1. TOP
  2. [ アクション映画 ] アドベンチャー
  3. インディ・ジョーンズ / 最後の聖戦

インディ・ジョーンズ / 最後の聖戦

2013.04.12

「インディ・ジョーンズ」のジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 ジョージ・ルーカス製作総指揮、スティーヴン・スピルバーグ監督という大ヒット・メーカー・コンビで送る冒険ファンタジー活劇シリーズの第3弾。今回は、キリストが最後の晩餐で使ったといわれている聖杯をめぐって、インディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)とナチス・ドイツとの間で激しい攻防が繰り広げられていく。加えて今回は名優ショーン・コネリーがインディの父親役として登場し、ユーモラスなデコボコ親子コンビぶりをとことん見せつけてくれており、スリリングな展開の中に余裕すら窺わせる作りとなって、シリーズ中一番アメリカ映画の伝統を再現し得ている感がある。(Amazon.com より引用)

 【 出演 】
ハリソン・フォード、ショーン・コネリー

 【 監督 】
スティーブン・スピルバーグ

 【 製作総指揮 】
ジョージ・ルーカス



 【 感想 】

 この映画「インディ・ジョーンズ / 最後の聖戦」をみなさんは鑑賞されたことがありますか?「インディ・ジョーンズ」シリーズの第3弾の作品です。本作ではインディの父親も登場してきますので、そのあたりが見所だと思います。ぜひ「インディ・ジョーンズ」の世界をお楽しみください。

少年時代のインディアナ・ジョーンズ (リバー・フェニックス)


 本作はインディ・ジョーンズの少年時代から始まります。ボーイスカウトをしていた若き日のインディは、コロナードの十字架を盗賊団が盗み出すのを目撃します。十字架は博物館に収めるべきと考えたインディは、十字架を巡って盗賊団と戦うことになります。

リバー・フェニックス

 インディの少年時代を演じたのは、若くして亡くなったリバー・フェニックスが演じています。ほんとにリバー・フェニックスはかっこいいなぁと思いました。出演シーンは少ないですが、それでも彼の演技が観れるというのは貴重ですよねっ。

 盗賊団との列車の上でのアクションもコミカルに描かれていて楽しめました。あと、インディがヘビが嫌いになった原因も描かれていますし、若き日のインディがムチでアゴに傷を負っていましたが、実際にハリソン・フォードのアゴには傷があるんですねっ。そのあたりの演出も面白かったです。

傷を負った少年時代のインディ

父親を探す冒険に旅立つインディアナ・ジョーンズ (ハリソン・フォード)


 考古学者であり冒険家でもあるインディアナ・ジョーンズが、今回も大活躍します。今回の目的は父親を探し出すということです。調査隊の隊長が消息を絶ってしまったのですが、その隊長というのがインディの父親であるヘンリー・ジョーンズだったのです。こうしてインディの大冒険が始まります。

 やっぱりインディは健在ですねっ。無類の冒険好きで、しかも女性が大好きな性格は変わらずです。1つ1つ謎を解いていくインディ、そしてさらに危険が増しているアクションをこなすインディ、ほんとにかっこいいヒーローだなぁと感じました。

インディとヘンリー

インディの父親 ヘンリー・ジョーンズ (ショーン・コネリー)


 聖杯探索に人生を費やしてきたインディの父親ヘンリー・ジョーンズ。彼がこれまでの記録を書き綴った手帳を求めて奪い合いが始まります。そんなヘンリー・ジョーンズをショーン・コネリーが演じています。

 インディの父親ということで頭がいいです。しかし、アクションはインディと対照的で全然できないんです。まぁインディが特殊なんでしょうけどねっ。ただ、だからこそヘンリー・ジュニアの魅力が本作でとっても出ていると思いました。

捕まったインディとヘンリー

 アクションができないけれど、インディと関わるとアクションシーンに否応なしに巻き込まれてしまいます。ですので、インディの足手まといになったり、いろいろなミスをしたりでコメディ部分で楽しませてくれています。

 縄をライターの火で焼いて縄を解こうとしたら、絨毯を焼いてしまったり、飛行機に乗って機関銃で敵を撃ち落とすはずが自分の飛行機を撃ってしまったり、とっても面白かったです。

 なので、ヘンリー・ジョーンズは本作でかなり存在感がありました。もしかしたら本作ではインディよりも良かったのでないかなぁと思います。ということで、インディとヘンリーの親子のやり取りは本作でかなりの見所です。ショーン・コネリーを起用したのは正解だなぁと感じました。

飛行機に乗るインディとヘンリー

ヒロインのエルザ・シュナイダー(アリソン・ドゥーディ)


 毎回ヒロインが登場しますが、今回はヘンリー・ジョーンズの助手を務めていたエルザという女性です。スーツ姿でインテリな感じの女性ですが、ネズミだらけの洞窟に怯えず入っていったりととても度胸がありました。

 シリーズの中で登場する他のヒロインと比べると、あまり存在感がないように思えました。ただストーリーには欠かせない人物になっていますし、「インディ・ジョーンズ」シリーズにおいてインディの相手役は絶対必要ですもんねっ。とても妖艶な女性だったと思います。

ヒロイン役の女性

アクションシーン


 本作でもアクションシーンはいっぱいあります。特に馬の登場が多く、移動手段としてはもちろんですが、アクションでも馬が大活躍します。馬が倒れるシーンがいっぱいありましたが、その度にちょっとかわいそうだなぁと思っちゃいました。

 洞窟や遺跡内でのアクションが個人的に好きなのですが、主に洞窟の外でのアクションが多かったです。ただ迫力はパワーアップしていて、戦車の上での戦いだったり、戦車にインディが押しつぶされそうになったりと楽しませてくれました。ただ、できれば前作でのトロッコのようにスピード感があるアクションがもう少しあればもっと良かったなぁと思いました。

インディのアクション

キリストの聖杯


 ラストではキリストの聖杯を求めて、危険な遺跡の中に入っていきます。聖杯を守るために数々とトラップが仕掛けられていて、1つ1つ謎を解いていかなければ辿り着きません。ナチス軍と共に洞窟に入るのですが、なんとヘンリー・ジョーンズが銃で撃たれてしまうんですねぇ。

 ということで、父親を救うためにも聖杯が必要になってきます。こうしてインディはトラップが仕掛けられた洞窟の奥へと一人で進んで行きます。

銃で撃たれたヘンリー

 謎を解いていくのは「インディ・ジョーンズ」シリーズの魅力ですねっ。「どういうことだろ?」とインディと一緒に謎を考えるのが楽しかったです。やっぱり原始的なトラップというのはいいですねっ。古いというよりもどこか神秘的で、いかにも宝が隠されているというドキドキ感があります。

トラップに挑むインディ

 そして最後には聖杯を手に入れます。永遠の命を得ることができる聖杯なので、みんなが欲しがるのは仕方ありませんねっ。エルザが目の色を変えて聖杯を手に入れようとするところなんかは、人間の欲を見た気がしました。あとインディさえもが聖杯への欲を抑えきれていませんでしたねっ。それを誰よりも聖杯への想いが強いはずのヘンリーが止めたのが素敵でした。

 インディもヘンリーもやっぱり冒険家ですねっ。きっと2人とも死ぬまで冒険と神秘的な謎の追求を止めないだろうなぁと感じました。とってもかっこよく、いつまでも夢を追い続ける素敵な親子だなぁと思いました。

崖から落ちそうなインディ

映画「インディ・ジョーンズ」シリーズの紹介作品

「スティーブン・スピルバーグ」関連の記事

映画「インディ・ジョーンズ」シリーズのDVD・Blu-ray・サントラ音楽

こんにちは、パッチさん。

僕、この映画大好きなんです。
昔、この映画のレーザーディスクを買いました。
今はレーザーディスクプレーヤーは壊れてしまって、観れませんが・・。

ヒロインのエルザという役の女優さんを見たときは、綺麗だな~って思った記憶があります。

ショーン・コネリーが銃で撃たれたのを、聖杯の水で治すシーンが印象に残ってます!

あと、最後のほうで、聖杯を取ろうとするエルザが崖から落ち、その後インディが取ろうとするところを、ショーン・コネリーが止めたシーンが好きです。

個人的にはインディ・ジョーンズシリーズの中では一番好きな映画です!

パッチさんのこのレビューを読んで、懐かしいな~と思いました!

またオジャマします!
  • 2013/04/12
  • マサカズさん
 【マサカズさんへ】

こんばんは、マサカズさん。
コメントありがとうございます。

レーザーディスクをお持ちなほど本作がお好きだったんですねっ。
父親役のショーン・コネリーが唯一出ている作品ですので
作品に深みが出ていますよねっ。

聖杯の魔力といいますか
みんながみんな聖杯の虜になっていましたが
インディ・ジョーンズもその一人でしたねっ。

そんな中、冷静にインディを助け出したショーン・コネリーは素敵でした。
すごくかっこいよかったです。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2013/04/13
  • パッチさん
こんにちは。
はじめて訪問させていただきました。

私もインディジョーンズシリーズ、大好きです!
アクションやシリアスなシーン以外に、笑いも入っていて、とっても楽しめますよね。
DVDを買ったのですが、吹き替えの方の声優さんとセリフが、昔テレビで放送していたものと違っていて、ちょっと残念でした。
テレビ放送のを録画して、ビデオで何度も見ていたので、そっちに慣れてしまったようです(^^;)

ハリソンフォードにも顎に傷があったとは知りませんでした!
個人的には、悪役である盗賊のリーダー?から帽子をもらうシーンが好きです。そこでもらったんだー!と。何気にリーダーかっこいいですよね(笑)

聖杯の部屋手前の、消える橋もビックリでしたが。
とにかく面白いですね!

また訪問させていただきます☆


  • 2013/04/13
  • ウララシカさん
 【ウララシカさんへ】

はじめまして、ウララシカさん。
コメントありがとうございます。

本シリーズはアクションやアドベンチャーが見どころですが
コメディ要素もきちんと用意されているので
幅広い層が楽しめるのが魅力ですよねっ。

確かにテレビ放送での吹き替えに慣れてしまうと
他の声優さんの声にどうしても違和感を感じることは私もあります。
特に昔からよくテレビで観ていた作品にはよくありますよねっ。

顎の傷だったり、帽子だったりと
今のインディと繋がる部分があるとちょっと嬉しいですよねっ。
「そのような意味があったんだ」と楽しくなります。

ラストの洞窟内でのトラップは楽しかったです。
消える橋、あれは頭で理解しても渡る勇気がなかなか出ないですねっ。

はいっ、いつでもお待ちしております。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2013/04/15
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「インディ・ジョーンズ / 最後の聖戦」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/507-f8e5e1eb