1. TOP
  2. [ 洋画 関連 ] 気になる企画
  3. 100人の映画通が選んだ本当に面白い映画 第15弾 (TSUTAYA発表)

100人の映画通が選んだ本当に面白い映画 第15弾 (TSUTAYA発表)

11.17

ツタヤのロゴ


 埋もれてしまってはもったいない良作を紹介するTSUTAYA(ツタヤ)の企画「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」の第15弾が発表されましたので、今回ご紹介したいと思います。

 今回の良作は全部で5本です。今回初めてDVD化された作品もありますので、ぜひ映画鑑賞の際の参考にしていただければ嬉しいです。

「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」 第15弾


「ダーティハリー」と双璧をなす
もう一つのドライでクールな銀行強盗アクションの傑作



  • 突破口! 突破口! (1973年)
    【 出演 】 ウォルター・マッソー、ジョー・ドン・ベイカー
    【 監督 】 ドン・シーゲル

 + ストーリー +

 ニューメキシコの小さな村で農薬散布の仕事をしている男チャーリーが銀行強盗を計画した。彼は若い男を仲間に引き込み、まんまと大金をものにするが、なんとその金はマフィアの隠し金だったのだ。警察とマフィアの両方から追われるチャーリーは、巧みに身をかわしていくが、彼の背後には殺し屋モリーが迫っていた。D・シーゲルが圧倒的な迫力で描く犯罪アクションの傑作。



鬼才デヴィッド・クローネンバーグが
スティーブン・キングの原作を奇跡の映像化



  • デッド ゾーン デッドゾーン (1983年)
    【 出演 】 クリストファー・ウォーケン、マーティン・シーン
    【 監督 】 デヴィッド・クローネンバーグ

 + ストーリー +

 交通事故に遭い5年の昏睡状態から覚めた時、手に触れるだけで相手の未来を予知出来るようになった男。ある議員がやがて世界を破滅に導くと知った時、男は自分の使命を感じとるが・・・。常人にはない能力を備えたがために、世間との間に起きる摩擦に苦しみ、やがてその運命に取り込まれて行く男の悲劇を淡々と描いたSF映画の佳作。



映画の楽しさはここに集まった
ヒッチコックばりのサスペンス・コメディ、待望のDVD化



  • ファール・プレイ ファール・プレイ (1978年)
    【 出演 】 ゴールディ・ホーン、チェヴィー・チェイス
    【 監督 】 コリン・ヒギンズ

 + ストーリー +

 図書館勤めの女性グロリアが知り合った男が、「ドワーフに気をつけろ」という言葉を残して殺害される。以来、彼女の身辺には白色症の男がつきまとい始める。グロリアはパーティで知り合った刑事トニーに助けを求めるが・・・。見知らぬ男から預かったタバコの箱が原因で、法王の暗殺計画に巻き込まれる女性の恐怖を描いたサスペンス・コメディ。



異常なテーマにも関わらず
映像の美しさと緻密な演出で感情を揺さぶる執念の脱獄劇



  • ミッドナイト・エクスプレス ミッドナイト・エクスプレス (1978年)
    【 出演 】 ブラッド・デイヴィス、アイリーン・ミラクル
    【 監督 】 アラン・パーカー

 + ストーリー +

 トルコ旅行中に麻薬不法所持の罪で禁固4年の実刑をくらい、現地の刑務所に投獄されたアメリカ人青年ビリー。暴力が横行する地獄のような毎日をひたすら耐えていたが、出所目前にトルコとアメリカの関係が悪化、彼は取引材料として利用され、刑期が30年に延長されてしまう。ついにビリー脱獄を決意するが……。
 アラン・パーカー監督による社会派ドラマの傑作。実話を元にオリバー・ストーンが脚色、アカデミー賞を受賞している。



ナンセンスな設定を巧みにまとめ上げた秀逸な脚本と
レニー・ゼルウィガーの名演技が魅力



  • ベティ・サイズモア ベティ・サイズモア (2000年)
    【 出演 】 レニー・ゼルウィガー、モーガン・フリーマン
    【 監督 】 ニール・ラビュート

 + ストーリー +

 町でウェイトレスをしているベティ・サイズモア(レニー・ゼルウィガー)。どうしようもない夫・デルがいながら、昼メロ「愛のすべて」に夢中のベティは、主人公デヴィッドのような素敵な医師と結ばれる日を夢みていた。そんなある日、デルが殺し屋に殺され、現場を目撃したベティはショックで現実と夢の区別がつかなくなってしまい・・・。
 ナンセンスな設定を無理のないストーリーにまとめ上げた巧みな脚本がカンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した。





感想


 「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」の第15弾で発表された5本の作品をご紹介させていただきましたが、皆さんが鑑賞されたことのある作品はありましたか?私は残念ながら1作品も鑑賞したことのあるものは無かったので、少しずつでも鑑賞していけたらなぁと思います。

 個人的に観てみたいのは「ミッドナイト・エクスプレス」です。実話を基に作られていることも興味深いですし、何度か良い評判も聞いたことがあるので、また観てみたいなぁと思います。

 あと「ベティ・サイズモア」も気になります。出演者はけっこう豪華なんですが、設定は少しB級っぽさも感じられますので、どのような雰囲気の作品なのかなぁって気になりました。

 そしてスティーブン・キング原作の「デッドゾーン」も良さそうですねっ。予知能力という設定は個人的に好きですし、ストーリーに幅が広がりそうですので、ぜひ観てみたいです。

 ということで、第15弾で発表された5本の良作を紹介させていただきました。気になる作品などございましたら、ぜひ鑑賞してみてください。


ツタヤオンラインのロゴアイコン TSUTAYA DISCAS

ツタヤのネット宅配レンタル。
自宅に居ながらレンタルできる。
「T-POINT」も使えて、貯まります。
入会金・送料・延滞料は無料です。




書籍化されました


 これまでツタヤが企画してきた「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」が本になりました。第1弾から第4弾で取り上げてきた計89本の作品が紹介されています。本になるなんてすごいですねっ。この企画が好評だということが伺えます。今後もこの企画を続けていってもらいたいです。



「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」の紹介記事一覧

TSUTAYA(ツタヤ)関連の記事一覧




【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画 第15弾 (TSUTAYA発表)」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/583-1b4de17e