1. TOP
  2. [ 洋画 関連 ] 気になる企画
  3. 100人の映画通が選んだ本当に面白い映画 第18弾 (TSUTAYA発表)

100人の映画通が選んだ本当に面白い映画 第18弾 (TSUTAYA発表)

2012.02.20

ツタヤのロゴ


 TSUTAYA(ツタヤ)が毎月行なっている企画「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」の第18弾が発表されましたので、今回ご紹介したいと思います。

 埋もれさせては勿体無い隠れた良作を発表するこの企画、今回ご紹介された良作は計6本です。ぜひ映画鑑賞の際の参考にしてください。

「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」 第18弾


今も多くの映画ファンを魅了し続けている
80年代のミニシターブームを代表する傑作



  • バグダッド・カフェ バグダッド・カフェ (1987年)
    【 出演 】 マリアンネ・ゼーゲブレヒト、ジャック・パランス
    【 監督 】 パーシー・アドロン

 + Story +

 様な寂しげなモーテル「バクダット・カフェ」をきりもりしている黒人女のブレンダ(CCH・パウンダー)。役に立たない夫、自分勝手な子供達、使用人、モーテルに居着いた住人たちにまで彼女はいつも腹を立てていた。
 そんなある日、ひとりの太ったドイツ女がやって来た。彼女の名はジャスミン(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)。大きなトランクを抱え、スーツを着込み、砂埃の道をハイヒールで歩いてきたこの奇妙な彼女の登場が、やがて寂れたカフェを砂漠の中のオアシスに変えてゆく・・・。



観る者の予想を裏切る
タランティーノ×ロドリゲスの趣味で徹底的に貫かれた快作



  • フロム・ダスク・ティル・ドーン フロム・ダスク・ティル・ドーン (1996年)
    【 出演 】 ジョージ・クルーニー
    【 監督 】 ロバート・ロドリゲス

 + Story +

 2人組の凶悪な銀行強盗ゲッコー兄弟は、トレーラーハウスで旅をする牧師一家を人質にメキシコへと逃亡する。厳しい検問をくぐり抜け国境を越えた一行は、ゲッコー兄弟の仲間カルロスとの待ち合わせ場所、砂漠にそびえる巨大な酒場ティティ・ツイスターに向かう。だが、バイカーやトラック運転手がたむろすその場所には恐るべき秘密が隠されていた・・・。



決して子供に見せてはいけない悪夢の童話



  • 狩人の夜 狩人の夜 (1955年)
    【 出演 】 ロバート・ミッチャム、リリアン・ギッシュ
    【 監督 】 チャールズ・ロートン

 + Story +

 ある死刑囚から、銀行を襲って手に入れた1万ドルを子供たちに託した事を聴いたハリー(ロバート・ミッチャム)は、出所するや福音伝道師を装って未亡人と子供たちの住む町へ向かう。そして言葉巧みに未亡人に取り入り、結婚してしまう。彼の凶暴な正体を知り、母までも殺された幼い兄妹はふたりだけで逃亡を企てる。小舟に乗って川を下る兄妹はやがて身寄りのない子供たちの面倒を見ているクーパー夫人の家にたどり着くが、そこにもハリーは迫っていた・・・。



アメリカで最も保守的な街「ナッシュビル」
「自由」なんかないけれど、ここに来れば歌がある!青春がある!



  • ナッシュビル ナッシュビル (1975年)
    【 出演 】 ヘンリー・ギブソン、キース・キャラダイン
    【 監督 】 ロバート・アルトマン

 + Story +

 テネシー州ナッシュビルを舞台に、総勢24人の人間模様を描いたアルトマンお得意の群衆劇。カントリー・ソングのメッカとして有名なナッシュビルで、大統領候補のキャンペーン大会が行なわれることになった。イギリスの女性レポーターは、ベテラン歌手のヘブンを中心として、それぞれの歌手にインタビューを試みる・・・。



笑いと感動が”くっついた”感動作!
ちょっとワケありハートウォーミングムービー



  • ふたりにクギづけ ふたりにクギづけ (2003年)
    【 出演 】 マット・デイモン
    【 監督 】 ボビー&ピーター・ファレリー

 + Story +

 双子の兄弟ウォルト&ボブ・テナー。2人は普通の双子と違い、互いの腰がくっついた結合双生児で、生まれてからずっと密着して一緒に行動してきた。
 だが彼らの性格は対照的。俳優志望のウォルトは社交的でプレイボーイ。一方のボブは少々引っ込み思案でオクテ。そのため、ネット上で知り合って以来3年間もメル友を続けている女性メイには、特異な自分たちのことを未だ打ち明けられずにいた。そんな2人はある日、俳優を目指すウォルトの夢を実現しようと、いざ夢の都ハリウッドへ向かうのだが・・・。



戦争が分かつ小さな友情



  • 縞模様のパジャマの少年 縞模様のパジャマの少年 (2008年)
    【 出演 】 エイサ・バターフィールド、ジャック・スキャンロン
    【 監督 】 マーク・ハーマン

 + Story +

 第二次大戦下。8歳のブルーノ(エイサ・バターフィールド)は、ナチス将校の父とともにベルリン郊外に引っ越してくる。フェンスの向こう側にいるパジャマを着た少年シュムエルと親しくなったブルーノ(ジャック・スキャンロン)だが、この友情が悲劇を招くことに・・・。
 ナチス将校を父に持つ少年とユダヤ人の少年。戦時下の狂気の中で芽生えた純粋無垢な友情の運命を描く感動作。





感想


 「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」の第18弾で発表された6作品をご紹介させていただきましたが、皆さんが鑑賞されたことのある作品はございましたか?私は全然観ていないので、また少しずつ鑑賞していけたらいいなぁと思います。

 今回の作品は個人的に全部観てみたいなぁと思いました。「バグダッド・カフェ」なんかはよく良い評判を聞くのでずっと観たいと思っていた作品ですし、マット・デイモンは好きな俳優さんですので「ふたりにクギづけ」も観てみたいです。

 最近は再鑑賞をテーマに家にあるDVDを再鑑賞する日々が続いていましたが、そろそろ新しい作品を鑑賞していきたいと思いました。ということで、このリストが皆さんの映画鑑賞の際の参考になれれば嬉しいです。


ツタヤオンラインのロゴアイコン TSUTAYA DISCAS

ツタヤのネット宅配レンタル。
自宅に居ながらレンタルできる。
「T-POINT」も使えて、貯まります。
入会金・送料・延滞料は無料です。




書籍化されました


 これまでツタヤが企画してきた「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」が本になりました。第1弾から第4弾で取り上げてきた計89本の作品が紹介されています。本になるなんてすごいですねっ。この企画が好評だということが伺えます。今後もこの企画を続けていってもらいたいです。



「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」の紹介記事一覧

TSUTAYA(ツタヤ)関連の記事一覧




【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画 第18弾 (TSUTAYA発表)」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/606-fc342029