1. TOP
  2. [ SF ファンタジー映画 ] アドベンチャー
  3. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

04.03

不死鳥の騎士団のポスター


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 ホグワーツの5年生になって学校に戻ったハリー(ダニエル・ラドクリフ)。しかし、ホグワーツでは「闇の帝王」ヴォルデモートが蘇った事実が全く知られていなかった。ファッジ魔法大臣は、ダンブルドア校長が自分の地位を狙って嘘をついていると疑う。ダンブルドアとホグワーツの生徒たちを監視するために、「闇の魔術に対する防衛術」の新任教師、ドローレス・アンブリッジ先生を送り込む。ドローレス先生の仕打ちから、窮地に陥れられたハリーは…。

 【 出演 】
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム・カーター、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、ゲイリー・オールドマン

 【 監督 】
デヴィッド・イェーツ



 【 感想 】

 この映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」をみなさんは観たことがありますか?「ハリー・ポッター」シリーズ第5弾のファンタジー映画です。タイトルの通り「不死鳥の騎士団」が登場し、その他に「ダンブルドア軍団」というのも結成されます。この2つの組織は何のために結成されたのか?もちろん闇の帝王であるヴォルデモートとの戦いのためですねっ。ということで今回は魔法による戦いがたくさん出てきます。手に汗握る戦いを存分に楽しませてくれます。

新たに登場する主要人物の紹介


ドローレス・アンブリッジ ドローレス・アンブリッジ (イメルダ・スタウントン)
魔法省から「闇の魔術に対する防衛術」教授として派遣された。
生徒からすごく嫌われている。

ルーナ・ラブグッド ルーナ・ラブグッド (イヴァナ・リンチ)
ホグワーツ魔法魔術学校レイブンクロー寮に所属する生徒。
周りの人から変な女の子だと思われている。

ベラトリックス・レストレンジ ベラトリックス・レストレンジ (ヘレナ・ボナム=カーター)
アズカバンに収監されていた死喰い人。
ネビル・ロングボトムの両親を殺した魔法使い。



「不死鳥の騎士団」結成


 闇の帝王であるヴォルデモートが復活してしまいましたねっ。それに伴いダンブルドアはヴォルデモートと戦うためにある組織を再結成したのです。それが「不死鳥の騎士団」です。シルウス・ブラック邸に本部を置き、メンバーはダンブルドアを始めシリウス・ブラック、マッド・アイ・ムーディ、リーマス・ルーピン、ニンファドーラ・トンクス…などほんとに頼もしい魔法使いばかりです。

不死鳥の騎士団結成

新任教師 ドローレス・アンブリッジ(イメルダ・スタウントン)


 毎回「闇の魔術に対する防衛術」の教師が変わってますが、今回はドローレス・アンブリッジという先生です。彼女は魔法省から送られてきた先生で、ホグワーツの生徒たちが魔法省に対抗するための組織を作るのではないのかという恐れから、生徒に全く実技を教えないのです。

アンブリッジ

 これはほんとに最悪ですよねっ。ヴォルデモートが復活した今、ハリーを初め多くの生徒は闇の勢力に対抗しうる力を手に入れなければいけないのです。それなのに、学校で魔法の技術が向上しないのは危険なことなのです。魔法が学べないのに、危険が迫っているという最悪な状態になってしまいます。

 さらに最悪なことにアンブリッジは「ホグワーツ高等尋問官」に就任し、ダンブルドアが不在となれば校長に代わりさらなる権力を使って、生徒からすべての自由を奪うかのようなあらゆる規制を作ってしまうんです。もうこうなったらホグワーツが一気に変わってしまいます。ほんとに最悪な魔法使いがホグワーツにやってきてしまいました。

アンブリッジの罰

「ダンブルドア軍団」結成


 アンブリッジの登場でヴォルデモートに立ち向かう魔法を学べなくなった生徒たちはこのままだといけないということで、魔法の練習をするための秘密の組織を作ったのです。それが「ダンブルドア軍団」、そしてみんな魔法を教えるのは今まで数々の死線を乗り越えてきたハリー・ポッターです。どんな映画でもそうですが、このような練習のシーンは大好きです。

 初めはやっぱりうまくいかないのですが、ハリーの指導のおかげでどんどん上達していくのは良かったです。ハリーの指導ももちろんですが、危険が身近に迫っているという危機感が、そうさせているのかもしれませんねっ。

ダンブルドア軍団

ハリーとチョウ・チャンの恋


 前作「炎のゴブレット」でハリーはチョウ・チャンに一目ぼれをしていましたが、チョウ・チャンはセドリックといい仲になっていました。しかし、そのセドリックはもういません。チョウ・チャンは悲しみをこらえて「ダンブルドア軍団」に入り、みんなと共に魔法のトレーニングをしていましたが、そこでハリーといい感じになります。

 これは流されてそうなったのか?セドリックの悲しみを忘れるためのキスだったのか?このような危険が迫る状況で、恋愛なんてしている場合ではないのかもしれませんが、やっぱりハリーたちはまだ子供なのです。ハリーをはじめ、ロンやハーマイオニーたちの恋愛模様も本シリーズの見所なのだと思います。

ハリーとチョウチャンのキス

魔法省「神秘部」での戦い


 シリウス・ブラックが魔法省の神秘部でヴォルデモートを前で倒れている光景がハリーの頭の中に現われます。罠かもしれないと思いつつダンブルドア軍団は魔法省の神秘部に向かうのです。とっても暗く静かな神秘部、そこに現われたのは死喰い人、ということで「ダンブルドア軍団 vs 死喰い人」の戦いが始まります。

 死喰い人はヴォルデモートの手下ということでかなり強敵ですが、ダンブルドア軍団も秘密の特訓をしてきたので簡単にはやられません。とっても緊迫した戦闘シーンが始まります。

魔法省での戦い

 特訓をしてきたダンブルドア軍団でも、さすがに闇の魔法に長けた死喰い人には適いません。そこで登場してくるのが不死鳥の騎士団です。やはり頼もしいですねぇ、一気に形成逆転です。死喰い人、ダンブルドア軍団、不死鳥の騎士団が入り混じる魔法省はまさに戦場です。

シリウス・ブラックは・・・


 加勢にきた不死鳥の騎士団ですが、シリウス・ブラックが不思議な鏡みたいなところに吸い込まれてしまいます。これはほんとにショックです。なんといってもハリーの唯一の身内といいますか、家族みたいな存在だっただけに、シリウス・ブラックがいなくなってしまったというのはとても残念でした。

 死んだという確証はありませんので、生きていることを祈りたいですねっ。やはりシリウス・ブラックの存在というのはハリーにとってとっても大きいものですので、また帰ってきてハリーを支えてもらいたいと思います。

シリウスとハリー

ダンブルドア vs ヴォルデモート


 最も恐ろしい魔法使いといえばやはりヴォルデモート。とうとう闇の帝王がハリーの前に現われたのです。ヴォルデモートの迫力と醸し出す緊迫感はやっぱりすごいです。これまでの死喰い人よりも圧倒的な存在感がありました。

ヴォルデモート

 しかし、不死鳥の騎士団にも素晴らしい魔法使いがいますよねっ。唯一ヴォルデモートに匹敵する魔法力を持つダンブルドアが助けにやってくるのです。この映画の一番の見所、このハリー・ポッターシリーズの中で最強の魔法使いの2人が戦うのです。ほんとに激しい魔法がぶつかり合い、壮絶で迫力のある魔法の決闘になっています。ぜひこの戦いは大画面で観てもらいたいです。

ヴォルデモートダンブルドア

ダンブルドア対ヴォルデモート

関連記事

関連記事

映画「ハリー・ポッター」シリーズのDVD・Blu-ray・原作本・小説・サントラ音楽

こんばんは!パッチさん^^
いよいよ記事をUPされましたね!
パッチさんの記事を読ませていただいて、
また映画の感動が蘇って来ました。
今回は、CM畑でその腕を磨いてこられたデヴィッド・イェーツ
監督だけあり、原作に非常に忠実に描かれていたのかもしれませんね!それに、今までとは一味違った映像が観られたようで良かったです。
特に、最後のボルさんと、ダンブルドアとの戦いは
本当に見ごたえがあり、ダンブルドアの魔法の偉大さを
見せ付けられました。
シリウス・ブラックは出番がすごく多かったですね!
多いのは結構なんですが、最後はどうしたんでしょうか...?
非常に気になる消え方をしてしまいましたよねぇ・・
私は原作を読まないので、その先は存じませんが
また6作目までのお楽しみとなりました。

今回オーディションで選ばれた『イヴァナ・リンチ』は
不思議なキャラクターで、とっても可愛らしい女の子でした^^
今回は子供と観に行ったので、日本語吹き替えで観賞したのですが、DVDが出たら彼女の本来の声も聞いてみたい気がしました!

では、応援で~す!
  • 2007/07/29
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさんっ♪
コメントありがとうございます♪

この監督は確か劇場映画の経験はあまりないんですよねっ♪
インパクトを出すやり方がけっこう同じ方法のシーンがいくつかあったので、この監督はこの方法が好きなんだなぁなんて思いながら観ていました♪
そのおかげで時間も長く感じなかったですし、楽しめました♪

ヴォルデモートとダンブルドアの戦いはこの映画の見所かもしれませんねっ♪
とても迫力があってすごかったです♪
さすがダンブルドアっ!がんばれっ!って応援していました♪
シリウス・ブラックは原作でもたくさん登場しているのもあって、登場シーンがけっこうありましたねっ♪
ゲイリー・オールドマンは好きな俳優さんなので、とても嬉しかったです♪
一体シリウス・ブラックはどうなってしまったんでしょうね…♪
実は私も知らないんです♪
きっと7作目で明らかになるんでしょうねっ♪

ルーナ役の人ですよねっ♪
私は字幕で観ましたけど、とても違和感のない声でしたよっ♪
不思議さが出ていたと思います♪

今から「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が楽しみです♪
とってもおもしろいですよっ♪
下巻を駆け抜けて読んでしまいました♪
早く映画化されてほしいです(^^)
応援ありがとうございます(^^)
  • 2007/07/29
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/231-18e0e9bf
  • 『ハリーポッター~不死鳥の騎士団~』
    ハリーポッター《不死鳥の騎士団》いよいよ7月20日公開!!ロードショー配給:ワーナーブラザーズファンタジーアドベンチャー/アメリカ/2時間18分ストーリー15歳のハリーは、邪悪なヴォルデモートの復活を
  • 【ピアニッシモ・ストーリー】
  • 2007/07/29
  • 【pure\'s movie review】
  • 2011/01/05