1. TOP
  2. [ 恋愛映画 ] ラブストーリー ラブコメディ
  3. ノッティングヒルの恋人

ノッティングヒルの恋人

06.06

「ノッティングヒルの恋人」のDVDジャケット


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 世界一有名な美人女優のアナ(ジュリア・ロバーツ)が、イギリスにロケしている最中、街で出会った旅行書専門本屋のウィリアム(ヒュー・グラント)と恋に落ちる。育った環境も、現在の仕事も、まったく違う2人の恋はどう展開するのか? ビバリーヒルズに住むスーパースターが恋に落ちた相手は、西ロンドンのノッティングヒルに住む本屋さん。名作『ローマの休日』を下敷きに、本当の恋を求め合う2人の姿をコミカルにつづる。世界的な女優アナには、この人しかいないジュリア・ロバーツが扮し、素朴で傷つきやすいウィリアムにはヒュー・グラントが扮している。恋愛映画として、全米史上最高のオープニング興行成績を記録した。

 【 出演 】
ジュリア・ロバーツ, ヒュー・グラント, リス・エヴァンス

 【 監督 】
ロジャー・ミッチェル



 【 感想 】

 この映画「ノッティングヒルの恋人」をみなさんは観たことがありますか?ジュリア・ロバーツとヒュー・グラントが織り成すラブストーリーです。個人的に大好きな作品ですので、興味のある方はぜひご覧下さい。

本屋と女優の恋


 女優と本屋さんの恋。そんなことあるわけないと思います。しかし、こんな恋愛も起こりうるって観終わったあとに思いました。人と人とが恋愛するのに職業や地位など関係ないんです。それが恋愛なんです。ストーリー的にはけっこうベタな感じだとは思いますが、個人的に恋愛映画に関してはベタな感じが好きです。

ジュリア・ロバーツとヒュー・グラント

本屋のウィリアム(ヒュー・グラント)


 本屋を経営しているウィリアムは、ひょんなことからある女性と出会います。とっても綺麗なその女性は、なんと人気女優のアナ(ジュリア・ロバーツ)だったのです。ウィリアムも驚いたでしょうねっ。目の前に映像の中でよく観ていた女優さんがいるんですから。そんな彼女がキスをして帰って行ったんですから、ウィリアムが恋に落ちないわけがありませんよねっ。

 本屋のウィリアムをヒュー・グラントが演じています。なんか素朴な役を演じる彼はいいですねぇ。ちょっとおどおどしていて頼りない感じがとっても似合っていました。雲の上の存在のような彼女への恋は夢のようであり、また苦悩もある姿がとてもよく表現されていたと思います。

本屋のウィリアム

人気女優アナ(ジュリア・ロバーツ)


 本屋のウィリアムに恋をする人気女優アナを、人気女優のジュリア・ロバーツが演じています。これは文句なしのキャスティングですねっ。なんたって本物の人気女優なのですから。いつも綺麗な彼女ですが、今回は人気女優の役ということで、いつもよりも煌びやかで良かったです。なので、時々見せる普通の女の子も面が際立っていました。

女優のアナ

同居人のスパイク(リス・エヴァンス)


 ウィリアムと一緒に住んでいる同居人スパイク、彼はほんとにめちゃくちゃな男なんです。下品な発言をしたり、服装も奇抜も奇抜、ウィリアムにとってアナに会わしたくない男ナンバー1だと思います。ウィリアムを困らせたりするのですが優しい面もあって、どうも憎めない男なんですよねぇ。とっても面白い男です。

 このスパイクをリス・エヴァンスという俳優が演じているのですが、残念ながらあまり知らない俳優さんです。でも調べてみたら「シッピング・ニュース」だったり「ハリー・ポッターと死の秘宝」など多くの作品に出演していました。ちょっと今回の役以外の演技(シリアス)も観てみたいなぁと思いました。

スパークとウィリアム

ウィリアムの家族と友人たち


 ウィリアムは妹の誕生日パーティにアナを連れて行くんですが、いきなり有名人がやって来たので、みんな驚きです。妹はアナの大ファンということで大はしゃぎ、役者の厳しさを大女優とは気づかずに語る友人のバーニー、そしてあまりおいしくない料理でもてなすマックスとその妻ベラ、このみんなのやり取りがとても面白かったです。

 十分個性のある人たちばかりなのですが、「誰が一番不幸か?」という話し合いでは、それぞれの内面を覗くことができるので、より愛着が湧きましたし存在感が出ていたと思います。あと一見幸せそうなアナもまた不幸な面を打ち明けていたのも良かったです。

アナと妹

別れと再会


 ほんとにいい感じの2人なのですが、ある時彼女の部屋に有名俳優(アレック・ボールドウィン)が、そしてウィリアムの目の前でキス・・・。これはほんとにショックですよねぇ。実際は別れた元恋人だったみたいですが、この時「恋人がいたのか・・・」と彼の夢のような時間が終わっていったように思えました。

 しかもルームサービスのフリをするウィリアムがまた悲しかったです。これはいわば彼の優しさですよねっ。自分のアナとの関係がばれないよう、そして有名俳優とアナとの関係を壊さないようにとった行動だと思います。あと、有名俳優にはウィリアムとの関係を知られたくない、しかしウィリアムにルームサービスさせるという、失礼でプライドを傷つけるようなことはさせたくないというアナの気持ちも伝わってきました。

口げんか

 あと印象に残ったのは、2人が会わなくなって数ヶ月が経ち、たまたま近くでアナが映画ロケをやっているということでウィリアムがロケ地を訪れるシーンです。久々の再会でどこかぎこちなさがありましたが、また関係が戻る雰囲気が漂っていました。というのも撮影している映画が、ウィリアムがアナに勧めたヘンリー・ジェームズの文芸作品なんですよねっ。

 しかし、アナがある俳優に「あの男とはもう過ぎたこと」と言っているのを、ヘッドフォンでウィリアムは聞いてしまったんですよねぇ。せっかく再び2人の関係がうまくいきそうだっただけに、これまたショックでした。

映画撮影をしているアナ

本屋での告白


 私が好きなとこは、アナが本屋でウィリアムに告白する場面。その時のアナのセリフがいいんです。「帰国する予定だけど、もし帰らなければ、もう一度私と会って好きになってくれますか?」とウィリアムに言うんですよねぇ。このシーンはドキドキしました。

 そしてその告白を断ったウィリアムに対して、「大好きな男の子に告白している普通の女の子」と言うアナのセリフも大好きです。その時のアナの格好も表情も女優という感じではなく、普通の女の子のような感じなんですよねぇ。断ったウィリアムに涙を目に浮かべながら微笑むアナの表情がとても良かったです。

告白をしているアナ

いざ、記者会見場へ!!


 アナからの告白を断ったウィリアムを励ます妹と友人たち、しかし、スパークは「彼女から付き合いたいと言ってきたのだろ!!」とウィリアムの背中を押すんですよねっ。ということで、みんな車に乗って記者会見場へと迎います。

 ウィリアムのアナへの気持ちを知り彼を後押しし、そして渋滞でなかなか動かない道に飛び出て、通れるように他の車を遮断したスパークはとてもかっこよかったです。あと料理が下手なマックスの頼もしい部分が出ていましたし、妻で車椅子のベラへの気遣いと愛が感じられて素敵でした。

車に乗るウィリアムと妹と友人たち

「馬と猟犬」記者会見


 あとは最後の記者会見。ウィリアムが多くの記者に混じって、アナに雑誌「馬と猟犬」の記者として質問をするんですが、そのやりとりがとてもよかったです。記者会見のラストで帰国を撤回し、「永遠に・・・」というアナの言葉、そしてそのあとのアナの満面の笑顔が素敵です。

 何回観てもジーンとくるシーンです。その笑顔と同時に流れる「she」の曲がほんとにいいんです。ラストのシーンをより引き立ててくれています。観終わったあとには、頭の中でずっとリピートで流れていました。ストーリーはベタかもしれませんが、何回観ても感動する大好きな作品です。

馬と猟犬永遠に・・・

「she」

映画「ノッティングヒルの恋人」のDVD・サントラ音楽


こんばんは!パッチさん^^
この映画、やっと鑑賞する事が出来ました!
私の中でこの映画を封印していた部分があったのも遅れた
理由なんですけど、返ってそのほうが良かったかもしれません。何故なら、最近の映画の彼のイメージは最低ランクでしたからww
しかしながら、この映画を後から見た事により、彼のイメージが
数ミリ上がった様に感じました。頼りなさ気なイメージはそのままですが、誠実な役柄も案外良いもんですね!その点からすると
『ラブアクチュアリー』の役どころも良かったですけどね^^。
ジュリア・ロバーツは『プリティーウーマン』でも大活躍して本当に笑顔がステキな人ですね。

この映画は『ローマの休日』を彷彿させてくれる内容で、
ハッピーエンドが予想されるのにも関わらず、途中の話は
ハラハラさせられたり、ウィリアムの苦悩の日々に同情心を
植えつけられたり、アナの女優としての大変さもちょっぴり
垣間見る事ができたりと、全体的に平穏ながら、最後まで
『幸せになってほしいな』という期待感を持って鑑賞することが出来ました^^
そうですね!ラストのインタビューシーンは、凄く感激でした^^
そして最後の『she』も雰囲気たっぷりで良かったです!

&パッチさんの記事の関西弁が特に良かったですww
では、では^^
おやすみなさ~い!
  • 2007/05/19
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん(^^)
いつもコメントありがとうございます♪

このところとても忙しくて、ぴーちさんのところになかなかコメントしに行けないのが残念です♪
それに映画もあまり観れてないんですよね♪
でもゆっくりですけど、更新していきたいと思います♪

この映画「ノッティングヒルの恋人」を鑑賞されたんですねっ♪
とても嬉しいです♪
そういえばぴーちさんはヒュー・グラントのイメージがあまり良くないと前におっしゃってましたねっ♪
でも、この映画で数ミリですけどイメージが上がってよかったです♪
私は特に彼に対してイメージをいうものを持ってないんで、すんなり彼の役を受け入れることができましたっ♪
あとやっぱりジュリア・ロバーツが好きな女優さんの1人なので、とても好きな作品です♪

そうですねっ♪
ローマの休日の雰囲気がありますねっ♪
ジュリア・ロバーツが女優さんの役でしたけど、ほんとにぴったりの役でとても楽しむことができましたっ♪
はいっ、ラストのインタビューのシーンはよかったですねっ♪
大好きなシーンです♪
あと「she」もほんとにいい曲ですねっ♪

私の関西弁ですか?
ブログではあまり関西弁が出ていないと思っていたんですけど、やっぱりわかるんですねっ♪
はいっ、また遊びに来てくださいねっ♪
では、おやすみなさいっ(^^)
  • 2007/05/20
  • パッチさん
こんばんは!パッチさん^^
またまたコメントしてしまいますね^^

パッチさん、大丈夫ですよ!
お気遣いありがとうございますm(__)m
また、時間に余裕でも出来ましたら
その時にはよろしくお願い致しますね★

私もこの所、リア社会の方が忙しくて
記事の内容が薄くなってしまっているのが
若干の悩みです。
パッチさんの様に、しっかりと構成されている内容でしたら
時間がどんなに過ぎようとも色褪せることなど無いのです。
そういう所を見習って行きたいと思います。

私は批判的な事を平気で書いてしまうほうですが
パッチさんはいつも公平で、人物やストーリーの長所を
必ずすくって取り上げるんですもんね^^

それと関西弁の件ですが、
ここの感想の上から3番目に『ほんま』と書かれていたのと、
パッチさんのコメントには必ず~TBさしてもらいました♪と書かれるので、普通は~させてもらいました♪と言うのに
方言なのかしら?と思っていたんですよ^^
でも、そういう所が少なからず、パッチさんの味がでていて
それはそれで心がホッとさせられますよ♪
実は私は関西弁が大好きでして・・
関西弁でお話される方に憧れています^^
そういう意味でも、ちょっとした所で
パッチさんらしさが出てくると、嬉しく思います。

では、では^^
長々と失礼しました!
また、おじゃまさせていただきますね^^

  • 2007/05/20
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん♪
再びコメントありがとうございます♪

私だけでなくみなさんお忙しいんですよねっ♪
ぴーちさんもお忙しいのに、毎日記事を書いているんですもんねっ♪
ほんとにすごいと思います♪
内容が薄くなったとか思いませんでしたよっ♪
コメントは残していませんが、ほとんど読んでますけど、構成などをきれいにされてますし、とても楽しませてもらってます♪

あっ、ほんとですねっ♪
関西弁出てますねっ♪
生まれも育ちも関西なんで、きっと気づかないうちに他にもたくさんの関西弁が出ているんでしょうねっ♪
ある程度は気をつけているんですけどねっ♪
まぁたまにはいいですよねっ♪

いえいえ、いつも丁寧なコメントありがとうございます♪
またいつでも遊びに来てくださいねっ(^^)
  • 2007/05/21
  • パッチさん
こんにちは^^
私の記事をほとんど読んでいただいてるんですか(#^^#)
嬉し、恥かし・・。私もパッチさんの記事、穴が開くほど
見ちゃたりしてます(爆)
穴が開いている所はありませんかね^^
もしもありましたら、修正お願いします!
でも、ありがとうございますm(__)m
それなら、益々襟を正していかないと^^

関西弁、良いですよね!
気をつけなくても全然構わないと思いますよ^^
と言ってもそれはパッチさんのポリシーだと
思いますので、私が意見するような事ではないのですが、
私もよく知らない適当な関西弁を記事に書かせていただいたりしますが、たまに突っ込みをいただく事があります(><)
その使い方はおかしい・・なんて(^^)
でも、そう言ってくれるお友達がいてくれることも
ありがたいことですものね!

では、今日も応援★
ぽちくり。

TBさせていただきますね!!



  • 2007/05/21
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさんっ♪
コメントありがとうございます♪

はいっ、読んでますよっ♪
映画だけでなく幅広いジャンルの記事をアップされているんで、毎日楽しみにさしてもらってます♪
私の記事もよく見てもらっているということで、とても嬉しいです♪
穴が開いていれば、それも味なのでそのままにしておきます♪

関西弁というのは、やはり他の人からすると難しいですよねっ♪
関西人同士の会話だと他の人は理解しにくいかもしれませんねっ♪
そうですねっ♪
間違いを正してくれる人がいるというのはいいことですねっ♪

応援ありがとうございます♪
トラックバックも大歓迎です(^^)
  • 2007/05/21
  • パッチさん
こんばんは、パッチさん。

今日この映画のDVD借りてきて観ました!
ほのぼのする映画でした。
やはり「ローマの休日」に似てますね~(笑)
ローマの休日の現代版といった感じで、良かったです!
ウィリアムがルームサービスのふりをするところは、かわいそうでした。
あと、撮影現場でジュリア・ロバーツに、「あの人は過去の人よ。」みたいなことを言っているのを聞いてしまったときも、かわいそうでした。
でも、最後はハッピーエンドで良かったです!

すっかり映画ライフに戻りました。
次は何を借りようかと思案中です!(笑)
またオジャマします!
  • 2012/10/27
  • マサカズさん
 【マサカズさんへ】

こんばんは、マサカズさん。
コメントありがとうございます。

早速鑑賞していただきありがとうございます。
展開が王道といいますか
設定も含めて「ローマの休日」と似ている部分がありますねっ。

ルームサービスになりきったり
過去の人だと言われたり
かわいそうなところがありましたねっ。

ただラストは家族や仲間が手伝ってくれて
ハッピーエンドになったのは嬉しかったです。

映画ライフまっただ中ということで
ぜひ楽しんでください。

いつでもお待ちしております。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2012/10/29
  • パッチさん
初めまして。

「ノッテイングヒルの恋人」を検索してこちらにたどり着きました。
お目当ては、リス・エヴァンズ・笑

今日、彼主演の「もうひとりのシェイクスピア」を見てまいりました。
素晴らしい映画です。
もう上映日数がそれほどないと思われるので、DVDが出ましたらぜひ!

ウイキで調べて、「ノッテイングヒル」の、あの同居男!!と、
ビックリいたしました。
英国俳優の実力、さすがです。

ジュリア・ロバーツも、ゲスト出演した「L&O」を見て、改めてファンになりました。
奥深い素晴らしい演技でした。
  • 2013/01/18
  • くーみんさん
 【くーみんさんへ】

はじめまして、くーみんさん。
コメントありがとうございます。

「ノッティングヒルの恋人」の検索でお越しいただいたんですねっ。
しかもリス・エヴァンズがお目当てということでびっくりしました。

もちろん本作で素晴らしい存在感がありましたし
物語にスパイスを与える重要なキャラクターでしたけれど
彼の作品をいくつか見ているものの
あまり覚えていない俳優さんでした。

「もうひとりのシェイクスピア」は鑑賞できていないので
また観てみたいです。
本作以外の彼の演技、とても興味があります。

あとジュリア・ロバーツはほんとに大女優さんですので
色々な魅力を醸し出していますよねっ。
女優さん役にまさにぴったりといった感じです。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2013/01/20
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「ノッティングヒルの恋人」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/49-40479ef6
  • 『ノッティングヒルの恋人』純情なヒュー様!
    ノッティングヒルの恋人 ノッティングヒルの恋人ジュリア・ロバーツ (2006/12/22)松竹 この商品の詳細を見るアナ・スコット(ジュリア・ロバーツ)はハリウッドの大女優。そんな彼女がロンドンのノッティングヒルにある
  • 【ピアニッシモ・ストーリー】
  • 2007/05/21
  • ノッティングヒルの恋人
    ノッティングヒルの恋人 ジュリア・ロバーツ (2006/12/22)松竹この商品の詳細を見る1999年 / アメリカ / 123 minutes出演 : ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グラント、リス・エヴァンス 監督 : ロジャー・ミッチェ
  • 【いけこのDVD鑑賞記】
  • 2007/06/14