1. TOP
  2. [ サスペンス映画 ] ミステリー 大どんでん返し
  3. コントロール (2004年)

コントロール (2004年)

2010.10.10

映画「コントロール」


 【 ストーリー・あらすじ 】

 主演は「ブロウ」「NARC ナーク」のレイ・リオッタと「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」「スパイダーマン」のウィレム・デフォー。監督は「リバース・エッジ」のティム・ハンター。
 レイ・リオッタとウィレム・デフォーが初共演した新感覚サイコサスペンス。死刑を宣告された凶悪犯がその命と引き換えにある医学プロジェクトへの参加を余儀なくされる。新薬「アナグレス」の投与を巡り、犯罪者・リーと博士との心理操作作戦が始まる。

 【 出演 】
レイ・リオッタ、ウィレム・デフォー、ミシェル・ロドリゲス

 【 監督 】
ティム・ハンター



 【 感想 】

 この映画「コントロール」をみなさんは鑑賞されたことがありますか?レイ・リオッタとウィレム・デフォー主演で贈るサスペンス作品です。どちらも個性派で演技派の俳優さんですので、ほんとに素晴らしい演技を魅せてくれています。作品としてはそれほど有名ではありませんが、B級映画と考えれば完成度の高い作品だと思います。ストーリーもよくできていますので、興味のある方はご鑑賞ください。

死刑囚 リー・レイ(レイ・リオッタ)が実験の被験者に・・・


 死刑囚のリー・レイを「グッド・フェローズ」のレイ・リオッタが演じています。死刑囚ということですから、とっても怖そうな男で、顔には傷があり体の色々なところにタトゥーがあるんです。しかし、なんといきなり死刑台の上に寝転んでいるシーンからオープニングが始まります。そして、死刑が執行されてしまうんです。

死刑台死刑か被験者か

 始まって5分ほどでレイ・レオッタが・・・と思っていると目を覚ますんです。生きていたんですねっ。なぜ彼は生きていたのか・・・?それはある実験を行なうに当たって、怪物とまで言われた凶悪で残忍な犯罪者のリー・レイが適任だということなんです。

 このまま死刑されて死ぬか・・・実験の被験者として生きていくか・・・?この二択を突きつけられ、リー・レイは被験者として第二の人生を歩むことになるのです。

 死刑囚を演じたレイ・リオッタはほんとに怖いです。ものすごい演技ですよっ。元々目力の強い俳優さんだと思っていましたが、ほんとに彼の目から醸し出される狂気はすごいと思いました。犯罪者・死刑囚を演じるのには申し分ない俳優さんですねっ。冒頭部分でのレイ・リオッタの狂気剥き出しの演技は見所です。

実験中

コープランド博士(ウィレム・デフォー)


 死刑囚のリー・レイを被験者として受け入れたコープランド博士をウィレム・デフォーが演じています。なぜ凶暴な犯罪者を被験者として選んだのか?それは、人の狂気を抑制させるために作られた新薬「アナグレス」の効果を、人間で確かめるために実験が行なわれるのです。なのでこの薬の被験者として狂気剥き出しのリー・レイが最適だったということですねっ。

 ウィレム・デフォーはほんとに渋い存在感がありますねぇ。ただとっても個性のある俳優さんですので、普通の博士で終わる感じではないというのが、ひしひしと伝わってきます。

 やっぱり個人的に彼に対するイメージがあるからかもしれませんが、善人に見えてもどうしても彼には何か裏があると思ってしまうんですよねぇ。それがいいのか悪いのか、ウィレム・デフォーによるラストのオチを幾通りも考えてしまいました。やっぱり彼に対するイメージを持たずに鑑賞された方が楽しめると思います。

ウィレム・デフォー博士

新薬「アナグレス」の効果


 新薬「アナグレス」を服用した効果が出たのか、リー・レイは大人しくなるんですよねぇ。感情が抑えられた感じで、落ち着いた感じが・・・と思ったら脱走したり、急に暴れたり・・・。すべてはリー・レイの演技だったということです。

 しかし、徐々に薬が完璧に効いたのではないか?というような行動や表情になるんです。しかし、最初の騙しがあったので、常に疑ってしまうんですよねぇ。「一体どっち?」って中盤から終盤にかけて疑っていた人も多かったと思います。

 リー・レイが何度も何度も薬を飲むシーンがあります。逆に自ら薬を要求することもあるぐらいです。もし騙しているのであれば、飲むフリをして実際には飲んでいないのでは?とよ~く目を凝らして見ていたのですが、きちんと飲んでいるんですよねぇ。

 では一体実際はどうなのか?それがラストのオチに関係してくるんですよねっ。散々色々推理しながらの鑑賞でしたが、それを利用された感じがしてまんまとやられてしまいました。

薬の効果怪しい行動

人を創るものと、人を変えるものとは?


 コープランド博士がリー・レイを「パーフェクト(完璧)」を言ったセリフを覚えていますか?リー・レイが薬が効いていると騙して逃走した時に、コープランド博士が言った言葉です。「パーフェクト(完璧)」というのは、リー・レイが実験において完璧な被験者だということですねっ。最初、コープランド博士はリー・レイのことを被験者(モルモット)という考えしかなかったんですよねぇ。

 しかし、実験を繰り返していきリー・レイと接することにより、徐々にその考えは変わっていったのだと思います。リー・レイが変わっていく姿を見続けていて、彼に対する信頼が生まれていったんですよねっ。それがリー・レイにも伝わっていたのだと思います。

 結果的に新薬は単なる「糖分」でした。たかが糖分でしたが、暗示の効果があったのです。しかし、実際にリー・レイを変えたのは、確実にコープランド博士だったと思います。

 子供の頃、リー・レイが育ってきた環境はいいものではありませんでした。だからこそ彼が死刑囚になるに至ったのだと思います。そして、今度は薬ではなくコープランド博士と接するうちに善人へと変わっていきました。人とはどのように創られ、変わっていくのか?人にとって取り巻く環境がいかに重要なものなのかが、この映画でわかった気がしました。

変わり行く感情

元死刑囚の死


 ラストはほんとに悲しい形になってしまいましたねっ。薬など関係なく彼は変われたのに、無実の罪で撃たれてしまうんですよねぇ。ただ、彼は元死刑囚なのです。死刑に値する大きな罪を背負っていたわけです。本来、死刑囚に最後のチャンスは与えられないものなんですよねぇ。なので、これは考えれば考えるほど複雑な感情になってしまいます。

 彼が死ぬ間際のフラッシュバックではオープニングのフラッシュバックとは違って、コープンランド博士も出てきていましたねっ。一体死ぬ間際どのように思っていたのでしょうねぇ。「ありがとう」という言葉が一番合っているのかなっ?

最後に思うこととは

映画「コントロール」のDVD

こんにちは 「コントロール」ちょっと気になりレンタルショップで探したんですがありませんでした・・・。何故気になったかと言うとストーリーもさることながらミシェルロドリゲスが出てたので。 彼女はどんな役柄を演じていたんでしょう。最近では「アバター」ちょっと前では「LOST」「エイリアン」に出演してました。男勝りの女戦士をやらせたらピカイチと思ってます。ただしどんな映画でも途中で死んでしまいますが(笑)また彼女は私生活の素行もあまりよろしくなくて(笑)飲酒運転で「LOST」降板とかね。でも存在感ある女優さんで結構お気に入りだったりします。本筋とは関係ない話ですいません コントロール 見掛けたらレンタルしてみますね。ちなみに今は「ミスト」観てます
  • 2010/10/12
  • レオンさん
 【レオンさんへ】

こんばんは、レオンさん。
コメントありがとうございます。

この映画はそれほど有名ではないと思いますので、置いてるところが少ないのかもしれません。
レオンさんはミシェル・ロドリゲスがお気に入りの女優さんなんですねっ。

確か「バイオハザード」にも出ていましたよねっ。
男顔負けといった感じで、強い女性を演じるのがうまい女優さんだと思います。
本当の彼女はどのような性格か知りませんが、
飲酒運転で降板というのは、彼女なら有り得るとちょっと思ってしまいますねっ。
それだけ彼女のイメージができているということなのだと思います。

出演時間はそれほど多くはありませんでしたが
本作では主演を演じたレイ・リオッタの相手役として登場してきます。
少し不良っぽさがあるものの、意外と普通の女性を演じていました。

また機会がございましたら鑑賞してみてください。
フランク・ダラボンとスティーブン・キングがタッグを組んだ「ミスト」ですねっ。
私は鑑賞していないのですが、観てみたい作品です。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2010/10/13
  • パッチさん
悪人がふとしたきっかけで良心が芽生えて、自分の侵した罪を反省したり、今まで感じなかった人としての「幸せ」を感じるようになる。そういう話がとても好きなのでこの映画は食い入るように見ました。

博士と元死刑囚の間に芽生えた信頼や友情、そしてラストの「薬じゃない。」からのリー・レイのセリフがすごく良かったです。思わず泣いてしまうほどに。
  • 2011/08/26
  • DEADMANさん
 【DEADMANさんへ】

こんばんは、DEADMANさん。
コメントありがとうございます。

悪人は変わっていく様子が描かれている物語がお好きということで
本作はまさにDEADMANさんがお好きなジャンルですねっ。
もしかしたら「DEADMANさん」というハンドルネームは
「デッドマン・ウォーキング」からきた名前なんでしょうか?
おそらくDEADMANさんの好みに作品だと思いますので
もしご覧になられたことがなければ鑑賞してみてください。

「薬じゃない」というセリフ
ほんとによかったですよねぇ。
単なる科学者と被験者の関係から
少しずつ変わっていく様子がきちんと描かれていましたし
2人の間に芽生えた絆がとても美しかったです。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2011/08/26
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「コントロール (2004年)」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/407-dc9d50b8