1. TOP
  2. [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害
  3. セント・オブ・ウーマン / 夢の香り

セント・オブ・ウーマン / 夢の香り

2006.06.02

「セント・オブ・ウーマン」のDVDジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 全寮制名門高校の生徒チャーリーが、休暇中のアルバイトで全盲の元陸軍中佐フランク(アル・パチーノ)の世話をすることに。しかし、頑固なフランクとの出会いは最悪なもの。フランクの言動に戸惑いながらも、心やさしいチャーリーは行動を共にすることになるが…。
 歳の差を越えた2人の男に友情が芽生えてくるプロセスは、生きることの意味や素晴らしさを感じさせてくれる。また、アカデミー賞主演男優賞を獲得したアル・パチーノのごく自然な演技にも注目。女性のつけている香水を嗅ぎ分ける能力に長けているフランクだが、そこで美女をゲットしてタンゴを踊るシーンはスマートでなかなかの見もの。中年男の愛らしさも垣間見ることができる。

 【 出演 】
アル・パチーノ, クリス・オドネル, ジェームズ・レブホーン, ガブリエル・アンウォー, フィリップ・シーモア・ホフマン

 【 監督 】
マーティン・ブレスト

 【 アカデミー賞 】
主演男優賞受賞:アル・パチーノ



 【 感想 】

 この映画「セント・オブ・ウーマン / 夢の香り」をみなさんは観たことありますか?アル・パチーノ主演で贈るヒューマンドラマです。アル・パチーノが盲目の元軍人を演じているのですが、ほんとに素晴らしい演技をしていますので、そのあたりも楽しんでもらえると思います。

友達を守るか?自分の将来か?


 名門とされる高校のベアード校の奨学生チャーリー(クリス・オドネル)は、ある日校長先生がある生徒からイタズラをされてペンキまみれになってしまいます。その犯人である生徒を目撃したチャーリーとジョージは、校長に呼び出され、犯人を教えるように迫ってくるのです。

 ほんとに校長はイヤな感じですよねぇ。犯人を教えるように説得するのは正しいと思います。いけないことをした生徒に注意もしくは罰を与えることは、その生徒の将来を考えれば良いことですもんねっ。ただ家計の苦しいチャーリーに対して脅しのような選択をさせるのは卑怯だなぁと思いました。

 犯人を教えなければ退学、教えれば大学進学のための奨学金を与える。この選択に答えを出せないまま、チャーリーは休暇に実家へ帰るための資金を稼ぐためにアルバイトを始めます。

チャーリーと同級生

盲目の元軍人 フランク(アル・パチーノ)


 チャーリーはアルバイトで盲目の元軍人フランクの世話をすることになるのですが、このフランクがまた難しい性格といいますか、かなりの頑固者でプライドが高く偏屈な男なんですよねぇ。初対面から怒鳴られ説教されと、チャーリーにとってこの先とっても不安なアルバイトが始まります。

 そんな盲目の元軍人フランクをアル・パチーノが演じています。アカデミー賞で主演男優賞を受賞しただけあって、ほんとに見事な演技を魅せてくれています。時々彼の目を観察していたのですが、ほんとに目が見えないんじゃないかと思えるぐらいの演技でした。ほんとに見事です。

フランク

破天荒な旅行


 かなり接し方が難しいフランクの世話だけでも大変だと思うのですが、そんなフランクがいきなり旅行に出かけると言い出すのですから困ったものです。強引にフランクを連れて行きニューヨークへと向かいます。

 一体どれだけお金を持っているんだろうと思ってしまうほどの超豪華旅行で、高級ホテルに高級レストラン、そして移動はリムジン、しかもチャーリーの分も払っているのですからすごいですよねぇ。ちょっと羨ましくも思いました。

飛行機に乗るフランクとチャーリー

 あと目が見えないというのはすごいハンデだと思いますが、フランクは目以外の感覚で色々とわかってしまうんですねっ。元軍人というのもあるのだと思いますが、匂いはもちろんですがチャーリーの声の調子などで、彼の感情や考えがわかってしまうところは凄かったです。

 そして良かったのが、二人の関係性です。最初はどうなってしまうんだろうと思っていましたが、おそらくフランクはチャーリーが誠実な男だと理解し認めたのでしょうねっ。そしてチャーリーは彼の年輪といいますか、人生の経験値などを感じ、尊敬へと繋がったのだと思います。二人の絆が少しですが、深まっていたのが良かったです。

タンゴのシーン


 きっと香水の良い香りがしたのでしょうねっ。女性が大好きなフランクはその香水をつけた女性の元に行き、言葉巧みに女性をダンス(タンゴ)に誘います。彼の男性と女性に対する態度はガラリと変わりますねっ。とっても優しく紳士的になり魅力的な男性に一気に変身します。

 フランクがタンゴに誘った女優さんはとても綺麗な方ですねっ。ガブリエル・アンウォーという女優さんらしいのですが、覚えていないだけなのか他の作品で見た記憶がないですねぇ。彼女が出演する他の作品も観てみたいと思いました。

タンゴに誘った女性

 それにしてもタンゴのシーンはいいですねぇ。目が見えないフランクですがとってもダンスが上手で、しかもすごく楽しそうでした。そして音楽もステキでしたねっ。個人的に好きなシーンです。

 あと、最近知ったのですがフィギィアスケートの浅田真央ちゃんがこのタンゴで流れる曲を使ったことがあるみたいです。この曲を使うことを、浅田真央ちゃんが自分で決めたかどうかはわかりませんが、ちょっと嬉しかったです。

タンゴのシーン

フェラーリでドライブ


 あまり運転に自信のないチャーリーですが、フェラーリをレンタルしてドライブに出かけます。助手席で車のエンジン音やギアチェンジをする音を聞きながら、チャーリーにアドバイスするフランクはすごいなぁと思いました。

 その後に目が見えないにも関わらずフランクが運転するのですが、これは怖かったですねぇ。スピード違反してしまうぐらいアクセルを踏み込み、チャーリーの合図だけで道を曲がるシーンでは、旅の始めに「最後に自殺する」とチャーリーに冗談っぽく言っていましたが、その言葉が脳裏に浮かびました。

フェラーリに乗る二人

自殺


 朝目覚めると昨日まであんなに陽気だったフランクの様子がおかしい・・・。そう感じたチャーリーの不安は的中。旅の始めでフランクが言っていた通り、自殺をしようとするんですねぇ。銃を持つフランクをチャーリーは必死に説得し止めさせようとします。

 今回の旅での豪遊ぶりはまさに最後の贅沢だったというわけですねっ。ずっと会っていなかった兄に会いに行った理由もわかりました。目の視力を失ったことにより、その後の人生もまた暗闇のようになっていったのだと思います。

説得するチャーリー

 自信やプライドなどに溢れているように見えたフランクですが、おそらく軍人だった頃の「過去の栄光」のみが彼を支えていたのかもしれません。やっぱり1人だけで頑張ろうとしても無理なこともあるんですねっ。ただ、今はチャーリーがフランクの支えになっているのは間違いないと思いました。

 チャーリーの必死の説得の結果、「死ぬ勇気がなくなった。明日また考えよう。」と言ってフランクが自殺を思い止まってくれたのは嬉しかったです。

座り込むフランク

懲戒委員会


 いろいろ大変なことだらけの長旅から帰ってきたチャーリーですが、まだ彼には問題が残っています。それが懲戒委員会による取調べです。犯人を言えば大学進学への奨学金が与えられる、ただ犯人を言わなければ退学、言い換えれば、自分の将来を取るか友達を売るかという、すごく難しい二者択一に迫られるのです。

懲戒委員会に出席するチャーリー

 チャーリーと同じく懲戒委員会に掛けられるのが、同級生のジョージです。そのジョージを演じているのが若かりし頃のフィリップ・シーモア・ホフマン。出演シーンこそ少ないですが、好きな俳優さんでしたので嬉しかったです。

 当サイトで開催しているアンケート企画の第24回アンケート「演技が上手い映画俳優は誰ですか?」で、私はフィリップ・シーモア・ホフマンに投票させていただきましたが、この頃から演技が上手いなぁと思いました。

席に付くフランク

フランクの演説


 ジョージは父親の助言もあってか、友達を売ってしまいます。もちろんジョージは間違ったことをしたわけでなく、悪いことをしたのであれば友達であれ罪を与えなければいけません。友達を売る勇気も称えるべきだと思います。

 ただチャーリーは「知りません」と言って友達を守ります。これまた素晴らしいことだと思います。退学か進学が懸かっているにも関わらず、自分よりも友達を守ると下した決断は賞賛に値すると思いました。その結果、友達を売ったジョージには処分なし、そしてチャーリーには退学処分が下るのです。

校長

 もうこれには納得がいきませんでした。そして私以上に納得いってないのがフランクです。この判決を聞いたフランクは怒りに溢れ、声を荒らげて罵倒します。


「このクソ裁判は一体何だ!」

「告げ口をして自分の身を守れ。でないと火あぶりだぞ。ケツに火がつくとある者は逃げだし、ある者は踏み留まる。彼は踏み留まり、ジョージは親父の懐に隠れた。なのに君らはジョージを褒め、チャーリーを罰するのか!」

「私の隣の若者だけが汚れのない魂を持ち続けている。ここにいる誰かは彼を買収しようと甘い話を持ちかけてきた。だが、彼は売らなかった。」

<省略>

「バリーにジミーにトレント、聞いているか!?貴様らにも言う!くたばれ!」

「根が腐ってて何が育つのか。この学校の根は腐ってる。」

「私にはチャーリーの沈黙の正誤は判断できない。だが彼は決して自分の得の為に友達を売る人間ではない!」



 そして演説の最後の方でいった言葉も良かったです。

「それが人間のもつ高潔さだ。それが勇気だ!指導者が持つべき資質はそれだ。」

「私も何度か人生の岐路に立った。どっちの道が正しい道か判断できた。だが、その道を行かなかった。困難な道だからだ。」

「チャーリーも岐路に直面した。そして彼は正しい道を選んだ。真の人間を形成する信念の道だ。」

「彼の旅を続けさせてやろう。彼の未来は君ら委員の手中にある。価値ある未来だ。保証する。潰さずに守ってやってくれ。愛情を持って。いつかそれを誇れる日が来る。」



 このフランクの演説は見事でした。正しいことは何かを知っている人の発言だったと思いますし、チャーリーという人物をわかっているからこその言葉だったと思います。フランクの演説に会場全員が拍手を送っていたことからも、みんなが共感していたと感じ嬉しかったです。

 その結果、チャーリーは無罪と言われ、フランクが「フーバー!(FUBAR)」と叫び、そして会場に溢れる拍手と喝采。もうこの瞬間は何度見ても感動してしまいます。観ていて「やったぁ~!」って思っちゃいますもんねっ。

演説をするフランク

帰路


 演説後にフランクは女性と良い感じになっていましたが、すごく嬉しかったです。フランクにとって女性は生きる源みたいなところがあるので、おそらくもう自殺なんて考えないでしょうねっ。

車を降りるフランクとチャーリー

 そしてフランクとチャーリーの別れの時、今後も二人の付き合いが続いていくような感じが良かったです。年の離れた二人ですが、親友のような絆ができたと思います。

 最後フランクが家の中に入っていき、子供たちを仲良く話すところはステキでしたねっ。チャーリーと旅したことにより、フランクの中で何かが変わったのを感じました。すごく綺麗なラストだったと思います。

家の庭

映画「セント・オブ・ウーマン / 夢の香り」のDVD・Blu-ray・サントラ音楽

パッチさん♪

こんにちは。
最近は映画館へも行けず中々DVDも観られないのですが・・。
パッチさんのこちらのサイトと出会ってから・過去に観た映画を
随分と思い出しました(笑)
この『セント・オブ・ウーマン』も感動的で2~3回観てると思います。
アルパチーノは古くは『狼達の午後』や『セルピコ』の時から
気になってる俳優さんです。
ここ最近は初老な雰囲気ですが・・(^^;

そうでした!『セント・・』の感想です。
若者と強烈な個性の盲目の軍人!
どう考えたって接点が何一つない二人でした。
それが・・。
時間の経過とともに頑固な軍人はちょっとした隙に気を許す事を
覚えてり・・。
若者は頑固な軍人に愛しさを覚えたりと・・。
アンバランスな二人の関係が少しずつバランスがとれて中心に
集まってきたって感じでした。
このタイプの映画大好きです♪
愛情表現がヘタな不器用な人間像・・。
ヒューマンドラマ独特の味ですね。
まだ語りたかったですが・すっかり長くなってしまいました(汗)ごめんなさい(__)
↑のヒューマン映画結構鑑賞しているので・またお邪魔します。

  • 2007/01/24
  • アビーさん
 【アビーさんへ】

こんばんは、アビーさん♪
コメントありがとうございます♪

アビーさんはほんとにたくさんの作品を観ているんですねっ♪
アビーさんの好きな作品もこれからどんどん紹介していけるようにがんばりますねっ♪

「セント・オブ・ウーマン」はほんとにすばらしい映画ですよねっ♪
アル・パチーノの演技がとてもよかったです♪
ほんとに何1つも接点がないように思えた2人が、一緒に過ごしていくごとに惹かれあっていて、その過程がすごく楽しめましたっ♪
そしてラストのアル・パチーノの演説は最高でしたっ♪

いえいえ、長く語ってくれてとても嬉しいですよっ♪
全然気にしないんでいいんで、これからも語っちゃってくださいっ♪
私の紹介しているヒューマン映画をたくさん鑑賞されているということなので、とても嬉しいです(^^)
  • 2007/01/24
  • パッチさん
パッチさん(^^)こんばんは!
いつもお世話になりありがとうございます。

自分もやっとこの作品を鑑賞しました。
パッチさんお勧めだけあって、本当に素敵な素晴らしい作品でした。

最後の演説は人生の教訓みたいで感動しましたね。(^^)
自分はラストのフランクが姪っ子に歩み寄っていくシ-ンが凄く好きでした。

また、やはりアル・パチ-ノは名優ですね。盲目の人物を演じきっていました。注意して観たのですが殆ど瞬きをしていませんでしたね。本当に素晴らしい演技だったと思います。
  • 2009/03/12
  • ユウ太さん
 【ユウ太さんへ】

こんばんは、ユウ太さん。
コメントありがとうございます。

ユウ太さんもこの映画「セント・オブ・ウーマン」を鑑賞されたんですねっ。
とても嬉しいです。
そして、楽しんでもらえたということでさらに嬉しいです。

ほんとに最後の演説は素晴らしいですよねっ。
彼の一言一言に強い想いというものを感じました。
あのシーンは見所ですよねっ。
そして、ラストの歩み寄っていくシーンは私もかなり大好きです。
あのシーンがあるとないとでは、フランクへの印象が全然変わってきますもんねっ。
あのシーンでフランクという人物がより理解することができましたし、嬉しさがこみ上げてきました。

アル・パチーノの瞬きを注目されていたんですねっ。
ほんとに素晴らしい演技ですよねぇ。
アル・パチーノあっての本作だと思います。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2009/03/12
  • パッチさん
こんばんは。
この映画のDVD観ました!!
パッチさんの「絶対観て欲しい映画の中のおすすめ」だけありました!!
最後のアル・パチーノの演説は感動的で、思わず涙が出ました!
本当に、「観て良かった!!」って思える映画ですね!
(個人的には)音楽も良かったと思います。でもサントラが売り切れでした・・・。(残念・・。)
またこちらのサイトで下調べをして他の映画のDVDを借りようと思っています。やはりレンタルビデオ店で「良い」映画を探すのは大変です。
今度は「ホリデイ」を予約しました! 楽しみです!!
  • 2009/11/24
  • マサカズさん
 【マサカズさんへ】

こんばんは、マサカズさん。
コメントありがとうございます。

この「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」を観ていただいたのですねっ。
とても嬉しいです。ありがとうございます。
やはりラストのアル・パチーノの演説は感動的です。
そして判決が出た時のアル・パチーノの雄たけびもよかったですよねっ。
盲目の元軍人ということで、彼の演技は見事だったと思います。
サントラはもうなかったのですねっ。それは残念です。

映画はほんとに山ほどあるので、
いくらたくさん鑑賞しても氷山の一角で、一生かけてもすべての作品を観るのは不可能ですもんねっ。
ならできるだけいい作品に出会いたいですし、心に残る1本を見つけたいですよねっ。

「ホリデイ」は一度観ただけですがいい作品ですよっ。
それに観るなら冬の季節、もっといえばクリスマスに近い時期がベストなので、
より楽しんでもらえると思います。
寒い冬を温かく感じさせてくれる、そんな作品です。

「ルディ 涙のウイニング・ラン」
「パッチ・アダムス」
「ライフ・イズ・ビューティフル」
浮かんできた作品を少し書いてみましたが、
このあたりはきっとマサカズさんが楽しんでいただける作品だと思いますので、
鑑賞済みかもしれませんが、興味のある作品がございましたらまた参考にしてみてください。

「ホリデイ」楽しんでくださいねっ。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2009/11/24
  • パッチさん
こんにちは。
ご推薦ありがとうございます。
「パッチ・アダムス」と「ライフ・イズ・ビューティフル」は以前見たことがあります。両方とも印象に残った映画でした。
なので、「ルディ・涙のウイニング・ラン」を借りてみようと思います!!
ただ、今入会しているDMMでは検索しても無いみたいなので、今度ツタヤで借りてみようと思ってます。
今公開中の「2012」を出来たら観に行きたいなーと思ってます。
この監督の「インデペンデンス・デイ」も「デイ・アフター・トゥモロー」もとても面白かったので楽しみです!!
  • 2009/11/25
  • マサカズさん
 【マサカズさんへ】

こんばんは、マサカズさん。
コメントありがとうございます。

2作品は鑑賞されているんですねっ。
「ルディ / 涙のウイニング・ラン」はDMMに無かったということで
やはりそれほど有名な作品ではないのかもしれませんねっ。
ツタヤならもしかしたら置いてあるかもしれませんねっ。
ぜひありましたら鑑賞してもらいたいと思います。

「2012」が公開されていますねぇ。
「インデペンデンス・デイ」と「デイ・アフター・トゥモロー」のどちらも鑑賞していますが、同じ監督ということでSF・パニック映画を得意としているのかもしれませんねっ。
それは期待できそうなので、私も機会がありましたら鑑賞してみたいです。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2009/11/25
  • パッチさん
こんばんは、パッチさん。
何気なくネットで見てみたら、この映画のDVDが9月22日に発売されることを知り、価格も千円程度なので買うことにしました!!
この映画は僕のお気に入りベスト10に入る映画です!
以前はブルーレイしかなかったり、価格も高めだったのですが、これくらいの値段なら・・・と思ってます!
(まだブルーレイ再生機持ってないんですよねー。(汗))
パッチさんはブルーレイ観れるようになりましたか??
パナソニックの調査で、地上デジタルはほぼ100%普及したらしいですが、ブルーレイはまだ50%程だそうです。
僕はまだ当分先になりそうですが・・(汗)。
またオジャマしますね!!
  • 2011/08/21
  • マサカズさん
 【マサカズさんへ】

こんばんは、マサカズさん。
コメントありがとうございます。

本作の廉価版が発売されるんですねっ。
私も確か1000円程度の廉価版を購入しましたが
本作に限らず廉価版って何度も発売されていますよねっ?

価格は同じぐらいなのに
改めてまた新しく発売されるのは何故なんでしょうねっ?

私もブルーレイをまだ観れる環境ではないんですよねぇ。
ただ普及率がまだ50%ということですが
個人的にはもう50%も普及しているんだぁと驚きました。

ただこれからどんどん普及していくでしょうねっ。
映画などのブルーレイをほとんど鑑賞されないという方でも
録画したテレビ番組を形として残しておく時
2時間ほどの番組なら圧縮しないとDVDには収まらないですもんねっ。
それがブルーレイだと綺麗な画質のままで
2時間以上のものを書き込むことができますもんねっ。

あと最近は映画のブルーレイを購入するとDVDも付いてくるのはなぜなんでしょうねっ?

はいっ、いつでもお待ちしております。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2011/08/22
  • パッチさん
「セント オブ ウーマン」いいですねえ
私も好きな映画の1つです
すんませんちょっとお節介な指摘をさせていただきます

大佐が時々口にするのは「フーバー(FUBAR)」のはずです。
「フーアー」ではありません
これは米兵のスラングで
Fuck Up Beyond All Recognition・・・何から何までめっちゃくちゃ。見るも無惨な大失敗という意味合いのモノです

大佐の口癖の様なもんだと思います

戦争映画みてるとよくでてきますよ
  • 2013/07/05
  • マッセさん
 【マッセさんへ】

こんばんは、マッセさん。
コメントありがとうございます。

本作は私も大好きな作品です。
アル・パチーノの演技も素晴らしかったです。

大佐の口癖は「フーバー」だったんですねっ。
耳で聞こえたまま書いてしまっていて
特に意味もわかりませんでしたが
そのような意味があるとは知りませんでした。

意味を知ってから改めて観ると
また違った印象を受けるかもしれませんねっ。

教えていただきありがとうございました。
訂正させていただきますねっ。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2013/07/08
  • パッチさん
はじめまして。コメントさせていただきます。
私もこのフィルムが大好きで、人生の矜持にとりいれている部分ある位には 気に入っています。
公開からだいぶ経ち、最近の単館系でタンゴの女優さん観られますが、亡くなってしまった人もこの映画には出てますし ふとした時また観たくなりますね(^^)

さて、ちょっと残念なお知らせです。
既にご存じかもわかりませんが…

NYで大佐が食事に行く『the Oak Room 』
どうやら2011年にクローズしたようです。
私事ですが、来月NY 行くので調べてみてわかり。
映画を映画の中で楽しむ意義が増えましたf(^^;

大佐が泊まった『Waldorf Astoria NY』は健在で、
2013のホテルアワードに選ばれているようです。

同じ映画のファンとして、書き込みさせていただきましたm(__)m
お互い、良いフィルムや旅に出逢えますように☆
  • 2015/02/19
  • ショコラさん
 【ショコラさんへ】

はじめまして、ショコラさん。
コメントありがとうございます。

この映画は私も大好きな1本で
おそらく毎年1回は観ていると思います。

確かに公開からけっこう経っていますし
亡くなられた方もいると思いますが
映像として、作品として
残っているというのが素晴らしいことだと感じます。
それもまた映画の良さなんでしょうねっ。

あと「the Oak Room」が閉店したのは知りませんでした。
私はニューヨークはもちろん、海外に行く機会はほとんどありませんので
なかなかそういうところに行くことはできませんが
本作に限らず、映画に登場する場所に
実際に行ってその雰囲気を楽しむことほど贅沢なことはないなぁと思います。

大佐が泊まった「Waldorf Astoria NY」は
実際に素晴らしいホテルだったんですねっ。
さすが大佐といった感じで、とても嬉しいです。
機会がありましたらぜひ泊まってみたいものです。

こちらこそありがとうございました。
今後もショコラさんにとって素晴らしい1本にめぐり会えるといいですねっ。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2015/02/22
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「セント・オブ・ウーマン / 夢の香り」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/25-c67e66b2