1. TOP
  2. [ 恋愛映画 ] ラブストーリー ラブコメディ
  3. プリティ・ウーマン

プリティ・ウーマン

2009.10.26

映画「プリティ・ウーマン」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 世界中の女性たちを夢の世界へ連れていった現代版シンデレラストーリー。物語はビバリーヒルズの夜に始まる。ウォール街の狼として知られる実業家のエドワード(リチャード・ギア)は、ふとしたことがきっかけで娼婦のヴィヴィアン(ジュリア・ロバーツ)と知り合う。2人は1週間のパートナー契約を結び、一緒に暮らすことになるが…。
 ジュリア・ロバーツの魅力的な笑顔で、娼婦からトップレディになっていく変貌ぶりが観ている者をわくわくさせる。ホテル支配人の心やさしい粋な計らいもいい。

 【 出演 】
リチャード・ギア, ジュリア・ロバーツ, ローラ・サン・ジャコモ

 【 監督 】
ゲーリー・マーシャル



 【 感想 】

 この映画「プリティ・ウーマン」をみなさんは鑑賞されたことがありますか?この映画は恋愛映画の中でもとっても有名な作品なので、きっと多くの方々が鑑賞している作品だと思います。少し古い作品ですが、今ではブルーレイなどでも発売されていて綺麗な映像で観ることもできるので、今観てもほんとに楽しめると思いますのでぜひ観てみてください。

娼婦のビビアン (ジュリア・ロバーツ)


 この映画のヒロインであるビビアンをジュリア・ロバーツが演じています。娼婦であるビビアンはお金持ちのエドワードと出会うことにより、綺麗なレディとなっていくのですが、娼婦からレディへと少しずつ変わっていく様子をジュリア・ロバーツが見事に演じてくれていると思います。

 それにしてもジュリア・ロバーツが綺麗ですよねぇ、そして綺麗なだけではなくとっても元気で活発な雰囲気が出ていてとても魅力的でした。本作の大ヒットでスターへの道を歩み出したのも納得です。

ビビアン (ジュリア・ロバーツ)

お金持ちのエドワード (リチャード・ギア)


 実業家でお金持ちの紳士的な男性エドワードをリチャード・ギアが演じています。リチャード・ギアはとても爽やかなので紳士的な役が似合いますよねぇ。そんな紳士的なエドワードにはお似合いとはいい難い娼婦のビビアンに出会うことによって、彼女の魅力に惹かれていき、彼自身が変わっていく姿が見えたのがよかったです。

エドワード (リチャード・ギア)

高級ホテルの支配人


 エドワードが宿泊している高級ホテルの支配人がいるのですが、彼の役どころがほんとによかったと思いました。高級ホテルの支配人ということですから、とても礼儀正しく、高級ホテルに相応しい支配人だと感じましたが、なんといってもお客さんに対する気配りがとてもよくできていて、それがまた粋だったりするんですよねぇ。

 レストランでのマナーがわからないビビアンに対して丁寧に教えていたりしていましたもんねっ。それになんといってもラストでビビアンを家まで運転手に送らせ、その後に再び同じ運転手にエドワードを送らせるところなんかは、エドワードの気持ちを察しての気配りでしたし、2人の関係を理解してのことですもんねっ。この映画において彼の役どころは大きかったと思います。

高級ホテルの支配人

1週間の恋愛


 それぞれの目的や思いは違ったとしても、お互いに惹かれていき、影響を受け合って2人に少しずつ変化がありましたねっ。ビビアンは見た目以外にも、ケンカした時に受け取ったお金を部屋に置いていった部分から、彼女の価値観が変わっていたのを感じとれます。一方、エドワードも仕事一筋だった男が仕事を休んだり、買収の件を白紙に戻したりと彼の価値観も変わっていったと思います。

 もともと持っている価値観を大切にするのもいいですが、自分の新たな一面に気づかせてくれたり新たな発見をさせてくれる、それが恋人に限らず友達だったり周りの人だったりと、そのような相手に出会えることというのは素晴らしいことですねっ。2人を観ていてそう思いました。

1週間の暮らし

告白のシーン


 これは何回観てもいいですねっ。王子様がお姫様を迎えに行くようなシーン。まるでおとぎ話のようですが、このような告白を実際にされたら女性の方はとっても嬉しいでしょうねっ。なのでこのシーンは女性の方は特に好きだと思います。映画のラストとしてはベタな感じがするかもしれませんが、私は恋愛映画はベタも大好きなのでとっても好きなシーンです。

プロポーズ

映画「プリティ・ウーマン」のDVD・Blu-ray・サントラ音楽


こんばんは!
おお!これは、パッチさんの愛するジュリアの
プリティ・ウーマンですね^^

私もこの作品、何度か鑑賞しました♪
昔の恋愛作品の好きなベスト3に入っていますよw
(ちなみに1位は、ゴーストです^^)
最近の恋愛ものは、キーラの作品が一番ですけど(^m^)

私も恋愛は、ベタが一番だと思いますね~
ストレートな告白、ストレートな愛情表現が
一番、相手にダイレクトに伝わると思いますしね^^

それにしても、改めて画像を拝見させていただくと、
リチャードも、ジュリアも若かったですねw

また、機会がありましたら、見てみようかと思います♪
それでは、応援凸
  • 2009/10/26
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。

この「プリティ・ウーマン」はやはり恋愛映画の王道作品ですので、
ぴーちさんの中でベスト3に位置づけられているのもわかります。
そして、やっぱり「ゴースト」もいいですよねぇ。
どちらも音楽を聴いただけで、思い出しますし、
観たくなっちゃいます。

サスペンスやアクション、そしてファンタジーなども
ちょっとした裏切りだったり、斬新なものを求めてしまうんですが、
どうしても恋愛映画に関してはベタなストーリーで、
ハッピーエンドのラストが一番好きなんですよねぇ。

ほんとにジュリア・ロバーツもリチャード・ギアも若いですよねぇ。
でも、今でもとても綺麗ですしかっこいいお二人は素晴らしいと思います。

はいっ、ぜひ機会がありましたら鑑賞してくださいねっ。
応援ありがとうございます。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2009/10/26
  • パッチさん
初めまして。

この作品を初めて観てから、15年。
今は自分の身に置き換えてみると、涙が出ます。細かいところの演出も素晴らしいです。何故エドワードがヴィヴィアンを好きになるのがわかります。

私はヴィヴィアンになれるでしょうか。

私はもともと芸術志向で…
  • 2010/05/15
  • ひろみさん
 【ひろみさんへ】

初めまして、ひろみさん。
コメントありがとうございます。

ジュリア・ロバーツ演じるヴィヴィアンに共感できる部分があると、よりこの映画を楽しめるのだと思います。
涙されるということで、ひろみさんにとって素晴らしい1本になっているのでしょうねっ。
やはり綺麗なだけではなく、自分の気持ちに正直でお金では得ることの出来ないものを知っていたヴィヴィアンを好きになったエドワードの気持ちはわかります。

ストーリーもそうですが、やはりヴィヴィアンという女性に憧れる女性は多いと思います。
ひろみさんもきっとヴィヴィアンのような女性になれると思います。

芸術志向ということで、映画から受けるものもまたひろみさんにとって大きいことだと思います。
ぜひ映画をこれからも楽しんでいただきたいです。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2010/05/16
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「プリティ・ウーマン」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/352-c956dad9