1. TOP
  2. [ 洋画 関連 ] サントラ音楽 原作本 映画化情報
  3. タランティーノ・コネクション

タランティーノ・コネクション

09.29

クエンティン・タランティーノ作品のサントラ音楽CD


 先日、ふらっと立ち寄ったDVD&CD&本などをレンタルや販売をしている店で、この「タランティーノ・コネクション」のCDを見つけました。以前から発売しているのは知っていたのですが、何がなんでもほしいというわけでもなく探し回ったりはしていませんでした。しかし、このジャケットと裏に記載されている収録曲を見ると、思わず買ってしまったんです。

 クエンティン・タランティーノの作品はどれもすばらしく、演出やセリフ、そして音楽から彼のセンスが伝わってきます。そんな彼の初期の作品の中から、タランティーノ自ら選曲し収録されたCDがこの「タランティーノ・コネクション」のサントラCDなんです。

サントラ音楽CD「タランティーノ・コネクション」の収録曲


  1. クエンティン・タランティーノ / インタヴュー
  2. ミザルー (PULP FICTION)
  3. ダーク・ナイト (FROM DUSK TILL DAWN)
  4. リトル・グリーン・バッグ (RESERVOIR DOGS)
  5. グレイスランド (TRUE ROMANCE)
  6. 悲しきプロフィール (PULP FICTION)
  7. ウェイティング・フォー・ザ・ミラクル (NATURAL BORN KILLERS)
  8. ア・リトル・ビティ・ティアー (TRUE ROMANCE)
  9. クエンティン・タランティーノ / インタヴュー
  10. スタック・イン・ザ・ミドル・ウィズ・ユー (RESERVOIR DOGS)
  11. ユー・ネヴァー・キャン・テル (PULP FICTION)
  12. ザ・テンダー・トラップ (TRUE ROMANCE)
  13. スウィート・ジェーン (NATURAL BORN KILLERS)
  14. シックス・ブレイド・ナイフ (DESPERADO)
  15. フーリッシュ・ハート (FROM DUSK TILL DAWN)
  16. ヴァーティゴーゴー(クロージング・クレジッツ) (FOUR ROOMS)

収録されているサントラ音楽の映画


  • パルプ・フィクション」(1994年、監督・出演・原作・脚本)
  • レザボア・ドッグス」(1992年、監督・出演・脚本)
  • 「トゥルー・ロマンス」(1993年、脚本)
  • 「ナチュラル・ボーン・キラーズ」(1994年、原作)
  • デスペラード」(1995年、出演)
  • 「フォー・ルームス」(1995年、監督・出演・脚本・製作総指揮)

映画においての音楽


 タランティーノが映画作品を作るにおいて「音楽」というものをいかに大切に思っているか、映画にとっていかに大事かを知っている人だと思います。それはタランティーノの作品を観た人ならわかると思いますが、音楽にインパクトがあり、観ているものを一気にタランティーノの世界に連れていく力がありますよね。

 今回のアルバムに収録されているサウンドトラックは10年以上も前の映画であるにも関わらず、このサントラを聴いた途端に、まるでついさっき鑑賞したばかりかのように一瞬にしてその映画の「雰囲気」や「テンポ」というものが蘇ってきました。効果的な音楽の使い方と音楽のセンスがすばらしい証拠ですねっ。

 この「タランティーノ・コネクション」にはクエンティン・タランティーノのインタビューが収録されています。もちろん英語なので意味はわかりません。しかし、和訳が載っているのでそれを読んでみると、いかにタランティーノが映画において音楽を大切に思っているかというのが伝わってくるインタビューの内容でした。

オープニングのインタビュー、そして「パルプ・フィクション」の「ミザルー」・・・


 みなさんは映画「パルプ・フィクション」を観たことがありますか?あるレストランで2人の若い男女、パンプキンとハニー・バニーの会話から物語が始まります。何気ない会話から「強盗」をテーマに話が進んでいくと、いきなり無計画の状態からレストラン強盗開始!!と同時に「ミザルー」の曲が流れ出します。

 曲が鳴り出した瞬間に観ている人を「パルプ・フィクション」の世界に連れて行き、ワクワクとドキドキで溢れながら物語の続きを期待させます。

 そう、これこそがタランティーノが映画の中にもたらす音楽の効果だと思います。そして、この「タランティーノ・コネクション」のサントラCDの中でも同じ効果をもたらしてくれるのです。1曲目ではタランティーノのインタビュー。

 英語なので内容を理解できずに聞いていましたが、インタビューが終わるや否や、一呼吸の間もおくことなく流れ出す「ミザルー」。まさに映画「パルプ・フィクション」と同じ感覚を味わうことができるのです。おそらく英語がわかる人は、よりこのサントラCDを楽しむことができるのかもしれませんねっ。

タランティーノ・コネクションタランティーノ・コネクション
(1996/12/18)
サントラ、スティーラーズ・ホイール 他

商品詳細を見る


関連記事一覧


クエンティン・タランティーノのサントラ音楽・DVD・Blu-ray・BOXセット


こんにちは~
タランティーノ映画のサントラですか。
これは面白いですね。
映画の音楽は重要な仕事をしてますよね。
作品の感じも変わってしまうだろうし。
それと「トゥルー・ロマンス」の脚本も
やっていたのは知りませんでした。
あの映画も脚本が良かったです。

  • 2007/10/02
  • ワトソンさん
映画以外って、この事だったんですね!
パッチさんの新しい趣向には、いつもドキドキさせられちゃいますv-238
パルプフィクション。やっとレンタル出来たので、
これから鑑賞しようかと思いますv-219
レビュー出来たら、TBよろしくお願いしますね!(ちょっと、何日か掛かりそうですが)
その時に、音楽も意識してみてみようかと思います^^
では、応援して帰りますね!
  • 2007/10/02
  • ぴーちさん
 【ワトソンさんへ】

こんばんは、ワトソンさん♪
コメントありがとうございます♪

今回初めてサントラの紹介をさしてもらいました♪
特に好きなタランティーノのサントラということで、とても楽しめました♪
ほんとに音楽というのは大切ですよねっ♪
音楽1つで、作品やシーンの印象というものがガラリと変わってしまいますもんねっ♪

「トゥルー・ロマンス」の脚本をやってましたよっ♪
役の設定などを考えると、タランティーノらしさが出ているかもしれませんねっ♪
すばらしい脚本でした(^^)
  • 2007/10/02
  • パッチさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん♪
コメントありがとうございます♪

初めてサントラの紹介をしてみました♪
「パルプ・フィクション」借りられたのですねっ♪
ぜひ音楽と共に作品を楽しんでもらいたいです♪
この「パルプ・フィクション」がきっかけとなって、オープニングで流れる「ミザルー」は有名になりましたねっ♪
おそらくぴーちさんも1度は聴いたことのある音楽だと思います♪

はいっ、トラックバックいつでも大歓迎です♪
記事楽しみにしておきますねっ(^^)
  • 2007/10/02
  • パッチさん
こんばんは!
パッチさん^^
『パルプフィクション」さっき、見終わりました♪
音楽、ばっちり意識して聞きましたよ~。
この音楽は、一瞬
ベンチャーズを聞いているような感覚に襲われてしまったんですが、
ギターの刻む音が何ともいえない、軽快さで踊りだしたくなっちゃいますね~。
では、またお邪魔しますね!
応援ぽち!
  • 2007/10/03
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん♪
コメントありがとうございます♪

「パルプ・フィクション」観終わったんですねっ♪
音楽のテンポはベンチャーズに似ているかもしれませんねっ♪
この映画を観るたびに音楽というものが映画においていかに大切なのかを実感させられます♪
なんといってもオープニングのミザリーは大好きです♪

はいっ、いつでも遊びに来てください♪
いつも応援ありがとうございます(^^)
  • 2007/10/03
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「タランティーノ・コネクション」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/59-e1659b2c