1. TOP
  2. [ ヒューマン ドラマ映画 ] 犯罪 テロ 戦争
  3. グッド・シェパード

グッド・シェパード

2008.07.02

映画「グッド・シェパード」


 【 ストーリー・あらすじ 】

 1961年、キューバのカストロ政権転覆を目論んだピッグス湾侵攻作戦がCIA内部の情報漏れで失敗し、指揮をとったベテラン諜報員エドワード・ウィルソンは窮地に立たされる。 第二次世界大戦前夜、イェール大学在学中に秘密結社スカル&ボーンズに勧誘されされたのを機に、この道に足を踏み入れて以来、戦中、戦後と優秀な諜報員として暗躍してきたが、その陰で妻と息子は孤独な生活を強いられていた…。 作戦失敗の数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く。彼は部下のレイ(ジョンEタートゥーロ)にその分析を依頼するが……。

 【 出演 】
マット・デイモン.アンジェリーナ・ジョリー.ジョン・E・タートゥーロ.アレック・ボールドウィン.タミー・ブランチャード.ビリー・クラダップ.ロバート・デ・ニーロ

 【 監督 】
ロバート・デ・ニーロ



 【 感想 】

 この映画「グッド・シェパード」をみなさんは観たことがありますか?マット・デイモンが主演を務め、共演者としてアンジェリーナ・ジョリー、そして監督は名俳優であるロバート・デ・ニーロが勤める実話映画です。少しですが監督のデ・ニーロ自身も出演しています。

この映画を観るにあたって・・・


 この映画、本当に難しかったです。内容を理解しながら物語に付いていくのに必死でした。あと時間軸が幾度となく変わり行くので、「今は・・え~っと・・・?」という具合にわからなくなることもたまにありました。やはり少しの予備知識があった方が、この映画を楽しめると思います。

 + 鑑賞する際に知っておくとより楽しめる知識 +

  • CIA(アメリカ中央情報局)とは?
  • CIA最大の汚点といわれた「ピッグス湾事件」とは?
  • 「冷たい戦争(冷戦)」下のアメリカとソ連の関係と状況とは?

 このような知識があるとより楽しめると思います。もちろん私は全然知らなかったのですが、観終わって調べていくうちにどんどん「グッド・シェパード」のおもしろさが湧いてきました。やはり時代背景を理解するということは、映画を理解しやすくすると同時に入り込めるので大切なことですねっ。次鑑賞した際にはもっと楽しめると思います。

「グッド・シェパード」の意味とは?


 タイトルである「グッド・シェパード」とは「良い羊飼い」という意味です。そしてこの「良い羊飼い」という言葉は聖書の中で書かれているキリストの言葉なんです。

 私は良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。

 まさにこの映画の中でマット・デイモンが演じる主人公エドワードは、タイトルのごとく「グッド・シェパード」(良い羊飼い)なんです。国のためなら命を捨てるCIAの一員なんですねっ。

CIA諜報員のエドワード (マット・デイモン)


 この「グッド・シェパード」の主人公であるエドワードを演じるのは「ボーン」シリーズで大活躍のマット・デイモン。今回はとても物静かで知的な役を演じています。「私は良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。」のまさにエドワードは「グッド・シェパード(良い羊飼い)」、国のためなら何でも捨てる諜報員なのです。家庭を持っているんですが、家族のことはほったらかしで任務に務めます。

エドワードエドワード 2

 今回の役は難しかったでしょうねぇ。物静かな役というのは特に難しいと思います。表情での演技が見事で、歩く姿も背筋がピンッとしていてまさに諜報員といった感じでした。そして、19歳から41歳までのエドワードを演じていたので、役作りも大変だったろうなぁと思います。監督は「デ・ニーロ アプローチ」と呼ばれる名俳優のデ・ニーロなので、いろいろアドバイスや演技指導があったのかもしれませんねっ。

エドワード 3マット・デイモンとデ・ニーロ

エドワードの妻クローバー (アンジェリーナ・ジョリー)


 エドワードの妻のクローバーを演じるのはアンジェリーナ・ジョリーです。クローバーはとても華やかで美しい女性なんですが、エドワードと結婚したことによって悩み苦しむ人生になっていったのです。

 仕事を第一に考えるエドワードの奥さんになって幸せになれるわけがないんです。それでもクローバーが結婚生活を送る理由は息子のため・・・その理由しかなくなってしまったのです。華やかなクローバーから悩み苦しむクローバーまで、アンジェリーナ・ジョリーは見事に演じていたと思います。

出会いクローバー

ロバート・デ・ニーロ監督


ロバート・デ・ニーロ監督

 「ブロンクス物語/愛につつまれた街」以来、今回の「グッド・シェパード」が監督として13年ぶりで2作目であるロバート・デ・ニーロ。この作品に取り掛かってから8~9年の歳月がかかったというのです。その分、この作品の中にはロバート・デ・ニーロのこだわりなどがあったと思います。この映画は何時間あったのでしょう、3時間近くあったかもしれません。しかし、ラストまで帳尻あわせのないところも妥協のない表れだと思います。

 この映画の見所とは、単純にいえばマット・デイモン演じるエドワードの「国」と「家族」で揺れ動く葛藤や迷いなのかもしれません。しかし、本当の見所とは「真実」なのだと思います。実話映画だからこその「真実」を楽しむ・・・というよりかは堪能してもらいたいです。


 CIAになぜ"The"がつかないのか・・・それは神にも"The"がつかないから

 アメリカにおいてそれほど存在価値の大きいCIA、そんなCIAの真実。そしてそのCIAの諜報員エドワードの国と家族との間で揺れ動く葛藤をお楽しみください。

映画「グッド・シェパード」DVD・サントラ音楽

僕もアンジェリーナ・ジョリーが出てたので、借りました(笑)。

なんといったらいいのか、とにかく、画面に変化がないのです。
映画というものは、ストーリーは大切ですが、
映像的なメリハリも大切な要素だと思います。
僕には、この映画にはなかったのでは、と思います。

アンジェリーナの役もこれなら彼女でなくってもよかった。
ロバート・デ・ニーロも監督としては失敗作なのでは?

PS)
ミリオンダラー・ベイビーのレビューを書きました。
なんで今頃というでしょうが、書くべきものは時を選ばない(笑)。

よければ、見てください。
  • 2008/07/03
  • xtc4241さん
こんにちは、パッチさん。
最近、仕事(会社)がらみでいろいろゴタゴタが続いていまして、映画を観ているときは唯一癒されているのですが、気が気でない日々を過ごしています(ちょっと愚痴っぽくなりました、すみません<(__)>)

さて、『グッド・シェパード』ですが、私観た最近の映画の中でもかなり難色を示した作品でした。思い出しただけでも頭が痛いような・・・

そう時間軸もコロコロ変わっていましたね~これも私の頭を悩ませた一因ですね!『バベル』のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督もこういうパターンを多々使うので苦手です。

それと登場人物の多さですね。誰が誰なのか名前と顔を一致させるので必死でした。もちろんマットやアンジーは分かってますが、知らない役者さんもけっこう出演していましたので、すごく目まぐるしかったです。

でなので全体的には苦手な映画でしたが、マットやアンジーの演技には目を見張るものがありましたね~。


ところで話は変わりますが、このひとつ前の記事にコメントしたかったのですが、何故かその記事だけ文字が左にずれて見えるみたいです。何人かの人はコメントしてらっしゃるので環境の問題かも知れませんが、少なくとも自宅と会社と両方のPCから見ても同じだったので、残念ながらコメントしていません。
現象的には記事の文章の一部とコメント文が段々下に下がるほどに文章が左へと隠れていく(切れていく)ような感じです。この記事と他の記事にはそういう現象が見られませんでした。

私の記事でもまぁ全然違うのですが、一部の人(特にVISTA利用者、IEが7.0以上?)に画像と文字が重なって見えるみたいで、対処に困っていますが・・・

またお邪魔しますね、ではでは。
  • 2008/07/03
  • ケビンさん
 【xtc4241さんへ】

こんにちは、xtc4241さん。
コメントありがとうございます。

画面に変化がないというのはそうですねっ。
でも内容から考えると静かな場面展開をすることにより、よりリアリティを出していたかのように思えました。
エンターティメント要素を楽しむというよりかは、ドキュメント作品に近い感じかもしれませんねっ。

アンジョリーナを起用したのは、おそらく陰と陽の差をより強く表現したかったからなのかもしれません。
失敗作ですか?私は逆に細部にまでこだわり「真実」というものを楽しませてくれたデ・ニーロに賛辞を送りたいぐらいです。

はいっ、ミリオンダラービイビーの記事拝見させていただきますねっ。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2008/07/03
  • パッチさん
 【ケビンさんへ】

こんにちは、ケビンさん。
コメントありがとうございます。

やはり仕事というのは大変ですねっ。
そしてそんな大変な毎日を癒してくれるのが映画というのはすばらしいことだと思います。
いち早く仕事が落ち着いてくれるといいですねっ。

ケビンさんの頭を悩ましたのもわかります。
私もかなり頭を悩ませながらも必死でした。
まずは時間軸・・・迷子になりそうになりました。
一体今はいつ?と思うことが何度かあって大変ですよねっ。

そして登場人物も難しかったと思います。
似た感じの役者さんがいたので、ごっちゃになってしまいますもんねっ。
難しい映画というのは個人的に好きなんですが、やはり理解するのにはかなり苦労しました。
でも記事を書くにいたって、いろいろ調べてみると実際の事件や事柄、時代背景などを知っていくうちに、だんだんわかってきておもしろさが湧いてきました。
おそらく次鑑賞したときには、もっと楽しめると思います。


ひとつ前というと「アメリカ映画の「10 Top 10」(10ジャンルのトップ10映画) 」の記事ですねっ。
その記事内で文字が左にずれているように見えるんですか?
私のPCではきちんと見えていますねぇ。
動作環境に何かあるのかもしれませんねっ。
記事内にはHTMLタグを使っていますが、動作環境によっては文法やタグによっては変な感じに見えてしまうということがあるので、それが原因なのかもしれませんねっ。

一体何が原因なんでしょうねっ?
原因がわかれば対処もできると思いますが、あまりPCについて詳しくないので難しいですねっ。
ちょっと試しにですが、「アメリカ映画の「10 Top 10」(10ジャンルのトップ10映画) 」の記事を少しだけHTMLの文法を変更してみました。
といっても私のPCからでは変更前と見た目が変わっていないので直ったのかはわかりませんが、もしお時間がございましたらご確認いただけないでしょうか?

ちなみに私はビスタではなくXPで、IEは7.0です。
またケビンさんの方にもお邪魔して確認させていただきますねっ。
やはり動作環境関係なく訪問された方々に楽しんでもらいたいですもんねっ。

記事へのコメント、そしてご報告ありがとうございました(^^)

  • 2008/07/03
  • パッチさん
こちらにもTBさせて頂きました(^ー^)
この映画は、あらすじを読んでから観たほうがわかりやすいかもしれませんね。
私も結構疲れましたが、CIAの歴史にまつわる興味深いお話で、
見応えがありました。
でも、諜報員エドワードの一人の人間としての人生を考えると、彼の家族を含めて、複雑なものを感じます・・
またお邪魔しまーす!(^ー^*)
  • 2008/07/09
  • tessさん
 【tessさんへ】

こんばんは、tessさん。
コメントありがとうございます。

そうですねぇ。
けっこう複雑ですし、あらかじめ知識などがあった方が楽しめると思います。
付いていくので必死でしたが、とても奥が深く見ごたえのある作品ですよねっ。
実話だけに感じ取るものも多く、エドワードの家族と国との間で揺れ動く葛藤などを考えると複雑ですよねぇ。
考えさせられた作品でした。

はいっ、いつでもお越しくださいねっ(^^)
  • 2008/07/09
  • パッチさん
こんばんは、パッチさん。

デ・ニーロはなんと続編を考えているそうです。
しかも2作も!

でも評価的にはそれほど高くもない作品みたいなので、もし続編を作っても興行的には失敗に終わるかも知れませんね。
  • 2008/07/09
  • ケビンさん
 【ケビンさんへ】

こんばんは、ケビンさん。
コメントありがとうございます。

続編をもしかしたら作るかもしれないというのを、この「グッド・シェパード」の製作発表の時に話していたらしいのですが、
まさか2作も!?

それはすごいですねぇ。
おそらくこの映画1つ作るのにもかなり時間がかかったように感じたのですが、2作となると一体どれほどの時間がかかるのでしょうねぇ。
あとやはり評価はそれほどなので、続編に期待している人が少なそうですもんねっ。
私は深くて難しい話は好きですが、そんな私でもかなり難しかったですしねっ。
もし続編が作られた時には、ある程度の予備知識を入れておいてから鑑賞したいと思います。

続編の情報ありがとうございました(^^)
  • 2008/07/10
  • パッチさん
初めまして。昨日このDVDを観ましたが、難しくて頭が混乱しました(>_<)でも、こちらのわかりやすい説明で頭がちょっとスッキリしました!ありがとうございます(*^―^*)
  • 2009/08/21
  • pinokoさん
 【pinokoさんへ】

こんばんは、pinokoさん。
コメントありがとうございます。

この映画は少し難しいですよねぇ。
構成は少しわかりづらいところがありますので、
ストーリーを理解するだけでも大変だと思います。
でも、少しだけでも参考になれたみたいでとても嬉しいです。
こちらこそありがとうございます。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2009/08/24
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「グッド・シェパード」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/277-13a92d80
  • グッド・シェパード
    エドワード・ウィルソンは、第二次世界大戦中の戦略事務局(CIA)で諜報任務に従事。 終戦後、CIAの一員となり、ソ連との「冷たい戦争」に身を投じる。 任務のために家庭を犠牲にして生きてきたウィルソン。 だが彼は、CIA最大の汚点と言われたピッグス湾事件の失敗の?...
  • 【象のロケット】
  • 2008/07/03
  • 【映画大好き!おすすめ映画・DVD + USA子育て日記】
  • 2008/07/09