1. TOP
  2. [ 恋愛映画 ] ラブストーリー ラブコメディ
  3. ユー・ガット・メール

ユー・ガット・メール

2012.07.03

タイトルのジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 絵本ショップを経営するキャスリーン(メグ・ライアン)は、インターネットのチャットルームで知り合った"NY152"という名も知らぬ男性からのEメールを心待ちにしていた。意地っ張りで同棲相手もいる彼女だが、彼とのメールでは、素直に何でも話せる…。そんなある日、彼女の店のすぐ近くに、全米チェーンの書店がオープンする。なんとその店の責任者ジョー・フォックス(トム・ハンクス)が、実は最愛の"NY152"だった…。
 「めぐり逢えたら」のノーラ・エフロン監督・製作・脚本。「プライベート・ライアン」のトム・ハンクス、「シティ・オブ・エンジェル」のメグ・ライアン共演で贈る、とってもキュートなラブ・ストーリー。

 【 出演 】
トム・ハンクス, メグ・ライアン

 【 監督 】
ノーラ・エフロン



 【 感想 】

 この映画「ユー・ガット・メール」をみなさんは鑑賞されたことがありますか?トム・ハンクスとメグ・ライアンが贈るラブコメディ作品です。ロマンティックな部分もあって、何回観ても楽しめる個人的に大好きな作品です。興味のある方はご覧下さい。

メールから始まるラブロマンス


 メールといえば昔はパソコンでしかできませんでしたが、今では携帯でメールは当たり前になっていますよねっ。ということで、本作のタイトルでもわかるように、メールで知り合った男女のラブロマンスとラブコメディが描かれています。

 今ではメールやネットの繋がりによって知り合い、恋愛に発展していくというのは全然有り得ることになっていますが、本作が公開された1998年の日本では、「顔も知らない相手とお付き合い・・・?」という感じで少し抵抗もあり、世間からも「大丈夫?」というのがあったと思います。

 なのでこの映画「ユー・ガット・メール」が公開された当時に鑑賞するのと、今初めて鑑賞するのとでは作品から受ける印象も変わってくるかもしれませんねっ。

 顔も知らない相手と恋に落ちるというのは本当にロマンティックです。しかし、実は頻繁に顔を合わせている相手だという設定が、本作をとても面白くしているのだと思います。

小さな本屋さんの店長 キャスリーン(メグ・ライアン)


 小さいですがとっても雰囲気が良く、町の人たちからも愛される本屋さんを経営している店長キャスリーン(メグ・ライアン)。彼女にはいつも楽しみにしていることがあります。それはネットのチャットルームで知り合った男性とのメールのやり取りです。メールの中では彼女はとっても素直になれるんですねっ。

パソコンのメール画面

 しかし、そんな彼女が経営している本屋さんに危機が訪れます。なんと大型チェーン店の大きな本屋さんが、近くにオープンしてしまうのです。こうして大きな本屋さんのオーナーのジョー・フォックス(トム・ハンクス)とのいがみ合いが始まります。

 小さな本屋を経営するキャスリーンをメグ・ライアン演じています。ほんとに彼女は恋愛映画が似合いますねっ。それにシリアスとコメディのどちらの演技もうまいので、ラブ・ロマンスもラブ・コメディのどちらも完成度の高い作品なるのが彼女の魅力だと思います。

 あと綺麗とかわいらしさを兼ね備えているのがいいですねっ。彼女が演じる役にはいつも愛着が湧くのですが、特に本作を演じたメグ・ライアンは感情がすっごく伝わってきて個人的に好きです。

キャスリーン

大型チェーン店の本屋さんのオーナー ジョー・フォックス(トム・ハンクス)


 キャスリーンが毎日楽しみにしているメール相手というのがジョー(トム・ハンクス)です。彼もまたキャスリーンとのメールをいつも楽しみにしており、悩みを打ち明けたり励ましあったりと自分が素直になれる場となっています。

 知らない相手だからこそ何でもメールをし合える。しかし、キャスリーンの店の近くにオープンした大型チェーン店の本屋さんのオーナーということで、頻繁に顔を合わせている相手なんですねっ。商売敵ということで顔を合わせればいがみ合っている二人、しかし家に帰るとメールを通して心を通わせている。とても面白い設定だと思います。

メールをするジョー

 メグ・ライアンとトム・ハンクスは以前、同じくノーラ・エフロン監督作品「めぐり逢えたら」で共演しているというのもあって、とても息の合ったやり取りだったと思います。「めぐり逢えたら」も個人的に大好きな作品ですので、本作を楽しまれた方はそちらも鑑賞されてはいかがでしょうか。

 トム・ハンクスもまたメグ・ライアンと同じく、コメディもシリアスのどちらもこなせるので、そのメリハリがとても良かったと思います。あと決して二枚目俳優ではないかもしれませんが、滲み出るかっこよさがあるのがトム・ハンクスの魅力ですねっ。

ジョー

いがみ合う2人と心許し合う2人


 本作を面白くしているのが設定ですねっ。メールによって心通わし許しあっている顔も知らない相手が、実際は近くにいて、それがいつもいがみ合い嫌っている相手だということです。

 顔を合わせて文句を言い合ったと思えば、メールの中では文句を言ったことを後悔していたりと、メールの中では本当の気持ちや感情がわかるのがとても良かったです。特にいつも口達者でペラペラとキャスリーンを批判していたトム・ハンクスが、メールの中では「いい気分ではない」と後悔していたのが印象に残りました。

パソコンに向かうジョー

待ち合わせ


 メールで心通わせている2人が実際に会う約束をします。約束の店に先に到着して待っていたキャスリーンでしたが、時間になっても現れません。実は店に入る前にメールの相手があのキャスリーンだということをジョーは知ってしまったんですねっ。

 ということで、メール相手というのを隠し、いつもいがみ合っているジョーとしてキャスリーンの前に現れ、いつも通りの文句の言い合いが始まります。

 いつもいがみ合っている相手が、まさかメール相手だということを2人とも知りませんでしたが、ここからはジョーだけは知ることになるんですねっ。このちょっとした展開の変化のおかげで飽きずに鑑賞できます。

音楽


 本作で流れる音楽はとっても温かい雰囲気を作ってくれるので好きです。あまり洋楽には詳しくありませんが、The Cranberriesの「Dreams」という歌は大好きです。聴いただけで「ユー・ガット・メール」の雰囲気が甦ってきて、楽しい気分になれます。

 i-Podに最近「映画音楽」というカテゴリーを作ったのですが、その中に入れておきたいなぁと思いました。車の中で聴くと運転も楽しくなりそうですもんねっ。

アプローチ


 メールの相手がキャスリーンだということを知り、生意気な女性としてしか今まで思っていませんでしたが、メールのやり取りによって彼女の本当の部分を知っているので、どんどん好きになっていくんですねっ。

 風邪を引いたキャスリーンの家にジョーが見舞いに訪れるシーンは好きです。ジョーのいい部分といいますか、よりメールの中のジョーに近い部分が出ていたと思います。口を開けば悪口が飛び出るジョーではなく、相手を思いやり気遣う性格が素敵でした。

大切な人は意外と近くにいるのかも・・・


 キャスリーンとジョーは以前とは違いとっても仲良くなります。冗談を言い合ったりしてほんとに楽しそうな2人です。そんな中、キャスリーンはメール相手(ジョー)と会う約束をします。そして会う約束の日、キャスリーンとジョーは約束の時間まで、2人で時間を過ごします。そしてジョーはキャスリーンに告白をするんです。

 これはほんとに素敵でした。メール相手としてではなくいつも近くにいるジョーとして告白したんですねっ。いつも口達者な彼が少しぎこちない口調で、そして真剣な表情で告白する姿がほんとにかっこよかったです。

告白をするジョー

 そしてラストです。これまたほんとに素敵なハッピーエンドで心温まりました。ジョーではなくメール相手(ジョー)の方を選んだキャスリーンでしたが、約束の場所に現れたのがジョーだとわかった時「あなただといいなとずっと思っていた」とキャスリーンが言うんですねっ。

 ほんとに素敵な言葉です。ジョーの姿を見た時の彼女の表情が、驚きから嬉しさに変わっていくのがとても印象的でした。すごくロマンティックで綺麗な終わり方で感動しました。何度も観ていますが、何回観ても感動しちゃいます。

ジョーのキャスリーンの抱擁

映画「ユー・ガット・メール」のDVD・Blu-ray




【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「ユー・ガット・メール」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/504-5b3900c9