1. TOP
  2. [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害
  3. 海を飛ぶ夢

海を飛ぶ夢

2012.05.27

「海を飛ぶ夢」のジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 25歳の時に海で起きた事故で首から下の全身の自由を奪われ、寝たきりの生活を送り続けてきたラモン・サンペドロ(ハビエル・バルデム)。26年間、彼は家族の絆や介護に支えられ穏やかに暮らしてきたが、自分らしく生きるために「尊厳死」という選択をするが、彼を心から愛する人々は、彼の選択に動揺し、葛藤する・・・。

 【 出演 】
ハビエル・バルデム, ベレン・ルエダ, ロラ・ドゥエニャス, マベル・リベラ, クララ・セグラ

 【 監督 】
アレハンドロ・アメナーバル



 【 感想 】

 この映画「海を飛ぶ夢」を皆さんは鑑賞されたことがありますか?25歳の時に頸椎を損傷して以来、全身の不随と闘った実在の人物を描いたヒューマンドラマ作品です。主演はハビエル・バルデム、ほんとに素晴らしい演技を魅せてくれているので、興味のある方はぜひご覧ください。

26年間寝たきりの男 ラモン・サンペドロ(ハビエル・バルデム)


 25歳の時に海での事故により、頭から下が動かせない半身不随の状態になってしまったラモン・サンペドロ。彼は26年間もの間、寝たきり生活を送っているのです。そんな彼が「尊厳死」を求めて戦うのです。

 実在した人物ラモン・サンペドロをハビエル・バルデムが演じています。彼は「ノーカントリー」で初めて知った俳優さんで、その時の彼の演技に魅了されてしまいましたが、本作もとっても良かったです。彼が35歳ぐらいの時に51歳ぐらいのラモンを演じたわけですが、見事に老けて見えました。

ラモンの顔

 それにしても顔から下は動かないというのは本当に大変だなぁと思いました。話したり、考えたりはできますが、行動がかなり限られるのは辛いと思います。しかし、彼は四肢麻痺の状態で色々と乗り越えて26年間生きてきました。そんな彼がなぜ今、「尊厳死」を望むのか?

 ラモンは優しいですし明るい性格です。きちんと自分の病気を受け止めており、自虐ネタまでも言ったりして周りの人たちを笑わせたりもします。しかし死への道を止めようとはしません。決して考えを変えることはないのです。ただ彼の状況と気持ちが分かれば分かるほど複雑な気分になりました。

ベッドに横になるラモン

尊厳死


 スペインでは「尊厳死」が認められていません。そこでラモンは尊厳死が法律で認められるように運動を起こすのですが、スペインで「尊厳死」を求める運動を初めて行なったのがラモンなのです。しかし、ここで疑問が1つ出てきます。尊厳死が認められていないのであれば、自殺をすればいいのではないかと。

 その理由は、四肢麻痺の状態のラモンは自殺さえも1人ではできないということです。他人の手を借りないと死ぬことができない。そして、仮に他人の手を借りて死ぬことができても、尊厳死が認められていないので、手を貸した人たちが罰せられてしまうのです。

 もうこれはほんとに難しい問題ですねっ。いくら考えても「尊厳死」がいいのかどうなのかわかりません。本作を観ていなければ「尊厳死」には反対だったと思います。それは単純に死んでほしくないという感情からです。しかし、映画を観ている時に何度も考えさせられる場面がありますが、全然答えが出ませんでした。

裁判所にいるラモン

ラモンを支える家族


 1人で生活することができないラモンは兄の家族と一緒に暮らしており、生活の援助をしてもらっています。とても献身的で良い人たちばかりですので、ラモンは幸せだなぁと感じました。しかし、ラモンが尊厳死を臨んでいるわけですから、家族の気持ちを考えるとこれほど複雑なものはありません。

 もちろんラモンが尊厳死を求める運動をしているのを知っていますし、その運動を阻止させようともしません。しかし、ラモンの考えが変わってほしいとずっと願っているんですねぇ。ラモンの父が「息子に死なれるだけでも辛いのに、自ら死を望んでいるなんて・・・」のような言葉を言っていましたが、これには何ともいえない気持ちになりました。

ラモンと父と甥

 ただ自分の将来に絶望を感じてラモンは尊厳死を求めているわけではなく、四肢麻痺の状態では1人で生きていくことができないというのが理由なんですよねぇ。家族の協力が絶対なんです。しかし、兄に万一のことがあれば収入源が無くなる。「自分は負担にしかならない」という考えが強いからなんです。

 自分が苦しい分には耐えれば終いですが、他人が苦しむ姿というのは見ていて辛いものがあります。ましてや、それが自分が及ぼしたものだとなれば尚更です。26年間もの長い間、世話してくれた感謝の気持ちと、家族への愛があるからこそなんですよねぇ。その気持ちがわかるからこそ尊厳死を完全に否定することはできませんでした。

ラモンの表情

弁護士のフリア(ベレン・ルエダ)


 ラモンの元に弁護士のフリアがやってきます。とても美しい女性でちょっとずつラモンと良い感じになっていきます。これは嬉しかったです。彼にとって愛すべき人ができるのはとてもいいことですし、もしそれが死への歩みを止めるきっかけになるのではと期待しました。

 ただラモンの考えは変わりませんでした。生の喜びができれば、死を思い止まるかもと思いましたが、そんな簡単なものではないんですねっ。大切な人ができれば、その人に辛い思いをさせないためにも死を選ぶという考えなんですねっ。

タバコを吸うラモン

 あと実はフレアは2年前に不治の病の宣告を受けており、これがまた二人の共有する部分となり距離を縮めたのだと思います。相手の気持ちがわかるというのは大きいですねっ。

 そしてある時、発作で倒れたのをきっかけに自分も尊厳死を迎えたいと思い出したフリアは、ラモンと共に尊厳死をすること約束するんですねぇ。確かに尊厳死が認められていない状況で、他人に迷惑をかけずに死を遂げるには、尊厳死を求める者同士で実行する方法しかありません。

 ラモンとフレアにとっては良いことなのかもしれませんが、やっぱり何とも言えない気持ちになりました。う~ん、すごく難しい問題ですねぇ。どんな状況でどんな背景があろうと、「死」に理解はできても共感はどうしてもできないんですよねぇ。

海辺にいる二人

家族との別れ


 フリアが認知症を発症したことにより、死を遂げることができなくなったラモンは、自分に想いを寄せるロサの協力の下、死を遂げることを決意します。こうしてラモンはその準備のために家を離れるのです。

 もうこの時の家族との別れは悲しかったです。単なる引越しなどといった別れとは違います。永遠の別れなんです。涙をこらえる表情だったり、ロモンが乗った車を追いかける甥っ子の姿を見ると涙が溢れました。

甥っ子と抱き合うラモン

旅立ち


 海が見える部屋で、その時は訪れます。ロサをはじめ、多くの方の協力を少しずつ得て自殺を謀ります。手を貸した人たちが罪に問われないようにビデオを回し、薬の入った液体を飲み干します。

 タイトルにもあるように彼は自由に海を飛んだと思います。彼が行なった行為が正しいのかどうかは私にはわかりません。とっても深く重たいテーマの本作でしたが、「生」について「死」について考える時間を与えられたことはとても良かったです。

海と空

映画「海を飛ぶ夢」のDVD

パッチさん♪こんばんは★

またまた後無沙汰でした♪

でもいつも覗かせていただいてます♪

■海を飛ぶ夢

以前どうしても観たくて観ましたよ♪

パッチさんの解説や感想を読ませていただき・・
蘇えりました!

本当に重いテーマでしたね。
かなりの衝撃を覚えたことを思い出しました。

空を飛んでいるかの様な空想的なシーンがありましたよね。
風景だけだけど。

そのシーンが何だか本当に空を飛んでいるような感覚になったように覚えています。
私はDVD購入して観たのですが・・
最後に主役のハビエル・バルデムのインタビューがあって
もし自分がこのような立場であったらどうするか?
みたいな質問があって何百回考えても答えは出ない・・
そんな感じで話していたように思います。
難しい役でしたね。

尊厳死については普段考えてもいなかった事なので本当に生きる事や何が幸せであるか等とか考えさせられる映画でした。

余談ですが■ノーカントリーと同じ役者さんとは驚きでした♪

またお邪魔しますね~~♪
  • 2012/05/28
  • アビーさん
 【アビーさんへ】

こんばんは、アビーさん。
お久しぶりです。
こちらこそご無沙汰しております。

アビーさんもご覧になられていたんですねっ。
本作はとっても重たいテーマを扱っていて
すごく考えさせられました。

鑑賞中と鑑賞後、そして今考えても
答えが出せないほど難しいです。

あの空を飛んでいるシーンは良かったですよねぇ。
スピード感があって、まるでスーパーマンかのように
飛んでいる感じが味わえました。
とても綺麗で爽やかで良かったです。

本作を私は以前録画しておいたものを鑑賞したのですが
アビーさんはDVDで鑑賞されたんですねっ。
しかも、ハビエル・バルデムのインタビューはすごく興味深いです。

役に向き合い、ラモンの気持ちになって演じていた彼が
答えが出せないということは
やっぱりそれだけ難しい問題ということですねっ。
誰にとって幸せか、何を持って幸せか・・・。

あと、そうなんです。
「ノーカントリー」で殺人鬼のような役を演じていた役者さんです。
オカッパ頭でしたし、なかなか結び付きませんよねっ。

はいっ、いつでもお待ちしております。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2012/05/30
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「海を飛ぶ夢」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/607-2899bb10