1. TOP
  2. [ SF ファンタジー映画 ] パニック モンスター
  3. デイ・アフター・トゥモロー

デイ・アフター・トゥモロー

2010.11.01

「デイ・アフター・トゥモロー」のジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 地球温暖化が原因で世界各地で異常気象が発生。ロサンゼルスに巨大竜巻が襲来し、日本には巨大なヒョウが降り注ぎ、ニューヨークは洪水で水没。さらに地球は再び氷河期へと突入し、北半球は完全に氷に覆われてしまう。そんな中でニューヨークの図書館にいて生き残った息子サム(ジェイク・ギレンホール)を救いだそうと、気象学者ジャック(デニス・クエイド)は凍てつくニューヨークへ向かう。

 【 出演 】
デニス・クエイド, ジェイク・ギレンホール, イアン・ホルム, エミー・ロッサム

 【 監督 】
ローランド・エメリッヒ



 【 感想 】

 この映画「デイ・アフター・トゥモロー」をみなさんは鑑賞されたことがありますか?地球温暖化によって訪れた氷河期に混乱する人々描いているSF・パニック映画です。監督は「インデペンデス・デイ」や「2012」など、地球のパニックを描いている作品が多いローランド・エメリッヒです。ぜひ大画面でご鑑賞ください。

大迫力のシーン盛りだくさん


 本作の見所の1つだと思いますが、やはり「迫力」だと思います。あらゆるところで発生し、すべてを一瞬で奪い去っていく無数の巨大竜巻や、街ごと飲み込んでしまうほどの巨大津波、そしてすべてを凍らしてしまう氷河期、これらすべてが見事に映像化されており、その迫力に圧倒されてしまいました。

大津波

 残念ながら小さなテレビで鑑賞したのですが、もし大きなテレビで鑑賞していれば、より恐ろしさと怖さが伝わってきて印象も変わっていたと思います。大きなテレビをお持ちの方は、より楽しめると思います。

 個人的に印象に残っているのは、街中にたくさんの巨大な竜巻が暴れまわっているシーンです。竜巻というのは広く何もないところで発生するというイメージがあったので、街中に竜巻というシーンにとても違和感がありました。その違和感がより怖さを感じさせ、その巨大な竜巻が無数に発生しているというのも恐ろしかったです。

無数の大型竜巻

気象学者のジャック (デニス・クエイド)


 南極大陸で調査をしていた気象学者のジャックは、南極の氷が融け始めているのに気づき、近い将来に地球が氷河期が起こる可能性があると考えたのです。このことをアメリカ副大統領のベッカーに伝えたが、全く相手にされませんでした。しかし、それから数日後に世界各地で異常気象が起こり始めるのです。

 気象学者のジャックをデニス・クエイドが演じています。彼が危惧していたことが実際に起こり始めているということで、世界の人たちを助けるべく調査をし、それを大統領や副大統領に伝えて対策案を挙げます。これで気象学者としての仕事は果たしました。

 今度は父親として、彼の息子サム(ジェイク・グレンホール)を救出すべく、より危険が迫っている北を目指すのです。これはとても感動的でした。国民をできるだけ南に避難させるように大統領に案を出す一方で、自らは息子のいる北を目指す、親子愛をすごく感じました。

気象学者ジェイク

ジャックの息子サム (ジェイク・グレンホール)


 ジャックの息子サムは高校生学力コンテストに参加すべく、開催地のニューヨークに向かいます。コンテストに出るぐらいですので、サムはとても頭がいいですし、父親が気象学者ということで気象に関しての知識も持っています。専門家が周りにいませんが、彼が父親から得た助言を信じ、そして臨機応変に行動する彼はとても頼もしかったです。

 サムたちと共に図書館に避難していた多くの人たちが、まだ助かる可能性があるという南を目指します。しかし、サムは外に出るのは危険だという父親の助言を信じ、仲間と共に図書館に残ります。
 もし私が同じような立場になった時、正しい判断ができるのかどうか疑問に思います。気象に関して全くといっていいほど知識のない私ですが、多数派に流されて賛同してしまうのではなく、少数派と多数派のどちらにも目を向けて、どちらが正しいかを「考える」ということが必要なのだと感じました。

ジェイクの息子サム

サムが好意を抱く女性 ローラ (エミー・ロッサム)


 サムと同じ高校で、高校生学力コンテストに参加した女性のローラ、そのローラにサムは片想いをしているのです。どうやったら生き延びることができるのかという危険な状況下で、仲間たちと力を合わせるというのは大切なことですが、大切な守るべき人がいるというのも本作を面白くしているのだと思います。

サムが好きな女性ローラ

地球温暖化が引き起こす地球の危機


 今、地球温暖化というは未来の地球を守るための課題とテーマになっていますが、そんな地球温暖化が地球に齎す危機を本作「デイ・アフター・トゥモロー」で描かれています。地球温暖化によって巨大な竜巻が起き、巨大なヒョウが降り、そしていずれ世界が氷河期に突入する、ほんとに怖いことです。

巨大な台風

 もちろん映画ですので、このようなことが地球で起こる可能性は低いと思います。しかし、地球温暖化によって何かが少しずつ変わってきているのは事実です。そんな地球温暖化によって引き起こされる全世界のパニック、そこから生まれるドラマ、おそらく実際の地球温暖化が悪化していくほど本作はより恐ろしくなり、より面白くもなるのだと思いました。

氷河期

映画「デイ・アフター・トゥモロー」のDVD・Blu-ray

こんばんは、パッチさん。
この映画は僕のお気に入りの一つなんですよー。
自宅の小さなテレビで観たのですが、面白かったです。
この監督、ゲイであることを公言してるそうですが、「インデペンデンス・デイ」や「2012」など、面白い映画を作っていますよね!
母が40型の液晶テレビ買ったので、25型のブラウン管テレビを譲ってもらうことになりました。今は19型なので、少しは大きくなるかな?!って感じです(笑)。
12月からエコポイントが半額になっちゃうので、駆け込み需要がすごいみたいです!
またオジャマします!
  • 2010/11/01
  • マサカズさん
 【マサカズさんへ】

こんばんは、マサカズさん。
コメントありがとうございます。

以前、本作をアンケートで投票してくださったことがありましたもんねっ。
とっても迫力満点の作品ですが
ドラマ部分も魅力的ですので
大画面でなくても十分に楽しめる作品だと思います。

19インチから25インチというのはけっこう違いがあると思います。
また過去の作品を再鑑賞した時に作品の印象が少し変わるかもしれませんねっ。
エコポイントも車の時と同じく
駆け込みは多くなっているみたいですねっ。

はいっ、いつでもお越しくださいねっ。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2010/11/02
  • パッチさん
こんばんは。
私も映画が好きでよくDVDを借りて自宅で見てます。
邦画よりも洋画が多いんですね。
私は、邦画を見る事の方が多かったので、今後、DVDを借りる時の参考にさせて頂ければと思いますi-184
よろしくお願いします!
  • 2010/11/04
  • ジョーさん
 【ジョーさんへ】

はじめまして、ジョーさん。
コメントありがとうございます。

ジョーさんも映画がお好きなんですねっ。
私は昔から邦画よりも洋画の方が多く鑑賞しているので
洋画を中心に映画紹介をさせていただいています。

最近はなかなか鑑賞する時間もなく
映画紹介も少ないのですが
みなさんの投票によって作られるランキングなどもございますので
ジョーさんが映画を鑑賞される際の参考になれれば嬉しいです。

はいっ、こちらこそよろしくお願いします(^^)
  • 2010/11/04
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「デイ・アフター・トゥモロー」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/384-81fef205