1. TOP
  2. [ アニメーション映画 ] その他
  3. サマーウォーズ

サマーウォーズ

2010.04.27

映画「サマーウォーズ」


 【 ストーリー・あらすじ 】

 「時をかける少女」の細田守監督が贈るSF青春アニメーション映画。仮想空間OZが人々に浸透した近未来。内気な高校生のケンジは憧れの先輩のナツキに頼まれ、彼女の実家を訪れる。個性的な家族の面々に振り回される中、ケンジは謎の数字が書かれたメールを受信し…。
 翌朝、世界は大きく一変していた。健二を騙る何者かが、世界を混乱に陥れていたのだ。「私たち一家でカタをつけるよ!」栄お婆ちゃんの号令のもと、ケンジとナツキ、そして陣内家の面々が、一致団結して世界の危機に立ち向かう!

 【 出演(声) 】
神木隆之介, 桜庭 ななみ, 富司純子, 谷村美月, 斎藤歩

 【 監督 】
細田守



 【 感想 】

 この映画「サマーウォーズ」をみなさんは鑑賞されたことがありますか?アニメ「時をかける少女」の細井守監督が送る長編アニメーション作品です。それほど予備知識もなく、何気なしに鑑賞した作品ですが、とても楽しめました。

 とってもエンターティメント性の高い作品で、SF・ヒューマン・恋愛・アクション・パニック・・・いろんな要素が詰まった作品になっています。もしよろしければ鑑賞してみてください。

登場人物の紹介と用語説明


ケンジケンジ
17歳の高校2年生。ナツキの後輩。
数学オリンピックの代表権を逃すが、数学の天才。

ナツキナツキ
18歳の高校3年生。ケンジと同じ高校に通い、ケンジの先輩。
ケンジをアルバイトとして雇い、一緒に実家に帰る。

お婆ちゃんサカエお婆ちゃん
ナツキの曾祖母。陣内家の16代目当主。
90歳の誕生日を迎える。

カズマカズマ
パソコンの格闘ゲームの天才。
ウサギ型アバター「キングカズマ」を操る達人。

ワビスケワビスケ
陣内家当主のおじいちゃんの隠し子。
親戚のみんなから嫌われている。

佐久間佐久間
ケンジの同級生の友達。
ケンジと共に物理部に所属している。

陣内家の大家族陣内家の親戚一同
陣内家の親戚一同。
サカエお婆ちゃんの誕生日の為に集まった。

カズマのアバターキングカズマ
カズマが操るアバター。
戦闘能力に優れていて、とっても強い。

ラブマシーンラブマシーン
オズのコンピューターに侵入したハッキングAI。
みんなのアカウントを奪い、世界を混乱させる。

オズオズ
インターネット上の仮想世界。
世界中のすべての人が集まる仮想の世界。

アバターアバター
オズの仮想世界の中のキャラクター。
すべての人がそれぞれのアバターを持っている。

メールで送られてきた謎の数字


 主人公のケンジは1つ上の先輩の女性ナツキに、彼氏役を演じるというアルバイトを引き受けて、ナツキの実家に行くところから始まります。ナツキの実家はほんとに大豪邸で、代々受け継がれてきた名門の家系だったのです。大きな家にたくさんの親戚が集まり、大賑わいの夜、ケンジの携帯にある数字の暗号が書かれたメールが届いたのです。それが悲劇の始まりだったのです・・・。

 ケンジは数学の天才ということで、夢中でその暗号を解きます。答えをメールで返信して眠りに就いたケンジだが、次の日起きてみると世界は・・・変わってしまっていたのです。

 ある1つのことに長けているキャラクターというのは、個人的に好きな設定だったので、数学の天才というケンジのキャラクターは良かったと思います。ただケンジが暗号を解いたあとに、世界が一変し映画の雰囲気もガラリと変わったのはとてもびっくりしました。ここから一気にSF要素がどんどん入ってきます。

送られてきた暗号

サツキお婆ちゃんの最期・・・


 陣内家の当主であるサツキお婆ちゃんは、もうすぐ90歳を迎えるにも関わらず誰よりも元気でびっくりしました。精神的にも強く、みんなを1つにまとめる力を持っているんです。

 ケンジが暗号を解いてしまったことにより、世界のコンピューターがパニック状態になっていましたが、負けるものかとサツキお婆ちゃんが片っ端から知り合いに電話して、勇気づけて活をいれるシーンはとても感動しました。

 しかし、そんなお婆ちゃんが亡くなってしまったのは、本当にショックでした。サツキお婆ちゃんの存在がどれだけ大きかったか・・・。いつも賑やかで笑顔が絶えない親戚一同が、肩を落として悲しんでいました・・・。

亡くなったお婆ちゃん

キングカズマ vs ラブマシーン


 この映画の中でアクションシーンが観れるのが、仮想世界であるオズの中で繰り広げられる、キングカズマとラブマシーンの戦いです。キングカズマはオズの世界ではかなり有名で、とっても強いんです。そんなキングカズマを操るのが陣内家のカズマなんですねぇ。これまたケンジと一緒で、ある1つの分野に長けているキャラクターというのは、とても魅力があって大好きです。

 ただなんといってもラブマシーンが強すぎるんです・・・。いくらキングカズマといえど、全く歯が立ちません。一度負けたあとに、リベンジ戦があるのですが、これは良かったです。「キングカズマ vs ラブマシーン」という図式から、「陣内家+ケンジ vs ラブマシーン」という図式に変わるんです。

 高性能パソコンや周辺機器などを揃え、環境を整えてからリベンジ戦に備えます。なんというか、かなりの田舎と超ハイテクのアンバランスさがとてもおもしろかったです。ということで、今度は陣内家(+ケンジ)全員のアバターも登場し、作戦を練って全員での戦いが始まります。

周辺機器大きな船
リベンジ

ナツキの花札対決


 キングカズマは負けてしまいましたが、今度はナツキが立ち上がり、花札での戦いが始まります。私は花札をあまりよく知らないのですが、それでも楽しめました。

 これまた陣内家全員で戦います。ただ忘れていたのが、これは世界の危機ということです。ナツキが負けそうになった時に世界中の人たちが力を貸してくれるんですねっ。仮想現実の中での話ですが、現実との繋がりをより強く感じるシーンでもありました。

家族全員で戦いに挑む

まだ負けてないっ!


 制限時間は残りわずか・・・もうダメと思った時にケンジが言ったセリフ「まだ負けてないっ!」。このセリフにはとっても力がありましたねっ。数学の天才ケンジが暗号を解くために頭をフル回転させるシーンはよかったです。

 しかし、すぐにロックがかけられて、再び暗号が・・・。もうこれは全体絶命です。心が折れてもおかしくない状況で、ケンジが鼻血を出し目をぐるぐる回しながら、あきらめずに暗算で暗号を解いていくところも良かったです。

 ケンジはもう精神も肉体も限界を越えてフル活動していたと思います。最初の頃の弱く頼りなさそうなケンジはもうそこにはおらず、かっこ良く見えました。それにしても、この映画は期待せずに観たのですが、ほんとに楽しめましたし、飽きずに最期までワクワクしながら観れましたので、また観てみたいなぁと思いました。

ケンジの戦い

映画「サマーウォーズ」のDVD・Blu-ray・サントラ音楽・本・マンガ

おはようございま~す!

この作品、面白い作品でしたねっ!
パッチさんのレビューを拝見して
改めてまた、作品の流れを思い出すことが出来ました♪
お婆ちゃん、逞しかったんです^^それにカッコいい!
あんな気丈でカッコいいお婆ちゃんに
憧れてしまいます^^
それにケンジの計算能力には、驚きましたねェ~
あんな能力が備わっているなんて、全く感じさせない
癒し系のキャラなのにね^^
人は見かけによらないもんです(笑)
最後の戦いが「花札」というのも、古いようで
誰も取り上げなかった斬新なゲーム方法で、
楽しかったです(笑)
こいこ~い!、笑っちゃいました^^
ギャグっぽい展開ながら、家族の連帯感の大切さも
教えていて素晴らしい作品でしたね!
それでは、また、お邪魔させてください^^
応援凸
  • 2010/04/28
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。

お婆ちゃん、ほんとに素敵でした。
大黒柱という感じがして、頼もしく気品もあって素敵でした。
ケンジもまた数学しか取り得がなかったですが
徐々にケンジがたくましくなっていく姿が見れて良かったです。

花札もいいアクセントとなっていて、家族が一体となっていたのがよかったです。
いろいろな要素があって、まさにエンターティメントですねっ。
素晴らしい作品だと思います。

ご訪問ありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^^)
  • 2010/04/28
  • パッチさん
サマーウォーズは本当に感動する映画で、大好きです。

さかえおばあちゃん大好き
  • 2011/03/06
  • まるさん
 【まるさんへ】

こんばんは、まるsなん。
コメントありがとうございます。

「サマーウォーズ」はほんとに感動が詰まっていますよねっ。
家族の絆がとっても感動です。
さかえばあちゃん、私も大好きです。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2011/03/08
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「サマーウォーズ」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/417-7290b35e