1. TOP
  2. [ 恋愛映画 ] ラブストーリー ラブコメディ
  3. 愛しのローズマリー

愛しのローズマリー

2006.11.30

愛しのローズマリー


 【 ストーリー・あらすじ 】

 父親の影響で超面食いのハル(ジャック・ブラック)は、自己精神治療師に催眠術をかけられ、彼の目には巨漢の女性が美女に見えるようになる。そんなときに彼はローズマリー(グゥイネス・パルトロウ)に出会ってひとめぼれ。彼の目にはセクシー美女だが、実はローズマリー、体重136キロの巨漢だった!
 アブナイギャクがおはこのファレリー映画、今回もご多分に漏れずだが、テーマは「人間は見た目じゃない」。外見も人間性のひとつだと思うが、この映画はそれだけでいいの?と、観客にも疑問を投げかけてくる。主人公は外見ばかりを重視する現代人をデフォルメしたキャラクターなのだ。個性派のジャック・ブラックはハルにドンピシャのハマリ役。そしてグウィネス・パルトロウが、ハルの目に映るセクシーなローズマリーと真の姿のローズマリーを熱演。ファットスーツで136キロになったグゥイネス・パルトロウは必見だ。

 【 出演 】
グウィネス・パルトロウ, ジャック・ブラック, ジェイソン・アレクサンダー

 【 監督 】
ボビー・ファレリー, ピーター・ファレリー



 【 感想 】

 この映画「愛しのローズマリー」をみなさんは観ましたか?とてもおもしろい作品ですよっ。もしかしたらあなたの恋愛の価値観や固定観念が変わってしまうかもしれませんよっ。グウィネス・パルトロウとジャック・ブラックが贈るラブコメをお楽しみください。

ローズマリー ( グウィネス・パルトロウ )


 みなさんは女性もしくは男性を見た目などの外見で判断しますか?それとも内面の性格で判断しますか?私は内面で判断しているつもりです。とはいうもののやはり100%という自信はありませんっ。いくら内面重視といっても、内面と外見との比重が[8:2]だったり[7:3]といった感じで、決して外面は全く関係ないというわけではないのが現状です。

 それでは、一番の理想はというと見た目が100点で性格も100点の女性or男性がいたらいいですよねっ。ただそんな人まずいないといっても過言ではありません。でも、それがいるんです!!それがこの映画の主人公であるグウィネス・パルトロウ演じるローズマリーという女性なんです。とてもかわいくて性格も素敵なんです。ただし・・・催眠術にかかった人にとってはですけど・・・。

 グウィネス・パルトロウは個人的に好きな女優さんで、「セブン」、「恋におちたシェイクスピア」や「スライディング・ドア」などに出ていましたが、とても綺麗な女優さんで彼女が出す柔らかい雰囲気が好きです。そんな彼女が本作でも綺麗な女性と136キロの女性の二役を演じているので、そのあたりも見所だと思います。

グウィネス・パルトロウ

ハル ( ジャック・ブラック )


 ジャック・ブラック演じるハルは見た目からしてモテない男なんです。しかし女性を見た目でしか判断せず、とても面食いなんです。そんなハルは精神科医に「性格がすばらしければすばらしい程見た目が美しく見える」ように催眠術をかけられてしまいます。というわけで巨漢の女性がセクシー女性に見えてしまいます。

ハル ジャック・ブラック

 先ほどこの映画の主人公であるローズマリーは見た目も性格も100点といいましたが、それは催眠術のかかったハルにとってはということなんです。実際のローズマリーは…体重136キロの巨漢で決して美しいとはいえません。
 ということで催眠術にかかったハルがそんなローズマリーに恋をしてしまい物語が始まります。

 ハルを演じたジャック・ブラックは、「スクール・オブ・ロック」や「ナチョ・リブレ 覆面の神様」からもわかるように、やっぱりコメディの演技がうまいですねっ。それに加え、シリアスな演技もきちんとこなしているので、とても器用な俳優さんだなぁと思いました。

画像 愛しのローズマリー1画像 愛しのローズマリー2

コメディ満載のデート


 ハルにとってローズマリーが100点満点の女性に見えていても、他の人は催眠術にかかっているわけではないので、周りから見れば二人のやり取りがとってもおもしろいです。いきなりローズマリーの座っている椅子が壊れてしまったり、ジュースを飲むスピードが尋常じゃなく早かったり、細くてか弱そうなローズマリーではありえないようなことが次々に起こります。実際は巨漢ですので、ありえることばかりなんですけどねっ。

 個人的にハルを演じたジャック・ブラックも、ローズマリーを演じたグウィネス・パルトロウも好きな俳優さんと女優さんですので、とても楽しむことができました。ジャック・ブラックはコメディもシリアスもできる演技の幅が広い俳優さんですので、今回素晴らしい演技を魅せてくれていたと思います。

 そしてグウィネス・パルトロウの演じたローズマリーは性格がとってもいい女性ということで、それほど特徴のない役柄なので逆に難しかったのではないかなぁと思いました。

コメディ要素

外見か内面か


 この映画を通して「人は見た目ではない」ということが本当に学べます。とはいってもやはり女性もしくは男性は見た目が重要という人がいると思います。それはそれでいいと思いますっ。恋愛において価値観は人それぞれ違いますもんねっ。

 でも、「人は見た目ではない」というのは恋愛以外においても重要だということが学べます。もちろん服装や表情など性格が見た目に表れたりもしますが、やはり人を判断する上では内面をしっかり見ないとわかりません。そういう意味でいろいろと再確認させられた作品でもあります。とても楽しませてくれるロマンティック・コメディ作品でした。

デートをする二人

映画「愛しのローズマリー」のDVD

こんばんは!
いや~、この映画大好きですよ♪
ハルとローズマリーの関係はもちろん、ハルとあの病院の子供達との触れ合いが感動しました!
ハルが催眠術にかかっている時は全くの健常者に見えたのに、解けた後に本来の姿が見える…。
このシーンは、ほんとウルウルしてしまいます!
  • 2006/12/01
  • カっツンさん
 【カっツンさんへ】

こんばんは、カっツンさんっ♪
コメントありがとうございます♪

カっツンさんもこの映画大好きですか?
いいですよねっ♪
ハルの病院でのふれあいは本当にいいですよねっ♪
あれは感動です♪
恋愛において「人は見た目じゃない」ということだけでなく、すべての人に対して「人は見た目じゃない」というのが伝わってきてよかったです♪

催眠術が解けたときには、ハルは昔のハルとは変わってましたよねっ♪
感動さしてくれるいい恋愛映画です(^^)

  • 2006/12/01
  • パッチさん
コンバンハ~♪
パッチさん★
この所、お留守にしていまして
大変申し訳ありませんでした・・・・。
そして、とても温かいコメントをいただきまして
ぴーちは・・・本当に幸せ物でございますo(ToT;):アゥアゥアゥ   
また、パッチさんの温かいお言葉を
頂戴したくて、飛んできました^^

今度の映画はラブものですね♪
私も今日、『パイレーツ・オブ・カリビアン』
を借りて参りまして、観ようかと思ってます♪
『パイレーツ・・』といえば、『キーラ』です^^

私も催眠術かけてみたくなりましたね~!
この映画も、おもしろそうですね^^

それでは、またおじゃまさせていただきま~す★
  • 2006/12/02
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

コメントありがとうございます♪
帰ってきてくれたんですねっ♪
やっぱり寂しいものですよっ♪
仲良くしてもらっているだけにちょっと衝撃は大きかったですけど、戻ってきて嬉しいです♪
マイペースに気が向いたときにブログを更新するだけでいいと思いますよっ♪
これからもよろしくお願いします(^^)

バイレーツといえばキーラ出てますねっ♪
お姫様役なので、きっとぴーちさんはもっと好きになってしまうかもしれませんねっ♪
デッドマンズ・チェストにも出ているので観ないといけませんねっ♪

はいは~い♪いつでも遊びに来てくださいねっ(^^)
  • 2006/12/03
  • パッチさん
こんばんは!

この映画、何かの予告で知って、面白そうなので観てみようと思ってたまますっかり忘れ、未だ観ておりませんです^^;

予告で惹かれましたからね。本編はさぞかし面白いことでしょう。
恋愛・コメディのジャンルは最近観てないので、今度観てみます!




  • 2006/12/06
  • らいさん
 【らいさんへ】

こんばんは、らいさんっ♪
いつもコメントありがとうございます♪

まだ観ていないんですねっ♪
けっこうおもしろいですよっ♪
それにいい映画だと思います♪
まず、催眠術によって内面がよければいい程見た目がよく見えるという設定からしておもしろですもんねっ♪

私も最近、恋愛コメディ観てないですねぇ♪
ぜひぜひ観てくださいっ(^^)
  • 2006/12/07
  • パッチさん
こんばんは♪
パッチさん!
先ほど見終わりまして、早速【HOT】なうちにコメントさせていただきますね^^
この映画、本当にコメディータッチで楽しく鑑賞することが
出来ました!
主人公のハルさんのダンスにまず、笑ってしまいますね♪
人間まずは外見から自分好みか、否かを判断してしまうと思います。許容範囲内でしたらとりあえずはOKかなとか・・ね^^
でも人間の魅力って、その人と会話なりして初めて【あれ?】と
気づかされる部分って大きいことがあります。
目を閉じて何も見えない状態で、相手とお付き合いをしてくださいという設定だとしたら、きっとその人の性格や言動を重視し
本当に自分にとってのBESTな関係が築いていける相手かという判断が出来るかもしれません。
相性や性格が会えば、自然と外見までもが好ましくなってきてしまうものかもしれませんね^^
  • 2006/12/20
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん♪
早速コメントしに来てくれたんですねっ♪
ありがとうございます♪

恋愛コメディですけど、ほんとにいろんなことが伝わってくるいい映画ですよねっ♪
人間の魅力というのは、必ず内面にあるんですよねっ♪
その人の内面を知ることによって、見る側の見方というのも変わってきますしっ♪
もちろん多少は内面が見た目に現れると思いますけど、やはり決定付けるものはその人の内面の部分ですよねっ♪

内面を好きになれば自然と見た目も好きになるもんですねっ♪
ほんとにこの映画はいい作品です♪
  • 2006/12/20
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「愛しのローズマリー」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/162-17d3bbf5
  • 愛しのローズマリー
    【Shallow Hal】2000年/アメリカ 監督:ボビー・ファレリー/ピーター・ファレリー  出演:グウィネス・パルトロウ、ジャック・ブラック、ジェイソン・アレクサンダー自分自身は背も低く小太りでどこからどう見ても
  • 【BLACK&WHITE】
  • 2006/11/30