1. TOP
  2. [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害
  3. ロレンツォのオイル / 命の詩

ロレンツォのオイル / 命の詩

2006.05.16

映画「ロレンツォのオイル」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 オーグスト(ニック・ノルティ)とミケーラ(スーザン・サランドン)のひとり息子ロレンツォが難病の副腎白質筋ジストロフィーに冒されてしまった。専門医(ピーター・ユスチノフ)にも見放されたわが子の命を救うため、夫婦は何の医学的知識も持たないにもかかわらず必死の努力の末、ついに新薬“ロレンツォのオイル”を生み出していく…。

 【 出演 】
ニック・ノルティ, スーザン・サランドン

 【 監督 】
ジョージ・ミラー



 【 感想 】

 発病して3年以内に確実に死ぬ

 この映画「ロレンツォのオイル / 命の詩」をみなさんは観たことがありますか?感動の実話映画です。「発病して3年以内に確実に死ぬ」といわれる「副腎白質ジストロフィー」と呼ばれる病気にかかった主人公ロレンツォとその息子を助けようとする両親の物語です。映画「レナードの朝」がお好きという方には特におすすめの作品です。

「副腎白質筋ジストロフィー」とは?


 + 副腎白質筋ジストロフィー

 副腎白質ジストロフィー(ALD)という、極めて珍しい遺伝性の難病があります。この患者は生まれつき体内の脂肪酸を分解する酵素を持っていないため、脳に長鎖脂肪酸(炭素数24~26)が蓄積し、これがミエリン(神経を包む「さや」のような器官)を溶かして神経の機能を失わせてしまうのです。

 5歳くらいに発病し、徐々に体機能が衰えて2年ほどで悲惨な死に至る非常な難病です。

親子愛の力


 病院に息子のロレンツォを連れていっても、治療方法もわからない病気に対して何もしてくれません。それどころか、息子の命に関わることなのに今後の医学発展のために実験の目的で薬を出したりします。でも、医学に対して何の知識もないロンレンツォとその両親は、医者の言うとおりにせざるを得なかったのです。

 しかし、なかなか症状が回復せず医者も当てにならないことに腹を立てた両親は、とうとう自分たちの力で息子ロレンツォの病気を治そうと奮闘するのです。

 ロレンツォを助けようと、必死で医学を学ぶ両親の姿にとても感動します。親子愛のすばらしさがわかる作品です。なんといっても全く医学知識のない状態からスタートなんですもんねっ。すべては愛する息子のため、すべての時間を医学の勉強に使うんです。その姿と愛に本当に感動しました。

医学とは親子愛

 あとやはり父であるニック・ノルティと母スーザン・サランドンの演技が素晴らしかったです。ただ心配するといった感情ではないんですよねっ。息子の病気のことを考えると気がおかしくなるかのような感情と、医学の勉強の中無数の壁にぶつかりながらも前に進むことをやめない姿、ほんとに見事に表現していましたし、痛いほど伝わってきました。

母父

新薬「ロレンツォのオイル」


 この「ロレンツォのオイル」という映画タイトルは、実は実際にある薬の名前なんです。ロレンツォを愛するがゆえに、両親が自らの手で生み出した薬なんです。医者たちが全く歯が立たなかった病に対して、真正面から立ち向かい想像を絶するような努力の結果生み出された新薬が「ロレンツォのオイル」なんです。

 この薬のおかげで今では、ロレンツォと同じ病気にかかった多くの人たちが助かっています。まだこの映画を鑑賞したことない人はぜひ観てください。命の尊さ、そして愛の力を教えてくれる素晴らしい作品です。ラストのエンドロール・・・涙が流れます。

親子がもたらした奇跡

映画「ロレンツォのオイル / 命の詩」のDVD

大多数が「NO!」でも、自分を信じる、
可能性を信じることの大切さを
あらためて知らせてくれる映画でもありますよね。
わたし、ビデオ持ってます。

実話ですから、感動もひとしおです。太字の文
  • 2006/11/11
  • アレクサンドリア堀井さん
 【アレクサンドリア堀井さんへ】

はじめましてっ、アレクサンドリア堀井さん♪
コメントありがとうございます♪

やはり親が子を想う力というのはすごいんですねっ♪
親子愛がもたらした功績ですよねっ♪
ほんとにいい映画です♪
ビデオ持っているんですか?
かなりお気に入りの作品なんですねっ♪

ほんとに実話映画というのは、より心に伝わってきますもんねっ(^^)
  • 2006/11/12
  • パッチさん
パッチさんのブログを拝見していて是非観たいと思っていました。
昨夜、鑑賞出来ました。

良い作品でしたね~。 100%助からないという病気に最後まで諦めず、子供を信じて挑戦し続けるご両親と、体を動かすことも出来ず意識もほとんどなかったけど頑張って耐え続けた子供さん。 本当に「この子は素晴らしい子」という台詞には涙が出ましたね(これ書いててウルウルしてますわ~)
親の努力と挑戦、そして子供の頑張りには涙があふれていました。

親と子供が頑張り続けた結果、何人という家族を救う事が出来たというドラマは素晴らしかったです。
音楽(プラト-ンと一緒ですか?)も内容もそして実話という事も全て素晴らしかったです。

まさに「事実に勝る物はない」ですね。また良い映画に出会えました。
(^^)
  • 2006/12/13
  • ユウ太さん
 【ユウ太さんへ】

コメントありがとうございます♪
ブログを参考にしてもらえて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

いい作品ですねっ♪病気になったロレンツォもそうですけど、両親のがんばりにすごく感動しましたっ♪
私ならきっとお医者さんの言う通りに治療を受けると思います♪
お医者さんは絶対みたいなイメージがありますもんねっ♪
我が子の病気を治したいがために相当な努力をしたでしょうねぇ♪
両親の愛がロレンツォを救ったのだと思います♪
その結果、たくさんの命が救われてほんとによかったと思います♪

音楽、プラトーンと一緒なんですかねぇ?
ちょっとわからないです(>_<)
でも実話というのはいいですねっ♪
しかもハッピーエンドの実話は、心温まります♪
ほんとにすばらしい作品ですねっ(^^)
  • 2006/12/14
  • パッチさん
パッチさん。
こんにちは★
私のブログでこの映画を教えて下さりありがとうございました。

今まさに観終わったところです。
パッチさんがご紹介してくれた数々の映画の中でこの『ロレンツォのオイル』が何故か私の触角にヒットしてしまい(笑)
頭から離れず昨日DVDを借りて来ました。
で・感想ですね。
言いたい事や感じた事が沢山あるのですが。
やっぱり!!!
これです。子を思う親の計り知れない愛情です。
しかもこの両親は医者を相手に議論してしまう程の教養にも
満ち溢れていたのですね。
誰でも出来る事ではないですが・それを実際に行動に移した
この両親に最大の拍手を送りたいです。
しかも実話で現在もこの薬で救われている子供達がいるって事は
素晴らしいですね。


ニック・ノルティと スーザン・サランドンの真に迫った演技が
涙を誘います・・。
特にニック・ノルティが一人苦悩するシーンは無愛想な刑事役しか知らない私には驚きと新鮮さが交差しました。
(映画の内容と関係なかったですね・笑)

現在も頑張っているロレンツォがいるって事が嬉しいですね。
それにしてもこの親の愛で医療の世界までも震撼とさえてしまう
医療って・・。
劇中に父親が言う『ただ医者の言う事に盲従していいのか』って
言葉がとても印象的で衝撃的でした。
実際ロレンツォの場合はこの両親だったからこそ救われたの
だから・・。

何だかダラダラと長くなってしまい申し訳ありません(汗)
もう少しまとめてから来るべきでしたね(笑)

★パッチさん★素晴らしい映画を教えて下さりありがとう★




  • 2007/04/28
  • アビーさん
 【アビーさんへ】

こんばんは、アビーさん♪
コメントありがとうございます♪

早速観てもらえて嬉しいです♪
紹介して、すぐに「ロレンツォのオイル」を調べられましたもんねっ♪
私もとても嬉しいです♪
紹介してよかったです♪

ほんとにこの映画から伝わってくる親が子を想う気持ちというものは計り知れないですよねっ♪
医者の努力など、子を想う両親の前では微々たるものなんですよねっ♪
人生を賭けて子供の病気を治すという、病気に対して真正面から戦う姿勢はとても感動的でしたっ♪

ロレンツォと両親の頑張りで、多くの方が病気から救われたというのは本当にすばらしいことですねっ♪
そして、ロレンツォ自身も生きていることがすばらしいです♪
ただ両親の努力というものは、映画という2時間では語りきれないでしょうねっ♪

いえいえ、長いコメント嬉しいです♪
アビーさんの映画から受けた感情というものがよく伝わってきましたよっ♪
こちらこそ早速観ていただいてありがとうございましたっ(^^)
  • 2007/04/29
  • パッチさん
こんばんは!パッチさん^^
この作品、パッチさんの所でいつも
気になっていて、この作品と「薔薇の名前」と「カリートへの道」と
どれを観ようか、迷っていたんですが、
この作品、やっとレンタル出来て、昨日鑑賞しました^^
工業用のオリーブオイルから端を発して、新薬を作ってしまうなんて
凄いですよね。この油は、今「オレイン酸配合の油」や「リノール酸、リノレン散配合」として市場にも出回るようになりましたよね。確か、オクタコサノールもこの油と同じ性質を持っていて、血中のコレステロールを減少させてくれるんですよね!
自分の子供の為と言え、この両親の功績は本当に素晴らしいです。

昔あるドラマで、子供が無実の罪で死刑の判決を受けてしまった両親が法律の勉強を一からやり、雪の日も、風の日も、雨の日も街頭で犯人目撃の為に情報収集をし、それこそ死んでしまうのではないかと思うくらいにしてようやく子供の無実が証明された・・という物語を見ましたが、親や肉親のありがたさ、、しみじみ感じますね。。

それにロレンツァクンの生命力の逞しさ。。
生きようとする懸命さに胸が張り裂けそうになりました。。
久しぶりに良い映画を見る事が出来ました^^
感謝します。
明日、記事はuPする予定です。
パッチさんの記事の素晴らしさを見ると
記事にし辛いですねェ(苦笑

それでは、凸
記事UPしましたら、TBよろしくです^^
  • 2008/11/29
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。

この「ロレンツォのオイル」鑑賞されたんですねっ。
とても嬉しいです。
「薔薇の名前」と「カリートの道」、どちらも素晴らしい作品ですよっ。
「薔薇の名前」はユウ太さんのおすすめで、とても濃厚なサスペンスを味わうことのできる作品です。
そして、「カリートの道」はマフィアの話です。あっ、マフィアの話では「フェイク」もおすすめです。ジョニー・デップとアル・パチーノが主演の実話映画です。
また機会がありましたらご鑑賞ください。

「オレイン酸配合の油」「リノール酸、リノレン散配合」「オクタコサノール」、ぴーちさんはとてもお詳しいんですねっ。
私は全く知識がないのでわかりませんが、ロレンツォのご両親も私のように全くわからない状態から、このようなオイルを作ったというのは本当に頭が下がります。

そして無実の罪の息子さんのために、すべてを注いだご両親の話もほんとに感動的ですねっ。
やはり子への愛情というのは絶大なる力を持っているんですねっ。
そして親の愛というものは、子へも確実に伝わっているでしょうねっ。

この「ロレンツォのオイル」という映画はほんとにおすすめの作品なので鑑賞していただいてとても嬉しいです。
テレビ番組などでも何度か取り上げられているのですが、そのたびに胸が熱くなります。

いえいえ、私の記事は画像で誤魔化している部分がありますので大したことないですよっ。
はいっ、トラックバックこちらこそよろしくお願いします。
いつも応援ありがとうございます。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2008/11/29
  • パッチさん
おはようございます!
パッチさん、夜中にお返事してくださったんですか?
大変、申し訳ありません。というか、大変、感謝します^^
「薔薇の名前」は確か、ショーン・コネリーの主演映画でしたよね?
(違っていたら、すみません。。)
機会がありましたら、鑑賞してみたいと思います。
「フェイク」は存じてますが、いつもレンタルしようか、しまいか
悩む作品なんですよ(^^A
ジョニ様が主演と言う事で一度は鑑賞しなきゃと思いながら
どうも、手が出ない作品でしたが、パッチさんお勧めなら
今度、鑑賞してみますね^^

私はパッチさんもご存じかも知れませんが
以前薬局勤務をしていたので、特にサプリメントや薬に知識は
少しばかり齧った経験上、多少は興味のある分野なだけなんですよ^^
勿論、専門の方達(医者、看護師、薬剤師さん等)の知識の豊富さには
到底及びませんけれどね(笑

それでは、TBよろしくお願います^^
応援凸
  • 2008/11/29
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん。
コメントありがとうございます。

けっこう不規則な毎日を送っているので、意外と遅い時間でも起きていたりします。
なのでご返事が夜中になってしまいました。
「薔薇の名前」はショーン・コネリーです。あと若かりし頃のクリスチャン・スレーターも出演しています。
「フェイク」はマフィア映画の中でもまだ観やすい作品だとは思います。
やはりアル・パチーノ、そしてジョニー・デップの2人がとても良かったです。
はいっ、また機会がございましたらご鑑賞ください。

専門の方々はやはり知識は豊富だとは思いますが、
ぴーちさんぐらい知識があれば生活する上でとても役立つでしょうねっ。
私もサプリメント程度の知識はほしいなぁって思っています。

はいっ、トラックバックありがとうございます。
いつも応援ありがとうござます(^^)
  • 2008/11/29
  • パッチさん
こんばんは。
「ロレンツォのオイル/命の詩」見ました!!
見てよかった!って思える映画ですね!
親の子に対する愛情は奇跡をも生むんですね。「実話」だというのが更に感動を与えてくれますね。母親役のスーザン・サランドンの、一見「狂気」かと思えるほどの執念がひしひしと伝わってきました。
この映画のDVDが欲しいのですが、楽天で調べたら全て売り切れでした。発売元にメールで問い合わせたら、今のところこの映画のDVDの発売予定はないとのことでした。(ガッカリ・・。)
その次は「あなたに降る夢」のDVDを見ました。こちらはロマンチックで、これもまた「見てよかった!」って思える映画でした。
こちらのサイトで下調べをして借りていて、本当にパッチさんには感謝してます。ありがとうございます!
またオジャマします!!
  • 2009/11/07
  • マサカズさん
 【マサカズさんへ】

こんばんは、マサカズさん。
コメントありがとうございます。

この「ロレンツォのオイル」を鑑賞していただいたんですねっ。
ほんとに嬉しいです。
そしてマサカズさんにとって満足のいく作品になれたみたいで本当に嬉しいです。

親の子を思う気持ちがもたらす力と奇跡はほんとに素晴らしいものだと思います。
人生を子供のためにすべてをつぎ込んでいましたもんねっ。
そしてこれが実話ということで、なおさら感動してしまいました。
あと母親役のスーザン・サランドンは素晴らしい演技をしていましたよねぇ。
彼女にしかできないと思わせるような感じがしました。

このDVD、売り切れてしまっているんですねぇ。
それは知りませんでした。
DVDの販売予定がないというのはショックですねぇ。
昔の作品で「マイ・フレンド・フォーエバー」という映画があって、個人的に好きな作品なのですが、DVD化すらされていないのでショックなんですよねぇ。

あと「あなたに降る夢」も鑑賞してくださったのですねっ。
とっても嬉しいです。
これもまたロマンティックで心温まるストーリーですよねぇ。

いえいえ、こちらこそ参考にしていただきありがとうございます。
とっても嬉しいです。
これからも参考になれるような映画紹介ができるようにがんばりたいと思います。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2009/11/08
  • パッチさん
レンタル屋さんで名作としてパッケージ前向きに置いてあったんで借りてみたら、まぁまぁ感動しましたね。むちゃくちゃ感動したい気分だったので(笑) 感動させてくれ~ って想って望んでいたんですけど... 何の病気なんでしょう? 母に相談したら『ワガママ病なのよ』って言われましたが... ワガママ病かなぁ... ロレンツォは、苦しがって可哀想でしたし、支える家族も不憫でしたね。母は、きっとロレンツォが精神病の方だと想ってたんですね。これは、やはり身体の悪い病気ですよね? 冒頭で黒人の子供達と一緒に授業をしていたので、そこらへんが幻想的っていうか、まやかしみたいに見えて、実話だって気付きませんでした。この人達から伝染したんでしょうか? そんな気がするけど違うんでしょうか?
  • 2012/06/09
  • 夜明けの戦いは無しでさん
 【夜明けの戦いは無しでさんへ】

こんにちは、夜明けの戦いは無しでさん。
コメントありがとうございます。

本作を鑑賞されたということですが
それほど感動はされなかったようですねっ。

私は親子愛にすごく感動しました。
子供のためにあれほどまでに努力する姿は素晴らしかったです。

そして実話だと知って、さらに感動したのを覚えています。

ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2012/06/11
  • パッチさん
こんにちは^^
とても参考になりました。
  • 2012/06/15
  • kousu205さん
 【kousu205さんへ】

こんにちは、kousu205さん。
コメントありがとうございます。

参考にしていただきありがとうございます。
親子愛が感動をさそう素晴らしい作品だと思います。

これからも参考にしていただけるようがんばっていきたいです。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2012/06/18
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「ロレンツォのオイル / 命の詩」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/21-199f888c
  • ロレンツォのオイル/命の詩
    ロレンツォのオイル/命の詩 ロレンツォのオイル/命の詩 [DVD](2002/09/27)ニック・ノルティスーザン・サランドン商品詳細を見る 副腎白質ジストロ...
  • 【ピアニッシモ・ストーリー】
  • 2008/11/29
  • 【映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評】
  • 2011/02/06