1. TOP
  2. [ 洋画 関連 ] 気になる企画
  3. 100人の映画通が選んだ本当に面白い映画 第14弾 (TSUTAYA発表)

100人の映画通が選んだ本当に面白い映画 第14弾 (TSUTAYA発表)

2011.10.18

ツタヤのロゴ


 ツタヤが企画している「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」も今回で第14回目を迎えました。評判がいいのかこんなに長く続いているのは嬉しい限りです。

 ということで、今回は第14弾で発表された4本の発掘良作品を今回ご紹介したいと思います。埋もれさすには勿体無い隠れた名作が紹介されていますので、映画鑑賞の際の参考にしていただければ嬉しいです。

「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」 第14弾

「腐敗と戦う男」その姿に共感し、熱くなるアル・パチーノのもうひとつの代表作


  • セルピコ セルピコ (1973年)
    【 出演 】 アル・パチーノ、ジョン・ランドルフ
    【 監督 】 シドニー・ルメット

 + ストーリー +

 新人警官セルピコ(アル・パチーノ)は正義感に燃えていたが、汚れきった警察内部の現状を知るにつれ、その思いは潰えていく。ただひとり賄賂を受け取らないセルピコは組織内で孤立し、やがて告発へと踏み切るが、その直後に彼は市内で最も危険な場所と言われるブルックリンの一画に配属されてしまう・・・。



60年代を経験した人もそれ以降に生まれた世代も
この1本で笑い、感動する傑作ロードムービー


  • フラッシュバック フラッシュバック (1990年)
    【 出演 】 キーファー・サザーランド、デニス・ホッパー
    【 監督 】 フランコ・アムリ

 + ストーリー +

 FBI捜査官のジョン(キーファー・サザーランド)は、典型的な現代のエリート青年。その彼が、20年間地下に潜っていたヒッピーの教祖的存在ヒューイ(デニス・ホッパー)の護送を命じられる。1960年代にどっぷりつかったヒューイとジョンの珍道中が始まる。



物凄く内容の濃い冒頭から連鎖反応的に起こる事件
単なるコメディと呼べない佳作


  • 赤ちゃん泥棒 赤ちゃん泥棒 (1987年)
    【 出演 】 ニコラス・ケイジ、ホリー・ハンター
    【 監督 】 ジョエル・コーエン

 + ストーリー +

 コンビニ専門の泥棒常習犯(ニコラス・ケイジ)と元婦人警官(ホリー・ハンター)の夫婦。赤ちゃんが欲しい! でも授からない、「ならば多すぎる家からもらっちゃおう」と5つ子が生まれた大富豪からの"赤ちゃん泥棒大作戦を思いついた2人。昔の泥棒仲間や賞金稼ぎなど、周囲を巻き込んでの壮絶な赤ちゃん争奪戦がはじまった!



ヘンリー・フォンダからジャック・レモンへ
オリジナルに勝るとも劣らぬクオリティ
より現代的にリメイクされた法廷劇


  • 12人の怒れる男 評決の行方 12人の怒れる男 / 評決の行方 (1997年)
    【 出演 】 ジャック・レモン、ジョージ・C・スコット
    【 監督 】 ウイリアム・フリードキン

 + ストーリー +

 強力な目撃証言、証拠、動機が揃った第一級殺人事件。父親殺しの罪に問われる少年の有罪=死刑は明白に思われた。しかし12人の陪審員のうち、ひとりの男が無罪を訴えた!真夏の暑く狭い陪審員室で、互いに名も知らぬ男たちは怒り、ぶつかり合い、虚飾をはぎ取られ……激論のうちにそれぞれの人間性が剥きだしにされていく!



いぶし銀の名優たちで構成されたルール無用の特捜班
もはや、もうひとつの「L.A.コンフィデンシャル」といっても過言ではない


  • 狼たちの街 狼たちの街 (1996年)
    【 出演 】 ニック・ノルティ、メラニー・グリフィス
    【 監督 】 リー・タマホリ

 + ストーリー +

 1950年代初頭、ロサンゼルスは朝鮮戦争後の繁栄に沸き、全米中から人と金が流れ込む一方で、それを狙って組織犯罪が激増していた。ロス市警はその魔の手から街を守る為、政治力にも圧力にも屈しない署長直属の対組織犯罪特別捜査班「ハット・スクワッド」を結成、その対処にあたっていた。そんな中、ある一人の女の死から彼は最大最後の事件に直面する。





感想


 「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」の第14弾をご紹介させていただきましたが、皆さんが鑑賞されたことのある作品はございましたでしょうか?今回は知っている作品はけっこうあったのですが、鑑賞したことのある作品はなかったので、これを参考に鑑賞していきたいなぁと思いました。

 個人的には「セルピコ」と「赤ちゃん泥棒」が観てみたいなぁと思いました。アル・パチーノそしてニコラス・ケイジ、どちらも好きな俳優さんですので、どのような作品になっているのか観てみたいです。

 ということで第14弾で発表された4本の隠れた良作を紹介させていただきました。皆さんが映画鑑賞される際の参考になれれば嬉しいです。


ツタヤオンラインのロゴアイコン TSUTAYA DISCAS

ツタヤのネット宅配レンタル。
自宅に居ながらレンタルできる。
「T-POINT」も使えて、貯まります。
入会金・送料・延滞料は無料です。




書籍化されました


 これまでツタヤが企画してきた「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」が本になりました。第1弾から第4弾で取り上げてきた計89本の作品が紹介されています。本になるなんてすごいですねっ。この企画が好評だということが伺えます。今後もこの企画を続けていってもらいたいです。



「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」の紹介記事一覧

TSUTAYA(ツタヤ)関連の記事一覧




【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画 第14弾 (TSUTAYA発表)」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/578-0bc42cb5