前でひっくり返り、頭を強打したせいで記憶を失ってしまった。桜井は衝動的に彼の荷物をくすねてコンドウに成り済ましたのだが、実はコンドウの職業は殺し屋だった…。

  • Comment(2)
  • [ 日本映画 ] 邦画

アヒルと鴨のコインロッカー

03.12

アヒルと鴨のコインロッカーのジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 大学入学のために仙台へ引っ越してきた椎名(濱田岳)。新居の片づけをしていると、同じアパートの河崎(瑛太)と名乗る男が声をかけてきた。口ずさんでいたボブ・デュランの曲に興味を持ったらしい。しかし、彼は初対面の椎名に、同じアパートに住むブータン人のドルジ(田村圭生)という青年に広辞苑を盗んでプレゼントしたいから「本屋を襲わないか?」と誘う。ドルジは河崎の元彼女の琴美(関めぐみ)と付き合っていたらしい。また買うのではなく盗むのが大切だと奇妙なことを言う河崎。椎名は逃げ腰だったが河崎の巧みな話術にのり、気づいたら本屋襲撃に加担していた。

  • Comment(2)
  • [ 日本映画 ] 邦画

リンダリンダリンダ

10.07

リンダリンダリンダのポスター


 【 ストーリー・あらすじ 】

 とある地方都市にある芝崎高校。高校生活最後の文化祭を翌日に控え、立花恵(香椎由宇)、山田響子(前田亜季)、白河望(関根史織)の3人は途方に暮れていた。ギターが指を骨折、ブチ切れたボーカルも抜けてしまい、本番3日前にしてバンドが空中分解してしまったのだ。その時、偶然ブルーハーツの「リンダ リンダ」を耳にした恵たちは、これなら3人でも演奏できると、急にやる気を取り戻す。そしてちょうど目の前を通りかかった韓国からの留学生ソン(ペ・ドゥナ)をボーカルに引き入れ、急造バンドが誕生した。4人はさっそく文化祭最終日の本番に向けて猛練習を開始するのだったが…。

  • Comment(4)
  • [ 日本映画 ] 邦画

心を揺さぶる実話映画(邦画)ランキング (「ハリウッドチャンネル」発表)

09.21

ひまわりと青い空


 モバイル版ハリウッドチャンネルが「心を揺さぶる実話映画(邦画)」というテーマで調査を行い、その結果をトップ10のランキングで発表されましたので、今回ご紹介したいと思います。

 実話をもとにした日本映画(邦画)はたくさんありますが、理由はわかりませんがトップ10にランクインしている作品は2000年以降の作品ばかりです。邦画が好きだという方の参考になれれば嬉しいです。

  • Comment(2)
  • [ 日本映画 ] 邦画

深呼吸の必要

06.26

深呼吸の必要のジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 沖縄の離島を舞台に、サトウキビ刈りのアルバイトに集まった若者たちの姿を描いた青春群像劇。広大なサトウキビ畑を前に悪戦苦闘し、互いに反発・葛藤しながら次第に新たな自分を見出していくさまを沖縄の美しい自然を背景に綴る。
 2月。沖縄のとある離島。本土とは比べものにならない陽射しが降り注ぐこの島に5人の男女がやってくる。彼らはみな「キビ刈り隊」の募集に集まった若者たち。それは、人手の不足した農家を手伝いサトウキビを刈り取るアルバイト。5人を迎えるのは年老いた平良夫妻と「キビ刈り隊」の常連・田所豊。彼らは豊の指示の下、これから35日間で約7万本のサトウキビを刈り取ることになっていた。だが、全くの初心者である5人は慣れない仕事にもたつくばかり。おまけに、先輩ヅラして偉そうに振る舞う豊にも苛立ちを募らせていく…。

  • Comment(0)
  • [ 日本映画 ] 邦画

テルマエ・ロマエ

05.29

テルマエ・ロマエのポスター


 【 ストーリー・あらすじ 】

 古代ローマ帝国。浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は生真面目な性格が災いし、流行に乗り遅れて職場をクビになってしまう。気分転換にと友人に誘われ、公衆浴場(テルマエ)にやってきたルシウス。突然そこで溺れてしまった彼は、なぜか現代日本の銭湯にタイムスリップする。漫画家志望の山越真実ら、見たこともない平たい顔ばかりを前に途方に暮れるルシウスは、ローマよりも遥かに進んだ風呂文化を目の当たりにして愕然。やがて古代ローマに戻ったルシウスは、平たい顔族(日本人)の風呂文化を採り入れた浴場を設計し大評判となるのだが…。

  • Comment(0)
  • [ 日本映画 ] 邦画

ハルフウェイ

03.19

「ハルフウェイ」のDVDジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 高校3年生のヒロ(北乃きい)は思いを寄せていたシュウ(岡田将生)にある出来事をきっかけに告白されて付き合うことになる。ある日、シュウが遠く離れた東京の大学への進学を考えていると知ったヒロは、まだ決めたわけではないと優柔不断な態度を見せるシュウと大げんかに。シュウの夢を応援したい気持ちもあるヒロは、卒業を前にさまざまな思いをめぐらせ始める。

  • Comment(0)
  • [ 日本映画 ] 邦画

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~

02.14

「麒麟の翼」のポスター


 【 ストーリー・あらすじ 】

 TVドラマ「新参者」でも好評を博した原作者・東野圭吾による「加賀恭一郎シリーズ」の9作目「麒麟の翼」を、再び主演に阿部寛を迎えて映画化した感動ミステリー。ひとつの殺人事件の捜査を通じて、その意外な真相と事件の背後に潜む切なくも感動的な人間模様がひも解かれていくさまが丁寧な筆致で綴られていく。
 ある日、日本橋の翼のある麒麟像の下で男性の刺殺体が発見される。被害者である青柳武明(中井貴一)は死の直前、腹部を刺されながら誰に助けを求めることもなく、8分間も歩き続け、縁もゆかりもない日本橋までやって来るという不可解な行動をとっていた。一方、容疑者には、青柳のバッグを持って現場から逃走中に車に轢かれて意識不明に陥った若者・八島冬樹が浮上。恋人・中原香織(新垣結衣)が懸命に無実を訴えるも、事件は八島の犯行としてあっけなく解決するかに思われた。そんな中、日本橋署の刑事・加賀恭一郎(阿部寛)はコンビを組む松宮脩平(溝端淳平)とともに独自の捜査を進めていくが…。

  • Comment(0)
  • [ 日本映画 ] 邦画

アフタースクール

10.27

「アフタースクール」のポスター


 【 ストーリー・あらすじ 】

 母校の中学校で働く人のよい教師・神野(大泉洋)の元に、かつての同級生だと名乗る怪しい探偵・北沢(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。北沢は神野の親友で同じく同級生、現在は一流企業に勤めるサラリーマン・木村(堺雅人)の行方を追っていた。
 心ならずも神野は木村探しに巻き込まれてしまう・・・。人を疑うことを知らない男と、人の裏側ばかりを見てきた男。ちぐはぐコンビの捜査活動から、神野の知らなかった、友人・木村の一面が次々と明らかになり、物語は思いもよらぬ方向へと向かっていく・・・。

  • Comment(2)
  • [ 日本映画 ] 邦画

君に届け

02.03

「君に届け」のポスター


 【 ストーリー・あらすじ 】

 見た目が暗く周りから「貞子」と呼ばれる黒沼爽子(多部未華子)は、クラスになじめないでいた。しかし、その外見とは裏腹にけなげで純粋な彼女に、誰からも好かれるクラスの中心的存在の風早翔太(三浦春馬)はひそかに好意を抱いていた。風早の言葉を励みに、爽子は徐々にほかのクラスメートたちと打ち解けるようになっていく。

  • Comment(2)
  • [ 日本映画 ] 邦画

フラガール

05.18

映画「フラガール」


 【 ストーリー・あらすじ 】

 昭和40年、福島県いわき市は炭鉱の町だったが、石炭から石油へエネルギー源が変わり、閉山が続いていた。その危機に炭鉱会社が目をつけたのは観光。いわき市にレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」と作ろうとする。目玉はフラダンスのステージだったが、ダンサー募集に集まったのは素人の娘たち。ダンス教師として東京からプロのダンサー(松雪泰子)を呼ぶが、彼女は田舎をバカにして教える気がない。しかし、次第に娘たちの一途さに心を動かされる。

  • Comment(7)
  • [ 日本映画 ] 邦画

容疑者Xの献身

01.05

映画「容疑者Xの献身」


 【 ストーリー・あらすじ 】

 惨殺死体が発見され、新人女性刑事の内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者の湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件の裏にいるのではないかと推理するが・・・。天才物理学者の湯川と天才数学者の石神の戦いが始まる。
 ベストセラー作家・東野圭吾の長編ミステリーを、福山雅治ほかTVシリーズのスタッフ&キャストで映画化。無償の愛に衝き動かされた天才数学者の究極のトリックに、天才物理学者“ガリレオ”こと湯川学が挑む。

  • Comment(10)
  • [ 日本映画 ] 邦画

20世紀少年 最終章 ぼくらの旗

11.30

映画「20世紀少年 最終章 ぼくらの旗」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 ともだち歴3年の2019年、世界は世界大統領として君臨する「ともだち」に支配され、殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断。都民の行動は完全に制限されていた。そんな中、カンナ(平愛梨)は反政府組織として武装蜂起する一方、「血の大みそか」以降、行方がわからなくなっていたケンヂ(唐沢寿明)が突然現われる。

  • Comment(4)
  • [ 日本映画 ] 邦画

20世紀少年 第2章 最後の希望

10.05

20世紀少年 第2章 最後の希望


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 「血の大みそか」から15年後の西暦2015年。人類滅亡計画は悪魔のテロリスト・ケンヂ一派の仕業とされ、「ともだち」は世界の救世主と崇められていた。一方、高校生に成長したケンヂの姪・カンナは、やがて洗脳施設「ともだちランド」へと足を踏み入れ、「ともだち」の真相にも近づいていくが、新たに現れた「しんよげんの書」の存在に、再び翻弄されていく。

  • Comment(0)
  • [ 日本映画 ] 邦画

20世紀少年 第1章 終わりの始まり

09.01

映画「20世紀少年」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 1969年。少年ケンヂは、地球滅亡を企む悪の組織に立ち向かう正義のヒーローを夢見て、仲間たちと「よげんの書」を作り上げた。そこに描かれたのは、現実には起こりえない「未来」のはずだった…。
 1997年。大人になったケンヂの周りで、幼なじみの死をきっかけに次々と不可解な事件が起こり始める。時を同じくして、世界各国では謎の伝染病による大量死が相次ぐ。実は、これらの事件はすべて、かつてケンヂたちが作った「よげんの書」のシナリオ通りに起こっていた!世界を陰で操る謎の男「ともだち」とは?
 果たしてケンヂは滅亡の一途を辿る地球を救うヒーローになれるのか?そして、2000年12月31日。「よげんの書」に書かれた人類が滅亡するその日が訪れる・・・。

  • Comment(0)
  • [ 日本映画 ] 邦画

NEXT