1. TOP
  2. [ SF ファンタジー映画 ] ファンタジー
  3. チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場

2008.02.09

映画「チャーリーとチョコレート工場」

 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップの4度目の顔合わせは、ロアルド・ダール原作の人気ファンタジーの映画化。ウォンカ氏が経営する巨大なチョコレート工場に、5人の子どもたちが招待され、驚くべき体験をする。5人のなかで、唯一、貧しい一家の少年チャーリーで、天才子役のフレディー・ハイモアが名演技を披露している。ほぼ原作どおりの展開に、ウォンカ氏の幼少期のトラウマなど新たなエピソードが加わり、彼の人物像に深みが出た。
 本作最大の面白さはティム・バートンらしいブラック&シニカルなテイストだろう。子どもたちの性格や運命は原作以上に強烈だし、おかっぱ頭のジョニー・デップの演技も異様なインパクトだ。映像では、工場で働く小さな人々「ウンパ・ルンパ」や、クルミを割るリスたちなど、実写とCG、アニマトロニクスを駆使したマジカルな場面が必見。工場内のツアーは、テーマパークのアトラクションのごとく進み、各ポイントでのカラフルで奇妙な風景は目に焼き付いて離れない。

 【 出演 】
ジョニー・デップ, フレディー・ハイモア, デヴィッド・ケリー, ヘレナ・ボナム=カーター, クリストファー・リー

 【 監督 】
ティム・バートン



 【 感想 】

 この映画「チャーリーとチョコレート工場」をみなさんは観たことがありますか?ティム・バートン監督が贈るファンタジー映画です。主演は数々のティム・バートン作品に出演しているジョニー・デップ、ファンタジーということで個性的な役を演じています。夢のような不思議な世界を魅せてくれますので、家族で楽しめる作品だと思います。

チャーリー 少年 ( フレディー・ハイモア )


 貧しい家で育ったチャーリーはとても家族思いで優しい少年です。少年の楽しみといえば、年に1度の誕生日に買ってもらえるチョコレート。そのチョコレートとは世界一大きく有名なウォンカのチョコレート工場で作られたもの・・・そんなチョコレート工場に5人の少年が招待されることになったのです。

 その5人の少年の選び方は、世界で売られているウォンカのチョコレートの中に入っている5枚の「ゴールデン・チケット」を手にした者だけ。そして、なんとチャーリーがその5人の中の1人に選ばれたのです。ということで「チャーリーとチョコレート工場」の物語が始まります。

チャーリーの家族ゴールド・チケットを当てたチャーリー

「 ゴールデン・チケット 」を手に入れた 5人の 子供たち


 ウォンカのチョコレート工場には「ゴールデン・チケット」を手に入れた5人の子供、そしてそれぞれの保護者が見学することができるのです。この「ゴールデン・チケット」というのは本当に価値があるんです。というのもウォンカのチョコレート工場を見学するということが世界の子供たちの夢でもあったんです。なので大金を使って手に入れた者や、計算で手に入れた者、チャーリーのようにほんとに幸運で手に入れた者などさまざまです。ということで性格もさまざま、個性豊かな5人の子供たちが集まり、いざウォンカのチョコレート工場の中に入るのです。

幸運な子供たち 1幸運な子供たち 2幸運な子供たち 3幸運な子供たち 4幸運な子供たち 5

ウィリー・ウォンカ ( ジョニー・デップ )


 チョコレート工場の経営者がジョニー・デップ演じるウィリー・ウォンカです。見た目でわかるようにとても風変わりな性格をしており個性的な男なんです。しかし、チョコレートのことに関しては天才的で、お菓子に関するさまざまな発明もしています。そんなウォンカが贈るチョコレート工場の見学ツアー。楽しませてくれます。

ウィリー・ウォンカウィリー・ウォンカ 2

夢が詰まった ウォンカ の チョコレート工場


 まさに夢の詰まったチョコレート工場です。すべてがお菓子でできている場所が出てきたり、不思議なお菓子を作っているところ、出てくるすべてが不思議で夢が詰まっています。もちろん5人の子供たちは大はしゃぎ、私も1度は行ってみたいと思いました。

すべてがお菓子不思議なお菓子の発明

チョコレート工場 の 小人 ウンパルンパ


 世界一のチョコレート工場ということで、やはりウォンカだけで運営しているわけではありません。チョコレート工場で働く従業員がいるんです。その従業員がなんとたくさんの小人たち「ウンパルンパ」です。ウンパルンパはみんな顔が一緒で、いたずら好き、工場中をちょこちょこと走り回ります。たまにみんなで踊りながら歌を唄ったりと、楽しませてくれます。

不思議な小人小人たちのダンスと歌

映画 「 チャリーとチョコレート工場 」のDVD・サントラ音楽・ポスター


映画関連のグッズ・おもちゃ・フィギィア


こんばんは~ いつもどうもです。 (^^)
今日は寒いですね~ パッチさんの所はどうでしょうか?

ティム?バートンらしいファンタジーですがこの作品は大人が観るより子供向けな作品ですね~(^^)けど自分もあの工場に行きたいです!
童話のように子供は素直に育たなくては駄目だ みたいな戒めのようなブラックユーモアがたっぷりでしたね。
ジョニー?デップとのコンビで「シザーハンズ」のようなドラマチックファンタジーではなく大人から子供まで楽しめるファンタジーでした。
自分としてはウンパ?ルンパがかなり好きですね~ あの役者さんは「ネバー?エンディング?ストーリー」にも出演されているようです。
またビックリしたのがウォンカの歯科医のお父さんは「ロード?オブ?ザ?リング」のサルマンでしたね~(^^)
色々、発見も多い作品です!
  • 2008/02/09
  • ユウ太さん
あれ? やはりPCからでないと文字がうまく変換されませんかね~
パッチさんすみません 汗汗汗っ
  • 2008/02/09
  • ユウ太さん
 【ユウ太さんへ】

こんばんは、ユウ太さん。
コメントありがとうございます。
もしかしたら携帯からコメントをくださったんですか?
全然構いませんよっ。
とても嬉しいです。
ありがとうございます。

今日はほんとに寒いです。
こっちは大雪で革靴だとツルツルすべって大変でした。
明日は大丈夫かな・・・。

ティム・バートンらしいファンタジーな世界を魅せてくれますねぇ。
ブラック・ユーモアも彼らしいと思います。
子供から大人まで楽しめる作品だと思いますが、
観ながら「甘そうだなぁ~」なんて思ってしまいました。
おそらく子供のころの私なら、うらやましさで溢れているんでしょうねっ。
しかし、そんな今の私ですが、行ってみたいと思わせるすばらしい工場でした。

私もウンパルンパがとても気に入りました。
とても魅力のあるキャラクターですよねっ。
「ネバー・エンディング・ストーリー」に出演されていたんですか?
だとするとけっこう俳優経験のある方なんですねっ。
「ロード・オブ・ザ・リング」のサルマン・・・?
全く気づきませんでした。
どっかで見たことはある俳優さんだなぁとは思っていたんです。
というか「ロード・オブ・ザ・リング」の紹介をできないぐらい記憶が曖昧なのでまた再鑑賞しなくてはいけませんねっ。
発見は映画をより楽しませてくれます(^^)
  • 2008/02/10
  • パッチさん
ご無沙汰してます!!

まだネット環境が回復しませんi-229

野乃も最近友人に借りてみました。
ジョニーさんかなりお肌きれいですよね。i-239
しかもかなりファンタジーでした。
でも考えさせられる内容ですよね。i-227
親の教育とか生活環境とか色々取り上げられていましたが。
でも話し自体はとっても楽しい物でした。i-179
若干ブラックユーモア的な要素もあった気がしますが・・・i-229
  • 2008/02/11
  • 野乃狐晴さん
 【野乃孤晴さんへ】

こんばんは、野乃孤晴さん。
お久しぶりです。
まだパソコンが回復していないですねっ。
それはとても不便ですねっ。
早く直ることを祈っています。

ジョニー・デップは肌綺麗ですねっ。
そしてとてもキャラクターの強い役を演じていましたねっ。
とても似合ってました。
それにしてもほんとに夢のような工場ですよねっ。
子供なら誰しもが行ってみたいと思うかもしれません。
ブラック・ユーモアは、監督のティム・バートンらしいですねっ。
行ってみたいような行きたいようなファンタジーな世界を描くのがうまいと思います。
この微妙な感覚が物語を飽きさせない部分なのかもしれませんねっ(^^)
  • 2008/02/12
  • パッチさん
おはようございます^^
この映画、まさにこの時期にぴったりの映画ですよね!
私もこの映画を最初に鑑賞した頃、ジョニデが演じているのを知らなかったんですよね。あの白い肌にシルクハット姿。。
鑑賞してから、初めて彼と気付きました(^^;
呆れて物が言えないですよね~。ww

それと、今気がついたんですがヘレナ・ボナム=カーターはここではお母さん役で出演していたですね~。
スウィーニー・トッドでも共演していましたが、こちらでも共演者だったんですねぇ^^
この不思議な世界観は鑑賞した方は、深い印象に残る作品ですよね。
では、私もレビューを書いてあるのですが、かなりいい加減な文章で、お恥ずかしいから、TBは今回は自粛しておきます^^
では、では!
応援させてくださいね凸
  • 2008/02/14
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんにちは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。
そうですねぇ。偶然ですけれども時期的にぴったりでした。
ジョニー・デップと知らずに鑑賞されたんですねっ。
やはりジョニー・デップはいろんな格好で役を演じることがあるので、気づき難いかもしれませんねっ。

この母親はヘレナ・ボナム=カーターという名前なんですねっ。
顔は知っていますけど、名前までは覚えていませんでした。
ハリー・ポッターでも死喰い人として出演していましたねっ。
スウィニー・トッドにはハリー・ポッターの出演陣がけっこう出ていて、ヘレナ・ボナム=カーターを始め、スネイプの人や、ロンのねずみに変身していた人も出ていてびっくりしました。
といってもCMで確認しただけですけどねっ。
あと、ヘレナ・ボナム=カーターはティム・バートンの奥さんですよねっ?
最近お子さんが産まれたと聞きました。
なのでティム・バートンの作品には多く出演しているのかもしれません。

応援ありがとうございます。
トラックバック、全然してもらっていいですよっ。
ぴーちさんならどんな記事でも大歓迎です(^^)
  • 2008/02/14
  • パッチさん
こんばんは!
そうそう、ハリポタに主演していました♪
悪役の女性の役でしたよね^^
思い出しました!!
スネイプ役のアラン=リックマンも、
そうそうw
ねずみ役のねずみ顔の俳優さんも(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ笑
それと、ティム・バートンの奥様だったんですか!ヽ(゚Д゚;)ノ!!
お子さんまでお生まれになったなんて!
パッチさんとこに、連絡があったんですねww

では、お言葉に甘えて
TBさせていただきますね!
と言いましても、かなり以前の記事なので
後ほどさせていただきます☆

では、では!
またお邪魔させてくださいね^^
応援!友チョコっと♪
  • 2008/02/14
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。

そうなんですよねぇ。
ハリポタのキャストがけっこう出演しているみたいです。
ティム・バートン監督はもしかしたらハリポタファンなのかもしれませんねっ。
あと奥さんというは最近知りました。
きっと幸せいっぱいでしょうねぇ。
もちろんバートンから連絡ありました(^^)

はいっ、トラックバックしてください。
後ほどですねっ。
了解です。

いつも応援ありがとうございます。
そしてチョコレートありがとうございます(^^)
  • 2008/02/14
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「チャーリーとチョコレート工場」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/243-8b5bdc3c
  • 【ピアニッシモ・ストーリー】
  • 2008/02/14