1. TOP
  2. [ サスペンス映画 ] ミステリー 大どんでん返し
  3. シャーロック・ホームズ (2009年)

シャーロック・ホームズ (2009年)

2011.10.14

「シャーロック・ホームズ」のジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 19世紀末のロンドン。黒魔術を操ると言われるブラッドウッド卿が死刑に処され、数日後に墓場から甦ったという。彼の逮捕に協力したホームズ(ロバート・ダウニー・Jr.)とワトソン(ジュード・ロウ)は、落とし前をつけるべくその謎に迫る。
 名探偵シャーロック・ホームズをロバート・ダウニー・Jr.、その相棒のジョン・ワトソン博士にジュード・ロウが扮し、コナン・ドイルの傑作ミステリーを映画化。古典的なキャラクターの殻を打ち破り、興奮のアクションと予想のつかない展開で観客を魅了する痛快アクション・サスペンスに仕上がっている。

 【 出演 】
ロバート・ダウニー・Jr.、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング、エディ・マーサン

 【 監督 】
ガイ・リッチー



 【 感想 】

 この映画「シャーロック・ホームズ」をみなさんは鑑賞されたことがありますか?コナン・ドイルのミステリー小説「シャーロック・ホームズ」を映画化した作品です。ホームスをロバート・ダウニ・Jr.、ワトソンをジュード・ロウが演じており、ミステリーはもちろんアクションも盛りだくさんでほんとに楽しめる作品となっています。ぜひ鑑賞してみてください。

登場人物の紹介


シャーロック・ホームズ (ロバート・ダウニー・Jr.) シャーロック・ホームズ (ロバート・ダウニー・Jr.)
天才的な観察眼と推理力を持つ探偵。
頭脳だけではなく、格闘能力も優れている。

ジョン・ワトソン (ジュード・ロウ) ジョン・ワトソン (ジュード・ロウ)
ホームズの相棒として数々の事件を解決している医師。
ホームズとは違い、冷静かつ常識的な行動をする。

ヘンリー・ブラックウッド卿 (マーク・ストロング) ヘンリー・ブラックウッド卿 (マーク・ストロング)
邪悪な黒魔術を操る謎の男。
処刑されるが復活して甦った。

アイリーン・アドラー (レイチェル・マクアダムス) アイリーン・アドラー (レイチェル・マクアダムス)
ホームズがただ一人愛した女性。
謎多き女性で、今回ホームズの前に現れる。

メアリー・モースタン (ケリー・ライリー) メアリー・モースタン (ケリー・ライリー)
ワトソンと婚約している女性。
ワトソンと一緒に住むことになる。

レストレード警部 (エディ・マーサン) レストレード警部 (エディ・マーサン)
ホームズの推理力をとても評価しており
手に負えない事件があるとホームズに助けを借りている。



天才的な推理力を持つ名探偵ホームズ (ロバート・ダウニー・Jr.)


 「シャーロック・ホームズ」の小説を読んだことはないのですが、天才的な推理力で相棒のワトソンと共に数々の何事件を解決していく物語というのは知っていました。しかし、ホームズは英国紳士のような感じなのかなぁと思っていましたが、全然違っていましたねぇ。

 整えられていない髭やヨレヨレのシャツなどを見ると英国紳士からは程遠く、生活もかなり乱れていますし、人間的にもダメダメです。あと意外だったのは、強いということです。推理力が優れているというだけではなく、武術にも長けているんですねぇ。

ホームズの格闘

 そんなホームズをロバート・ダウニー・Jr.が演じています。原作を読まれている方はどう感じたかはわかりませんが、個人的には彼が演じたホームズは素晴らしかったなぁと思いました。天才的な頭脳はもちろんですが、コミカルでハードボイルドな感じに描かれていたので、すごく愛着の湧く魅力的なホームズになっていたと思います。そして改めて彼の演技力は素晴らしいなぁと感じました。

 あとホームズが推理するシーンがたくさん出てくるのですが、ほんのちょっとしたものからほぼ全てを推理しちゃうんですよねぇ。だらしない性格なのですが、飛び抜けた才能を持っているという点で「アイアンマン」シリーズでのトニーに似ていると思いました。フル活動させた五感と観察力と洞察力で推理していくホームズはとってもかっこいいです。

真剣な表情のホームズ

ホームズの相棒で医師のワトソン (ジュード・ロウ)


 ホームズの相棒のワトソン、これまた私のイメージとは違っていました。ホームズは二枚目でワトソンは三枚目というイメージでしたが、ジュード・ロウが演じている時点でもうこれは全然違いますねっ。すっごくかっこよく、ホームズとは違って常識人で冷静な性格、ホームズに負けないぐらい人気が出そうなキャラクターに描かれていたと思います。

微笑むワトソン

ホームズとワトソンの名コンビ


 本作の見所の1つだと思いますが、ホームズのワトソンのコンビプレーは絶妙で、推理による事件解決においてもアクションにおいてもとても楽しませてくれます。強いし推理力もあるホームズ1人だけでも十分なのですが、ワトソンの役割と見せ場もきちんとあるところがいいですねっ。

 2人がコンビ解消なるか?という状態で本作がスタートするのですが、ホームズがワトソンを必要としているのはもちろん、ワトソンもホームズをほっとけないという感じがとても良かったです。ホームズが名探偵であるのはワトソンの支えがあってこそであって、ワトソンがいなければホームズはダメな人間になっていくのだろうなぁと思いました。いい関係性ですねっ。

ホームズとワトソン

大盛り上がりのアクション


 「シャーロック・ホームズ」といえばサスペンス映画と思っていましたが、サスペンス映画なのかアクション映画なのかがわからないぐらいド派手なアクションが満載です。魔術が関わる事件ということで、陰気な雰囲気になりそうなストーリーなのですが、アクションシーンがたくさんあることにより、よりエンターテイメント性の高い作品になっていると思います。

 あとドキドキワクワクの危機迫るアクションシーンであるにも関わらず、ところどころにコミカルな要素が取り入れられていますし、そのあたりも良かったです。

座り込むホームズとワトソン

謎の女性アイリーン・アドラー (レイチェル・マクアダムス)


 ホームズの元に謎に包まれた女性アイリーンが訪れるのですが、女性には全く興味を示さないホームズが唯一愛した女性がアイリーンなんですよねぇ。彼女はとても美しいのですが、職業は泥棒、そして裏で何か企んでいる様子が伺えてとても怪しかったです。

 ホームズの弱点といえるのでしょうねっ。彼女に振り回されるホームズがとても面白かったです。あと余談ですが、とても美しい女性で職業は泥棒、そしてホームズを振り回すところなんかが「ルパン三世」の峰不二子に似ているなぁと思いました。

綺麗な女性アイリーン

 そんなアイリーンをレイチェル・マクアダムスが演じています。彼女は「きみに読む物語」で初めて知った女優さんですが、とても綺麗で笑顔が素敵ですねっ。本作の特に前半部分では謎に包まれた女性を演じていましたが、もう少し謎と怪しさの雰囲気が出ていれば良かったかなっと少し思いました。ただ後半部分ではホームズと共に行動し始め、立場が変わってからの彼女は良かったと思います。

 2作目の制作が決定している本作ですがレイチェル・マクアダムスも続投ということですので、彼女がどのように事件に絡んでくるのか、そしてホームズとの関係がどのように進展していくのか、その辺りも楽しみですねっ。

ホームズとアイリーン

黒魔術のトリック


 黒魔術による殺人事件ということですが、最後はホームズが科学的に事件を解決しましたねっ。神秘的な雰囲気は個人的に好きなのですが、やっぱり魔術という存在を肯定してしまえば何でもありの作品になってしまいますので、どんな事件にもトリックは存在するという形になっていたのが良かったなぁと思います。

 あとトリックがとってもわかりやすく説明されていたのが良かったなぁと思います。説明されれば「なるほどっ」とスムーズに入ってくるトリックでしたし、エンターテイメント性が高く幅広い方々に楽しんでもらえる作品になっていたと思います。

黒魔術を使う謎の男

 といいましてもこれは好みの問題で、もっと濃厚で深いミステリーが好きな方にとっては物足りなさが感じるでしょうねっ。アニメと比べるのはどうかなぁと思いますが、子供から大人まで楽しめる「名探偵コナン」の方がサスペンスの作りはしっかりしていると感じます。

 ただこれは「シャーロック・ホームズ」=「サスペンス・ミステリー映画」というイメージができてしまっているからなのでしょうねっ。本作はバランス良くいろいろなジャンルが楽しめる作品になっていますし、謎のトリックを観客に気づかせる程度ではなく、きちんと丁寧にわかりやすく解説されていることからも幅広い人たちをターゲットにしている作品なんだなぁと感じました。

 なので本作「シャーロック・ホームズ」は、ミステリー要素を含むアクションアドベンチャー映画もしくはヒーロー映画と考えるのがいいのでしょうねっ。何度観ても楽しめる映画になっているので、多くの方におすすめしやすい作品だと思います。

トリックを暴くホームズ

続編の2作目へと続く


 世界で大ヒットした本作「シャーロック・ホームズ」の続編が制作・公開が決定されました。2011年12月16日に公開される予定だそうで、どのような作品になるのか?そしてホームズとワトソンがどのような活躍をしてくれるのか今からとても楽しみです。

映画「シャーロック・ホームズ」のDVD・Blu-ray・小説・原作本

こんばんは、パッチさん。
僕もこの映画のDVD観ましたよっ!
トリックが最後の方で明かされるので、わかりやすいですよね!
最後の方は、確か続編がありそうな終わり方だったと思います。
今日「アイアンマン2」のDVDをプレゼント用に買いました。近くのヤマダ電機で千円弱で売ってました。いつも楽天やアマゾンで買っているのですが、(品数は多くは無いですが)、ここが一番安いです。
何を送ろうか考えながら、棚に並んだDVDを探すのもとても楽しいです!
またオジャマします!!
  • 2011/10/14
  • マサカズさん
 【マサカズさんへ】

こんばんは、マサカズさん。
コメントありがとうございます。

マサカズさんも以前本作を鑑賞されたと仰られていましたねっ。
決してミステリー・サスペンス色に染まらずに
誰もが楽しめるようにラストで丁寧に説明されていたのはよかったなぁと思いました。
おかげで何回観ても楽しめる作品になっていましたねっ。

「アイアンマン2」のDVDをプレゼント用に購入されたんですねっ。
家電量販店に行くとたまにワゴンで安く売ってたりしますよねっ。
確かに品数は少ないですが
良い作品があればラッキーですもんねっ。
あとツタヤなどでも安く売っていたりするのを見かけます。

レンタルする作品を探す時もプレゼント用に探す時も
何にしようか考えている時って楽しいですよねっ。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2011/10/15
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「シャーロック・ホームズ (2009年)」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/426-87ae94c5