1. TOP
  2. [ アクション映画 ] カンフー
  3. 少林サッカー

少林サッカー

06.11

映画「少林サッカー」のジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 かつて八百長試合に手を出したことから選手生命を断たれた中年男ファンは、少林寺拳法を世に広めたいと願う若者シン(チャウ・シンチー)と出会い、彼ら少林寺拳法の達人を集めてサッカー・チームを結成し、全国大会を勝ち進んでいくが…。
 香港映画界の快男児チャウ・シンチー監督・主演による奇想天外極まるスポーツ・アクション大作。チーム結成まではややもたつくが、サッカー試合が始まってからのCGと拳法を巧みに組み合わせたキテレツなアクション・シーンの数々には抱腹絶倒しつつも,いつしかそのダイナミズムゆえに熱血&興奮&感動してしまう。 (Amazonより引用)

 【 出演 】
チャウ・シンチー, ヴィッキー・チャオ, ウォン・ヤッフェイ, セシリア・チャン, カレン・モク

 【 監督・製作・脚本 】
チャウ・シンチー

 【 キャッチコピー 】
君はまだ、究極のサッカーを知らない。



 【 感想 】

 この映画「少林サッカー」をみなさんは鑑賞されたことがありますか?チャウ・シンチー監督・主演を務めるカンフー・アクション映画です。カンフーを使ってサッカーをするといったとてもおもしろいストーリーで、アクションはもちろんのことコメディも盛り込まれていて、まさに娯楽といった感じでとっても楽しめる作品になっています。

登場人物(キャラクター)の紹介


シンシン (チャウ・シンチー)
少林拳を世界に広めようとしている青年。
少林拳を使ってサッカーし、優勝を目指す。

ムイムイ (ヴィッキー・チャオ)
饅頭屋で働く女性。顔にニキビがあり、自分に自信がない。
シンに出会うことにより、自信を持ち始める。

ファンファン
シンをサッカーに誘った男。
昔は黄金の右脚と呼ばれたサッカーの名プレイヤー。

鉄の頭鉄の頭
シンの兄弟弟子の一人。ポディションはMF。
鋼鉄の頭を持っており、ヘディングを得意としている。

旋風脚旋風脚
シンの兄弟弟子の一人。ポディションはDF。
華麗な足技を使って、ボールを操る。

鎧の肌鎧の肌
シンの兄弟弟子の一人。ポディションはDF。
鋼鉄の腹筋を持っており、ボールを吸い付かせることもできる。

魔の手魔の手
シンの兄弟弟子の一人。ポディションはGK。
目にも止まらないほどの素早さで、ボールをキャッチする。

空渡り空渡り
シンの兄弟弟子の一人。ポディションはFW。
大食いで太っているが、空を飛ぶことができる。

ハンハン
デビルチームの監督で、ファンの元チームメイト。
ドーピングによって選手を超人にする。



少林拳を使ってサッカー


 少林拳の使い手であるシン(チャウ・シンチー)は、少林拳を全国に広めるために意欲を燃やしています。ただ、なかなかうまくいかず、その方法も思いつかないままでいるんです。そこで出会ったのが、昔サッカーの名選手だったファンです。ファンはシンの少林拳をサッカーに応用すれば優勝ができると、そしてシンは優勝すれば少林拳を広めることができるということで、二人はサッカー大会で優勝を目指すのです。

ファンとの出会い

 本作の主役シンを演じたチャウ・シンチーは、監督・製作・脚本も務めているというのは驚きです。のちに主演・監督・脚本・製作を務めた「カンフーハッスル」を観ても思いましたが、彼のセンスは素晴らしいなぁと思いました。カンフーアクションはもちろんのこと、コメディや恋愛なども盛り込まれていて、多くの方々が楽しめる娯楽作品になっています。

 あとチャウ・シンチーはかっこいいですねっ。でも決して二枚目路線でやっていないところが個人的に好きです。チャウ・シンチー自身はおもしろい男を演じ、そしてかっこよさはカンフーアクションで魅せるというのが良かったと思います。

少林拳でサッカー

饅頭屋のムイ


 本作のヒロインを務めるのが饅頭屋で働いているムイです。ただ彼女は顔にニキビがいっぱいあり、それが原因でどうしても自分に自信が持てないでいるんです。そんなムイがシンと出会うことによって、少しずつ自信を持つようになり、そして優しく接してくれるシンに惹かれていきます。

 彼女は饅頭屋で働く普通の女性ではありません。なんと太極拳の達人なんです。シンが少林拳を使ってサッカーをやるように、ムイもまた太極拳を使って饅頭を作っているんです。拳法について詳しくないのですが、少林拳が剛ならば太極拳は柔といった感じで、柔らかで流れるような動きで饅頭を作っていました。

シンとムイ

 自分の見た目にコンプレックスのあるムイが、巨大な肩パッドを付け厚化粧をした姿に変身したり、ラストでは坊主になったりと、最後までムイを演じている女優さんの本当の姿を見ることはありませんでしたが、きっとほんとはかわいい人なんだろうなぁと思いました。

 あと私は気づかなかったのですが、調べてみたらジョン・ウー監督の「レッドクリフ」シリーズに出演しているということで、また鑑賞する時には探してみたいと思います。

饅頭屋のムイ

個性的なキャラクターのシンの兄弟弟子たち


 監督のファン、そして少林拳の使い手のシン、この二人だけではサッカーはできません。そこでシンの兄弟弟子たちをメンバーとして誘うのです。シンを見ればわかりますが、兄弟弟子もまた素晴らしいほどの少林拳の使い手です。そして、それぞれが特有の特技や能力を持っているので、ほんとに楽しませてくれます。

兄弟弟子たち

 鋼鉄の頭、鋼鉄の腹筋、旋風脚、高速の手さばき、そして空を飛ぶ。ほんとに個性的なキャラクターと能力ばかりで、それがまたサッカーのプレーとして応用されます。まさに無敵の軍団です。

 ジダン、メッシ、カカ、クリスティアーノ・ロナウド、フェルナンド・トーレス、デコ・・・など、世界には素晴らしいサッカー選手がたくさんいますが、これらが束になっても勝てる気がしないほどの恐ろしい・・・言い換えればズルイぐらいの飛び抜けたプレーをします。ですので、超人的なプレイをぜひ楽しんでもらいたいです。

決勝戦 デビルチームとの戦い


 監督のファンにとっては因縁の戦い、そしてシンたちにとっては少林拳を全国に広めるチャンスの負けられない戦いが始まります。超人的なプレーをするシンたちは決勝戦まで、難なく勝ちあがってきました。しかし、決勝戦のデビルチームの選手たちはドーピングを行い、超人的な力を手に入れているのです。こうして少林拳vs超人の凄まじい戦いが始まります。

凄まじいシュート

 アニメやゲームの世界でしか有り得ないほどの、華麗なパス回しや必殺シュートのオンパレードと凄まじい攻防で、強烈でぶっ飛んだ戦いを魅せてくれるので、観ていてほんとに楽しかったです。シンのチームのキーパーが負傷し、変わりに鋼鉄の腹筋を持つ兄弟弟子がゴールの前で壁となるシーンが好きです。何度シュートを食らっても立ち上がってくる姿はとてもかっこよかったです。

キーパー

ムイがキーパーに


 とうとうキーパーがいなくなって、代わりに現れたのが饅頭屋のムイです。しかも坊主となり男性に成りすまして出場します。やはり太極拳の達人ということで、彼女はすごいです。デビルチームが放った殺人的な必殺シュートに対して、柔らかな手さばきで受け止めてしまいます。

必殺シュート

 もうこうなればデビルチームに勝ち目はありません。指の上で高速回転したボールをシンにパスし、ダイレクトでシンが強烈なシュートを放ちます。ゴールネットを揺らすという表現はありますが、ゴールごと吹き飛ばすシュートはまさに試合を決定付けるものとなりました。ここまでやってくれると気持ちいいものがありますねっ。

 ラストでシンとムイの拳法カップルがボーリングで二連覇という看板が街に立っていたのですが、できればその試合も観てみたかったなぁと思いました。それほどまでに拳法をスポーツに取り入れた本作に魅力を感じました。

 あとチャウ・シンチー監督作品の「カンフーハッスル」も、カンフーアクションやコメディ満載で面白いものになっており、本作「少林サッカー」に出てきた俳優さんもたくさん出演していますので、本作を気に入った方はそちらも鑑賞してみてはいかがでしょうか。

ムイの太極拳

映画「少林サッカー」のDVD

少林サッカーは傑作コメディですよね。全編、面白いが
わたしが特に大爆笑したのは、反則技を使う不良チームとの
対戦で、さんざん恥をかかされたシンの兄弟弟子のチームが
「覚醒」するシーン。「彼らが帰って来た・・」とかシンがつぶやくと突然、ストップモーションになって全員が「ありえねぇー」ポーズを取る。珠玉の名場面です。
  • 2010/06/11
  • 愛飢男さん
 【愛飢男さんへ】

こんばんは、愛飢男さん。
コメントありがとうございます。

少林サッカーはほんとに展開もスピーディで
全編楽しませてくれる作品だと思います。
私も覚醒するシーンは好きです。
みんなボロボロだったはずなのに
彼らの拳法家としての血がとうとう目を覚まして
復活し、まさにチームがスタートした瞬間だと思います。
かっこよさもありながらも、コメディ満載なところがほんとに良かったです。

何回も鑑賞している作品ですが、
毎回楽しませてくれる、とても素晴らしい娯楽映画だと思います。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2010/06/12
  • パッチさん
こんにちは。
小林サッカーは予告編等で 派手な特殊効果が強調されたせいか そこばかり注目されがちな気がしますが、いかにもという展開、キャラクターの魅力等「面白い」映画の要素てんこもり、サービス精神たっぷりという印象を受けました。
特殊効果についても「突き抜けている」という気がして爽快でした。
「カンフーハッスル」や「小林少女」も好きです。

あとチャウ・シンチーさんはユースケ・サンタマリアさんに似てますね♪
(いきなりしょうもないレベルになってすみません)
  • 2010/06/12
  • 足軽手軽さん
 【足軽手軽さんへ】

こんばんは、足軽手軽さん。
コメントありがとうございます。

本作はB級映画のような雰囲気がある作品ですが
幅広い方々が楽しめる素晴らしい作品だと思います。
ベタな部分もあるかもしれませんが
決して中途半端ではなく、足軽手軽さんが仰るように
突き抜けているのが魅力だと思います。

「カンフーハッスル」と「少林少女」も観ましたが
やはりおもしろいですねっ。

私も体つきこそ違えどユースケサンタマリアに似ていると思います。
いえいえ、私もそのような話も好きですよっ。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2010/06/13
  • パッチさん
こんにちは
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。






  • 2010/07/06
  • newbigさん
 【newbigさんへ】

こんばんは、newbigさん。
コメントありがとうございます。

参考になれるかはわかりませんが
当ブログがお役に立てれば嬉しいです。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2010/07/06
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「少林サッカー」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/442-74ae9130