1. TOP
  2. [ アクション映画 ] ヒーローもの
  3. バットマン ビギンズ

バットマン ビギンズ

2007.10.15

バットマンビギンズのジャケット

 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 1989~1997年に4本の映画が製作されたシリーズが復活。バットマンの誕生秘話に焦点を当てる。少年時代に両親を殺されたブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は復讐を誓って成長するが、犯人は殺害され、彼は行き場のない怒りに苦しむ。謎めいた「影の軍団」から戦闘技術を学んだブルースは、ゴッサム・シティで亡き父の大会社を受け継ぎながら、バットマンに変身して悪と戦うようになる。
 若きバットマン役、クリスチャン・ベールを、錚々たる名優陣が囲む充実のキャスティング。渡辺謙も短い登場シーンながら怪しげな存在感を示す。主人公が訓練の末に超人技を身につけるという設定から分かるように、前シリーズに共通するアメコミヒーローの軽さや、悪役の奇抜さはまったくない。バットモービル、バットスーツなども映像の雰囲気に合わせてハードに進化。クリスチャン・ノーラン監督は、ダークでシリアス、正統派のアクション映画を目指したようで、その意図は十分に達成されたと言っていい。

 【 出演 】
クリスチャン・ベール, マイケル・ケイン, リーアム・ニーソン, ケイティ・ホームズ, ゲイリー・オールドマン、渡辺 謙

 【 監督 】
クリストファー・ノーラン


 【 感想 】

 この映画「バットマン ビギンズ」をみなさんは観たことがありますか?アメリカのコミックである「バットマン」を元に映画化された作品です。アメリカのコミックということで、日本人には馴染みがないかもしれませんが、数多くの「バットマン」の映画が製作されているのでみなさんも1度は目にしたことがあるかもしれませんねっ。

 いまやヒーローはたくさんいます。スーパーマン、スパイダーマンなどは超人的な能力を持っており、言わば何でもできるヒーローたちです。しかし、このバットマンは決して超人的な能力を持っているわけではなく、普通の「人間」なんです。そんな普通の人間が科学を駆使して作られた、守る道具、戦う道具、便利な道具などを身にまとい悪と戦うのがバットマンなんです。

誕生秘話の物語


 この「バットマン ビギンズ」はタイトル通り「バットマンの誕生」を物語にした作品です。一体どんなきっかけで普通の人間がバットマンとして悪と戦う決意を抱いたのか、なぜコウモリなのか、どのように格闘技を身に付けいろんな装備を作ったのかが、この映画を観ると知ることができるのです。

 ティム・バートンの「バットマン」シリーズでは、バットマンよりも悪役の方が好きという人がいてもおかしくないくらい「キャラクター」にとても魅力のあり、個性の強いキャラが揃っていました。しかし、今回紹介の「バットマン ビギンズ」ではキャラ重視というよりもドラマだったりストーリーに力が入っていて設定も現代風になっています。

バットマン

主な登場人物の紹介


ブルース・ウェイン/バットマン ブルース・ウェイン / バットマン (クリスチャン・ベール)
「ウェイン産業」の代表取締役。
バットマンとなり、ゴッサムシティで悪と戦う。

ルーシャス・フォックス ルーシャス・フォックス (モーガン・フリーマン)
ブルース・ウェインの会社で働く開発部長。
高性能スーツや武器、バットモービルを開発している。

ジェームズ(ジム)・ゴードン ジェームズ・ゴードン (ゲイリー・オールドマン)
ゴッサムシティを取り締まる警官。
正義感溢れるバットマンの良き理解者。

アルフレッド・ペニーワース アルフレッド (マイケル・ケイン)
代々ウェイン家に仕えている執事。
戦い続けるブルース・ウェインを支えている。

ヘンリー・デュカード ヘンリー・デュカード (リーアム・ニーソン)
ブルースに体術や戦闘術を指導した人物。
ゴッサム・シティの裏で操っていた黒幕。

ジョナサン・クレイン/スケアクロウ ジョナサン・クレイン / スケアクロウ (キリアン・マーフィ)
マフィアらと裏で手を結ぶ悪徳精神科医。
マスクを被って、幻覚ガスで攻撃してくる。

レイチェル・ドーズ レイチェル・ドーズ (ケイティ・ホームズ)
ブルース・ウェインの幼なじみの女性。
ゴッサムシティで地方検事を務めている。

ラーズ・アル・グール ラーズ・アル・グール (渡辺謙)
テロ集団である「影の同盟」の首領。
僧のような格好をしている剣術の達人。


バットマン / ブルース・ウェイン ( クリスチャン・ベール )


 これまでのバットマンシリーズでは数々の俳優たちがバットマンを演じてきましたが、今回のバットマンはクリスチャン・ベールが演じています。
 普段は大富豪の息子ということで品がありスマートな人生を送っているブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)、そしてその裏の顔はコウモリのような姿に身を包み悪に立ち向かうバットマン。一体ブルース・ウェインがなぜ悪と戦う正義のヒーロー「バットマン」になったのか・・・。本作ではバットマンがどのように生まれたのかが描かれています。

 誕生秘話というのはおもしろいですねぇ。バットマンといえば強くてかっこいいイメージですが、始めから完成されていたわけではないんです。超人的なパワーを持っているわけではなく、実際は普通の男ブルース・ウェインなわけですねっ。ですので、まずはブルース・ウェイン自体が強くなるべく格闘技をマスターするシーンもあります。

ブールス・ウェインの苦悩

クリスチャン・ベールの役作り


 バットマンを演じたクリスチャン・ベールはとても素晴らしい肉体をしていますが、本作の撮影前には「マシニスト」という映画で1年間寝ていない男を演じており、体重はなんと約30キロほどしかなかったそうです。そして「マシニスト」の撮影が終わり、半年後の本作「バットマン ビギンズ」の撮影に向けて、増量して筋力トレーニングを行い、体重を約86キロまで増やしたそうです。

 多くの俳優さんが役作りをしていると思いますが、たった6ヶ月で体重を約53キロも増やしたというのはすごいですねぇ。ただ体重を増やしたわけではなく、きちんと筋肉のついた素晴らしい肉体に作り上げたのは尊敬に値します。

鍛えた肉体

軍団のリーダー ラーズ・アル・グール (渡辺謙)


 本作で登場する、ある軍団のリーダーを渡辺謙が演じています。このような大きな作品に、日本人が出演しているというのはとても嬉しいことです。また同じくクリストファー・ノーラン監督作品の「インセプション」に、渡辺謙が出演しているのもすごいことですよねっ。

 出演シーンこそそれほど多くありませんが、とても重要な人物を演じていたと思いますし、存在感があってよかったと思います。ぜひ渡辺謙の出演するシーンをご確認ください。

渡辺謙が出演

高性能スーツや武器の試行錯誤


 バットマンは悪に恐れられる存在でなければいけません。そしてそれには絶対なる強さが必要です。鍛えられた肉体と体術だけでは無理なんですねっ。そのためにコウモリ姿の高性能なスーツや、戦いで役立つ武器を開発します。

 スーツや武器を試行錯誤しながら作っていくのは良かったです。実際に悪と戦っていると、強度が足りなかったり柔軟性が欠けていたりといろいろな改良点が見つかり、それを踏まえて開発部のルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン)が新たなバットマンを作り出す過程がとても楽しめました。

開発をする2人

愛車 バットモービル


 バットマンは超人的な能力を持っているわけではないので、悪と戦うのに必要なアイテムが必要になってきます。そんなアイテムを試行錯誤しながら開発していくんですねっ。まずは敵の攻撃に耐えれるようにボディを開発し、飛ぶためにマントを作り、と少しずつアイテムが増えていくんですが、一番活躍していたのはバットマンの乗り物である「バットモービル」だと思います。

 バットモービルはすごいですよっ。走る姿はまさに「戦車」のようで、数々の武器を兼ね備えてはいるんですが、走っているだけで武器になってしまうかのような乗り物です。スマートなバットマンの乗り物とは思えないぐらいの豪快さで街中を走り抜けます。

バットモービル

ブルース・ウェインを支える人たち


 一匹狼として悪と戦うバットマンですが、決して一人では不可能なのです。執事であるアルフレッドがいるからこそ、ブルース・ウェインでありバットマンでもあり続けることが可能だったのだと思います。そして、バットマンをより強くするために開発をしていたルーシャス・フォックスも、ブルース・ウェインにとって欠かせない存在だと思います。

バットマンを支える執事

 あとゲイリー・オールドマンが演じたゴードン警部ですねっ。悪が溢れたゴッサムシティで、正義のもと戦うバットマンですが、悪を取り締まるべき警察までもがバットマンを嫌っているんです。そんな中で唯一バットマンに賛同し理解してくれているのがゴードン警部なのです。

 警察にいるゴードン警部だからこそ得ることができる情報などを、バットマンと共に共有し、警察の力を使ってバットマンをサポートしています。裏でバットマンを支えるアルフレッドやルーシャス・フォックスに対し、戦いの最前線の場でバットマンを支える重要な人物だと思います。

警部のゴードン

2作目「ダークナイト」へと続く


 本作のラストでジョーカーのトランプが出てきます。ジョーカーといえばティム・バートン監督の「バットマン」の中で怪人として登場しますが、次回作でのそのジョーカーが登場するのを匂わしています。ということで、2作目の「ダークナイト」ではヒース・レジャー演じるジョーカーがバットマンの前に立ちはだかります。個人的に本作よりも面白くなっていると思いますので、ぜひ鑑賞してみてください。

トランプのジョーカー

「バットマン」シリーズの紹介作品

  • ティム・バートン監督の「バットマン」シリーズ
  • クリストファー・ノーラン監督の「バットマン」シリーズ
映画「バットマン」シリーズのDVD・Blu-ray・フィギィア・おもちゃ

ほんとにいろんなところに出没していますi-229

バットマン・ビギンズ、映画館で観ました。
旧バットマンをほとんど観たことがないので、バットマンてこんななんだぁといった感じでしたが・・・。
バットマンのアクションもよかったですが、メカが気になって気になってっi-238
グローブとか、マントとか。あの構造が気になって気になって仕方ありませんでしたよi-229
渡辺謙さん出てたんですか!!i-84
ぜんぜん気づかなかった・・・i-282
いわれてみれば確かにそうですね。しかし役にはまっていた気がします。中国の方かと思っていましたもの。
しかも続編があるんですか!!早くみたいですi-237
最近みたい映画多すぎて大変ですi-278

P.S.アイ・アム・レジェンド、バイオハザードっぽくて私もちょっと不安ですi-183
しかしさすがパッチさん。見抜かれてましたね。i-239
  • 2007/12/14
  • Ceruleanさん
 【セルリアンさんへ】

こんばんは、セルリアンさん。
コメントありがとうございます。
サイト中を駆け回ってくださっているんですねっ。
とても嬉しいです。ありがとうございます。

「バットマン ビギンズ」映画館で鑑賞されたんですねっ。
それにしてもメカはすごいですねっ。
今までのバットマンではけっこうスマートな乗り物でしたけど、今回は戦車のようなマシンですもんねっ。
渡辺謙が出演していましたよっ。
ちょっとだけの出演シーンでしたがいい演技をしていました。
続編早く観てみたいですねっ。
どんな作品になるのか楽しみです。

「アイ・アム・レジェンド」はどうなんでしょうねっ。
もしかしたらセルリアンさんが思わず目を覆ってしまいたくなるシーンがたくさんあるかもしれませんねっ。
ただおもしろそうなので気になりますね(^^)
  • 2007/12/15
  • パッチさん
こんばんは、パッチさん。
今日この映画のDVD観ました!!
とても面白かったです。
映画の雰囲気は「スパイダーマン」に似ていますね!
でも個人的にはバットマンの方が好きです。
いろいろシリーズがあるみたいですが、バットマンの映画は僕は初めて観ました。
脇役も名俳優さんが出てきて、いい味出してますよねっ。
渡辺謙も、最初は「良い」役かと思ったら、悪役だったんですね・・。
今度は早速「ダークナイト」を借りてこようと思ってます!
  • 2010/08/24
  • マサカズさん
 【マサカズさんへ】

こんばんは、マサカズさん。
コメントありがとうございます。

「バットマン ビギンズ」鑑賞されたんですねっ。
そして楽しんでいただけたみたいで良かったです。
ほんとに脇役の人たちも豪華で
リーアム・ニーソンやモーガン・フリーマンやゲイリー・オールドマン
そしてその中に渡辺謙がいるというのがすごいなぁと思いました。

「ダークナイト」もほんとに素晴らしいのでぜひ観てください。
ヒース・レジャーがほんとにすごいです。
きっと楽しんでいただけると思います。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2010/08/25
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「バットマン ビギンズ」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/6-f9c1f60d
  • THE DARK KNIGHT Trailer ダークナイトトレーラー
    THE DARK KNIGHT Trailer バットマンビギンズの続編DARK KNIGHT(ダークナイト)のトレーラーがもう出ていました。 動画でかすぎですダウンロードも出来ますがファイルがめちゃくちゃでっか...
  • 【ファルコングラフィック CG情報リンク!!】
  • 2007/12/20