1. TOP
  2. [ ヒューマン ドラマ映画 ] ヒューマン ドラマ
  3. ターミナル

ターミナル

2008.10.21

映画「ターミナル」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 東欧のクラコウジア(本作のために設定された架空の国)からニューヨークを訪れた旅行者ビクター(トム・ハンクス)が、母国の突然のクーデターにより「無国籍」状態になってしまう。アメリカへの入国許可が下りないまま、彼は空港のターミナルで9ヶ月間も過ごすことに…。
 工事中の区画に寝場所を確保し、小銭を集める方法を学ぶなど、ビクターのサバイバル生活がテンポよく展開。トム・ハンクスの演技は、英語もまともに話せないビクターの喜怒哀楽を観る者に分かりやすく伝えてくれる。不倫に悩む客室乗務員と彼のロマンスや、フードサービスや清掃員など周囲の人々のエピソードにも心温まるが、本作で最も印象に残るのは、セットで作られたターミナルだろう。その巨大さはもちろん、細かい部分まで本物の空港に引けを取らないリアルさ。クライマックスには、スピルバーグらしい、ややクサめの感動が盛り込まれるが、全体を通して笑いと涙、シビアな現実と夢物語が巧みに交錯し、観ていて飽きない作りになっているのは、さすがだ。

 【 出演 】
トム・ハンクス, キャサリン・ゼタ=ジョーンズ, スタンリー・トゥッチ

 【 監督・製作 】
スティーブン・スピルバーグ



 【 感想 】

 この映画「ターミナル」をみなさんは観たことがありますか?スティーブン・スピルバーグとトム・ハンクスのコンビが贈る心温まるハートウォーミングです。舞台はタイトルにもあるように「空港のターミナル」、そんなターミナルで閉じ込められた男を描いた物語です。

ビクター (トム・ハンクス)


 祖国クラコウジアからアメリカにやってきたビクター、しかしクラコウジアでクーデターが起こり事実上、国が消滅してしまったのです。これによりパスポートが無効になり、空港のターミナルから一歩も出ることができなくなってしまったビクター。こうしてビクターのターミナルでの生活が始まります。

 空港にターミナルに閉じ込められた男、ビクターを演じるのはアカデミー賞の常連のトム・ハンクスです。ターミナルでの生活という設定がスムーズに入ってきましたし、ビクターに対して愛着を感じるのはトム・ハンクスの演技があってこそなんだと感じました。トム・ハンクスがスティーブン・スピルバーグと一緒に仕事をするのは3度目なんですよねっ。きっと息の合うコンビんだと思います。

トム・ハンクス

アメリア (キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)


ビクターの恋

 ビクターはターミナルでの生活にも鳴れ、恋をしちゃうんです。その相手はキャサリン・ゼタ・ジョーンズ演じるアメリア。少しキャラ設定の強い女性ですが、自然体な感じもあってよかったです。ビクターとアメリアとのやり取りが、映画の中である程度占めていますが、「ビクターの恋」というように大きく捉えるよりかは「ターミナルでの生活の中の1つ」として観てもらいたい部分ですねっ。


空港の中での生活


 ターミナルでの生活・・・考えるだけで孤独さを感じますよねっ。しかし、きっとビクターの人柄だと思いますが、ビクターの周りに自然と人が集まってくるんです。そしてターミナルがビクターにとって庭のようになっていくところがよかったですねぇ。不自由でありながらも、その限られた中で自由を満喫していますもんねっ。

ターミナルでの生活ターミナルでの生活2

父親との約束


 友人・食事・仕事・恋・・・ターミナルでの生活を送るビクターを見ていると忘れてしまいそうになってしまいますが、ビクターはある約束を果たすためにニューヨークにやってきたんです。それは父親との小さな約束です。

 その約束がどれほど大切なのか・・・それはターミナルでのビクターの生活や、ターミナルの外に出たいというビクターの強い想いからわかりますよねっ。他人から見れば小さな約束であっても、かけがえのない約束というものがあるんです。約束がどのようなものか分かった時はホロリときました。

「スティーブン・スピルバーグ」関連の記事

映画「ターミナル」のDVD

こんばんは!パッチさん^^

この作品には実在するモデルが居たらしいですが、
自分の国が、紛争に巻き込まれてしまい、空港で立ち往生して
しまうなんて、考えられないような話ですが、
日本はまだまだ平和ですが、いつ何時こういう羽目に遭ってしまうか
判らないですもんね(^^A
それにしても、彼は努力家ですよね。
ちゃんと言葉も覚えて、仕事もして・・
人気ものは常に気持ちが前向きですし、観ていて
心が暖かくなりますよね^^
最後、サインが貰えて本当に良かったですよね!
トム・ハンクスだからこそ、演じ切れた作品だったと思いました♪

応援です凸
  • 2008/10/21
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。

実在するモデルがいたらしいですねっ。
そう考えると少し考え深いものがあります。
映画としてはエンターティメント性の高いものに仕上がってますが、
実話に基づいたものと思うと、
改めてすごい人だなぁって実感させられます。

ただこうしてターミナルで生活できたのも、
ぴーちさんの仰るとおり、前向きで努力家だからこそなんですよねっ。
ラストでサインをもらった時は、心温まりました。
トム・ハンクスの表情などとてもよかったです。
いい俳優さんですねっ。

ご訪問ありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^^)
  • 2008/10/22
  • パッチさん
パッチさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

この作品は穏やかな雰囲気で心温まる作品でしたね。

トム・ハンクス演じるビクタ-の人柄が何と言っても良かったと思います。

それと思いの外、キャサリンがとても綺麗な印象を受けましたね。(^^)

自分も最後の約束のエピソ-ドはとても好きで、思わずグッときてしまいました。(^^)
あの約束にあれだけの拘りを持つ事も自分はとても良く分かり、ビクタ-に共感してしまいました。素敵なエンディングだったと思います。
(^^)
いつもありがとうございます。
応援していきますね~(^^)
  • 2008/10/23
  • ユウ太さん
 【ユウ太さんへ】

こんにちは、ユウ太さん。
コメントありがとうございます。

穏やかな作品ですよねっ。
これもトム・ハンクスが演じているからこその雰囲気だと思いました。
トム・ハンクスの作品というのは安心して鑑賞できますねっ。
いい俳優さんです。

そしてキャサリン・ゼタ・ジョーンズは自由奔放な女性を演じていましたねっ。
綺麗という印象の強い彼女ですが、
綺麗さの中にもチャーミングな部分もあってよかったです。

最後のエピソードはほんとに心温まりました。
どんなに時間がかかっても果たしたい約束というものがあるんですよねっ。
ターミナルで約束のためになぜそこまでする?と聞かれた時に、
「立場が逆だったら、父も僕と同じことをしただろう」
みたいなことを言っていたのがとても印象に残りました。

こちらこそいつもありがとうございます。
応援ありがとうございます(^^)
  • 2008/10/24
  • パッチさん
こんばんは、ホーギーです。
私もこの心温まる作品大好きです。
いつも思うのですが、トム・ハンクス演じる主役は
トムの素晴らしい人柄が加わることにより、その
キャラクターに魅力を与えていますね。
この映画のビクターもまさにそんな感じで、
観ているうちに、彼の魅力にどんどん引き込まれて
いきました。
そして、相手役のキャサリンが、実に魅力的で
よかったです。ちなみに、キャサリンは個人的に
大好きな女優さんなんです。
それにしても、舞台となったこの空港が全てセット
というのも凄いですよね。

ということで、応援して帰りますね!
  • 2008/10/26
  • ホーギーさん
 【ホーギーさんへ】

こんにちは、ホーギーさん。
コメントありがとうございます。

トム・ハンクスが主演というのは大きいですよねっ。
彼の持つ優しい雰囲気というのが、画面から伝わってきます。
トム・ハンクスの演じる役というのは、
愛着が湧くというか、とても魅力的なキャラになるんですよねぇ。
いい俳優さんだと思います。

ホーギーさんはキャサリン・ゼタ・ジョーンズがお好きなんですねっ。
とても綺麗で、魅力的な女優さんですもんねっ。
それにしても空港はセットだったんですか?
それはすごい壮大なセットですねぇ。
本物の空港のようで、全然違和感ありませんでした。

応援ありがとうございます。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2008/10/27
  • パッチさん
パッチさん、こんにちわ(^ー^*)
コメントがなかなかできなくてすみませんv-356
でもいつも楽しく拝見させて頂いておりまーす☆
この映画、前日何気なくDVDでレンタルしてみたのですが、
なかなか良かったです☆
空港に閉じ込められてしまうという設定が面白いなと思ったのですが、
主人公は、実在したんですか。。。知りませんでした。
私も、この主人公の人柄には、とてもグッとさせられました。^^
誠実で素朴で、自然にいろんな人が集まってくるところが良かったですね。
ラストももちろんですが、心温まるエピソードが沢山詰まった映画ですね。
それに、本当にトム・ハンクス独自の演技で素晴らしかったです^^
応援ぽち!!
  • 2008/11/09
  • tessさん
 【tessさんへ】

こんにちは、tessさん。
コメントありがとうございます。

こちらこそなかなかコメントできなくて申し訳ないです。
実は風邪を引いてしまいまして、
咳と鼻水と戦っています。

この映画はハートウォーミングの作品ですねっ。
私もブログで紹介するまで知らなかったのですが、
実話を基に作られたんですよねっ。
主人公を演じたトム・ハンクス。
彼の持つ温かさが画面から伝わってきていました。
彼だからこその作品ですねっ。
ラストではターミナルから開放され、
約束が果たされてましたが、
ほんとに心が温かくなりました。
それにしてもトム・ハンクスは素晴らしい俳優さんですよねっ。

ご訪問ありがとうございました。
いつも応援ありがとうございます(^^)
  • 2008/11/10
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「ターミナル」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/290-b9342aaf
  • 映画『ターミナル』
    原題:The Terminal 英語も話せないのに一人でアメリカに渡るなんて、亡き父の想いを果たすために、たった一人で・・凄いよね、小さな缶にはジャズを一杯つめて・・・。 ビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)が、ニューヨーク・JFK空港に降り立ち、まさに...
  • 【茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~】
  • 2008/11/05
  • ターミナル
    彼は空港(そこ)で待ち続けた。約束を果たすために・・・
  • 【Addict allcinema おすすめ映画レビュー】
  • 2009/10/09