1. TOP
  2. [ アクション映画 ] ヒーローもの
  3. X-MEN : ファイナルディシジョン

X-MEN : ファイナルディシジョン

02.19

映画「X-MEN ファイナルディシジョン」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 プロフェッサーXの右腕だったジーンの死により、いまだその動揺から立ち直れずにいるX-MEN。そんな中、"ミュータントは病だ"と主張する天才科学者によって、ミュータントの能力を消去し普通の人間にすることのできる新薬"キュア"が開発される。"ミュータントのまま生きるか、それとも人間になるか"という究極の選択に、ミュータント社会は大きく揺れる。マグニートー率いるブラザーフッドは、キュアの根絶を狙い、キュア開発のカギとなる少年ミュータント、リーチの強奪に動き出す。一方、X-MENは人類とミュータントの全面戦争を回避しようと奔走するのだが…。

 【 出演 】
ヒュー・ジャックマン, ハル・ベリー, イアン・マッケラン, ファムケ・ヤンセン, アンナ・パキン

 【 監督 】
ブレット・ラトナー



 【 感想 】

 この映画「X-MEN : ファイナルディシジョン」をみなさんは鑑賞されたことがありますか?「X-MEN」シリーズの第三作目で、シリーズの最終章の作品です。やはりこれまでの1作目から鑑賞している方にはぜひ観てもらいたい作品です。前作よりもさらにスケールアップした「X-MEN : ファイナルディシジョン」をぜひご覧ください。

新たに活躍する登場人物(ミュータント)の紹介


ビースト ビースト(ハンク・マッコイ) / ケルシー・グラマー

優れた科学研究者であるミュータント。
ミュータント省の長官を務めている。
獣の姿をしており、俊敏な動きと超人的な力を持っている。
本作で X-MEN チームに加わる。

エンジェル ミュータント エンジェル(ウォーレン・ワージントン3世) / ベン・フォスター

アメリカの大企業の御曹司。
突然変異により、背中に翼を持つミュータント。
大きな翼を使って自由に空を飛ぶことができる。
自分がミュータントということが受け入れられないでいる。

ジーン・グレイの復活


 第2作目でジーンはみんなを助けるために自らを犠牲にして死んでしまいましたよねっ。しかし、本作で彼女は復活するんです。これはやはり前作でのショックがある分、とても嬉しいことですよねっ。しかし・・・彼女はとんでもない力を持ったミュータントになって帰ってきたのです。

 今まで制御していたパワーが目覚めてしまったんですねっ。彼女の前ではどんなミュータントも敵いません。いわば世界最強の力を持ったミュータントの誕生です。

最強のミュータント ジーン

マグニートー軍団


 ミュータントの能力を打ち消す薬「キュア」というものが開発され、普通の人間になりたいミュータントたちがその薬を求め始めます。しかし、そんな薬を邪魔に思う人たちがいるんですよねぇ、それがマグニートーです。マグニートーは最強のミュータントであるジーンを仲間に加え、「キュア」の根絶を目指して動きだしたのです。それにしてもマグニートーが橋を動かしアルカトラズ島に橋を架けてしまうところはすごかったです。

マグニートーの力アルカトラズ島への橋

X-MENチーム vs マグニートー軍団


 攻めて来るマグニートー軍団に人間たちが戦いますが、やはり歯が立ちません。ということで歯に歯を!、ミュータントにはミュータントを!ですよねっ。ということでウルヴァリン率いるX-MENチームがマグニートー軍団の前に立ちはだかります。

 マグニートー軍団には強力なミュータントがけっこういましたが、キャラ紹介や想い入れが少なかったせいか、それほど盛り上がりは無かったように思えました。しかし、その中でもアイスマンとパイロの戦いは良かったですねぇ。因縁の対決といった感じでとても楽しめました。

アイスマン対パイロ

ウルヴァリンの想い


 本作の見所の1つだと思いますが、ウルヴァリンがジーンを助けるべく奮闘するところは良かったです。1作目からウルヴァリンのジーンを想う気持ちはすごく伝わってきてましたもんねっ。マグニートーの行動を阻止することもウルヴァリンの目的の1つだと思いますが、それと以上にジニーを助けたいという気持ちの方が大きかったでしょうねっ。ウルヴァリンの瞳から確固たる決意というものが伝わってきました。

ウルヴァリンの想い

 それにしてもジニーは強すぎます。どんなに強いミュータントであってもそれが大勢であっても、ジニーの前では人間と変わらないといっていいほどの無力さを感じました。そんなジニーに対して1歩も引かずジニーに近づいていくウルヴァリンの姿はとても素敵でした。ジニー本人もパワーを抑えられない辛さというものが奥底であったでしょうし、その事をウルヴァリンもわかったいたのかもしれませんねっ。

ウルヴァリンの勇姿

「X-MEN」のスピンオフ映画
「ウルヴァリン(X-Men Origins: Wolverine)」


 「X-MEN」シリーズで大人気のミュータントであるウルヴァリンを主役としたスピンオフ映画が製作されています。設定としては「X-MEN」シリーズの17年前だそうです。ウルヴァリンになった過去やラブストーリーが描かれているみたいです。

 全米公開日は2009年5月1日を予定されており、日本公開日は2009年8月22日になる予定です。ウルヴァリンのかっこいい姿を再び観てみたいですねっ、楽しみです。

スピンオフ映画「ウルヴァリン」

映画「X-MEN」シリーズのDVD・Blu-ray・BOXセット

おはようございます!
私この作品、このファイナルしか鑑賞していないもので
正直、人物相関が良く理解しないままになっています(汗
ただ、ハル・ベリーと、ヒュージャックマンの
カッコいい戦闘シーンばかりが、今、脳離に焼き付いていて
後のシーンが浮かんでこないんですよね^^;
困っちゃいますね~これじゃ(笑
今度、最初からちゃんと鑑賞してみようと思います^^
  • 2009/02/19
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。

ぴーちさんはこの「X-MEN」シリーズではファイナルディシジョンのみ鑑賞されているんですねっ。
人物相関は本作では把握しきれない部分はあるかもしれませんねっ。
あとシリーズの中で本作だけ別の監督が務めていて、個人的には1と2の方が楽しめたのでまた機会がございましたらご鑑賞ください。
私もまた再鑑賞する機会がありましたらレビューを書いてみたいと思います。

でもやっぱりハル・ベリーとヒュー・ジャックマンはかっこいいですよねぇ。
特にウルヴァリンを演じたヒュー・ジャックマンはほんとにかっこいいです。
ウルヴァリンを主役としたスピンオフ映画も製作されるみたいなことを聞いたので、それもまた期待したいです。

ご訪問ありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^^)
  • 2009/02/19
  • パッチさん
こんばんはぁ
パッチさんもとうとう見られたんですね
ウルヴァリンとジーンの最後の戦いが悲しかったです。
こんな最後を迎えるなんて思ってもいなかったので…
しかしやっぱり最後はハッピーエンドが一番です。
それぞれが複雑な思いを持ちながら生きていくことを決めて進んでいくのが素敵ですね。

シリーズにまた新しいのが加わるんですね今から楽しみです。
  • 2009/02/27
  • 野乃狐晴さん
 【野乃狐晴さんへ】

こんばんは、野乃さん。
コメントありがとうございます。

はいっ、やっと鑑賞することができました。
やっぱりウルヴァリンとジーンの戦いは悲しいですよねぇ。
1作目からの2人を知っているだけに余計辛かったです。
ウルヴァリンの辛さというものが伝わってきましたもんねっ。
ミュータントとしての人生、人間との共存、失った友、
それぞれ抱く想いはありますが、それでも自分の選んだ道を歩いていく決意というものが感じられましたよねっ。
とっても素敵でした。

そうなんです。
スピンオフ映画として「ウルヴァリン」が製作されているみたいです。
ミュータントの中でも特にウルヴァリンは好きなキャラクターなので楽しみです。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2009/02/28
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「X-MEN : ファイナルディシジョン」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/318-2d663923