1. TOP
  2. [ アクション映画 ] ヒーローもの
  3. タクシードライバー (1976年)

タクシードライバー (1976年)

2007.09.20

映画「タクシードライバー」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 タクシー運転手のトラビス(ロバート・デ・ニーロ)は、大統領候補の選挙運動員ベッツィに心を惹かれる。だが、デートは失敗。そんな折、トラビスは13歳の売春婦、アイリス(ジョディ・フォスター)と出会い、足を洗うよう説得する。トラビスは使命を感じ、アイリスのいる売春宿に向かったのだが…。
 ニューヨークの夜を走る1人のタクシードライバーを主人公に、現代都市に潜む狂気と混乱を描く。ベトナム帰りの青年トラヴィスをロバート・デ・ニーロが演じ、世界の不浄さへのいらだちを見事に表現した。トラビスの強烈な個性は、70年代を代表する屈折したヒーロー像となった。

 【 出演 】
ロバート・デ・ニーロ, シビル・シェパード, ジョディ・フォスター

 【 監督 】
マーティン・スコセッシ



 【 感想 】

 この映画「タクシードライバー」のロバート・デ・ニーロをみなさんは観たことがありますか?ほんとにかっこいいです。まさにヒーローです。といってもみなさんが思い描くようなスーパーマン、バットマンといったヒーローではないですよっ。男が憧れ惹き付けられるヒーローです。

トラビス(ロバート・デ・ニーロ)


 ベトナム帰りの元海兵隊、職業はタクシードライバー。そんな主人公であるロバート・デ・ニーロが演じるトラビスは怒り・虚しさ・孤独・過激をすべて集めたような性格で、そんな彼が腐敗した現代社会の中でヒーローのような姿に見えてしまいます。カリスマとはトラビスのためにあるような言葉ですねっ。

 あとロバート・デ・ニーロの演技がすばらしいです。今では脇役で使うのは難しいほど存在感のある彼ですが、この頃からオーラというか存在感はすばらしいものを持っていたんだなぁと感じました。ちなみに役を演じるにあたって、実際にタクシードライバーの運転手を数週間務めて役作りをしたらしいです。

トラヴィス デ・ニーロ

少女アイリス (ジョディ・フォスター)


 ちなみに売春で生計を立てる少女アイリスという女性が登場するんですが、その女性を当時13歳のジョディ・フォスターが演じています。まだ13歳だったというのが信じられないぐらい1人の女性として魅力的で、幼さはあるものの魅惑的で妖艶な雰囲気が漂っていました。

 13歳という若さでアカデミー助演女優賞にノミネートされたんですから、ほんとに小さいときからジョディ・フォスターはすごかったんですねっ。もちろん、ロバート・デ・ニーロも受賞はできませんでしたが、アカデミー主演男優賞にノミネートされましたっ。

ジョディー・フォスタージョディー・フォスター2

トラビスの恋


 トラビスはタクシードライバーの仕事中にある女性を好きになるんです。その女性とは選挙事務所で働くベッツィ。すぐさま口説きデートに誘うんですが…これもトラビスらしいというか、映画館に行くのですがポルノ映画に連れていってしまうんです。普通女性とのデートでそのような場所には連れていかないですよねっ。

 最初のデートの失敗によって電話にも出ようとしないベッツィに対して、選挙事務所まで出向き「お前みたいな奴は死んで地獄に落ちろ!」 と怒鳴り散らします。冷静に考えると無茶苦茶ですよねっ。ただこのように感情で動くトラビスだからこそ魅力があるんです。

トラヴィスの恋

鏡の前で袖から銃を出す名シーン セリフ「俺に用か?」


トラビス(ロバート・デ・ニーロ)

 トラビスは銃の売人から、マグナム44、38口径、コルト25口径、ワルサーPPKを買い、体を鍛え始めるんです。そして銃を早く抜く練習をし、ついには銃が裾から飛び出す仕組みの装置を作ってしまうんです。きちんと銃が飛び出すか繰り返し練習するところなど個人的に好きなシーンです。

 トラビス(デ・ニーロ)が鏡の前で銃を構えたりいろいろなかっこいいセリフを言うところはほんとにかっこよかったです。「俺に用か?」、このセリフはかっこいいですよねっ。ほんとにかっこいいですし、好きなシーンです。何度でも観たいシーンですねっ。

 ちなみに「俺に用か?」というのは映画史における名台詞の1つに挙げられますけれど、もともと台本にはなかったセリフだったみたいです。ロバート・デ・ニーロと監督がその場で考えて生まれた名セリフだったんですねっ。


トラビス 肉体改造トラヴィス 練習

モヒカンのトラビス


 この映画の見所の1つとして、やはりモヒカン姿のトラビスは外せないです。いきなりイメージがゴロリと変わりましたがそこはやはりデ・ニーロ、すばらしくかっこよく魅せてくれました。この映画を機にモヒカン姿になった人もいたかもしれませんねっ。男がマネをしたくなるぐらいのかっこいい男トラビスですねっ。

 この映画の見所というのは「 トラビスのかっこよさ 」です。タイトルが「トラビス」であってもおかしくないぐらいです。大げさに言えば「ロバート・デ・ニーロ」でもいいかもしれませんっ。そんなロバート・デ・ニーロの良さが満載の映画「タクシードライバー」です。

モヒカンのトラヴィス

映画「タクシードライバー」のDVD・サントラ音楽

いつもどうもです~

デニ-ロの作品で一番好きかもな作品ですね。
やはり男心を刺激するデニ-ロの格好良さ、強烈な個性はこの作品でしょう!!

言いたいシ-ンのコメントはパッチさんがおっしゃる通りの鏡の前でのシ-ン(袖から銃が飛び出る装置を作ったりしてマネして遊んでましたよ)
それとラストのミラ-に写るトラビスの目ですね!ズバリですよ~
男の格好良さと憧れるヒ-ロ-像がここにある気がしますね。

社会の闇と狂気を描いてるのですがデニ-ロ格好良すぎでそちらばかりが目立ってしまいます。
けどモヒカンデニ-ロは女の人にはイマイチ なんですよね~

ジョディもこの役ですでに「天才」と呼ばれましたからね!

自分がデニ-ロに惹かれた記念すべき作品ですね!
(^^)
  • 2006/11/08
  • ユウ太さん
 【ユウ太さんへ】

いつもコメントありがとうございます♪

デ・ニーロの作品の中で一番好きなんですか?
ほんとにこの作品でのデ・ニーロはかっこいいですよねっ♪
きっと男の人はこのかっこよさがわかるでしょうねっ♪

袖から何度も銃を出すのはよかったですよねっ♪
やはり銃を男が持ってしまうとデ・ニーロと同じように鏡の前で構えるかもしれませんねっ♪
たくさんの銃が出てきてましたけど、やはり44マグナムが私はよかったです♪
どんな映画でも44マグナムはかっこよすぎですよねっ♪

モヒカンのデ・ニーロも私は好きですねぇ♪
トラビスの性格が出ていた部分ですよねっ♪
いきなり何の前ぶれもなくモヒカンですから、とても性格を表現できていたと思います♪
何が起こってもおかしくないのがこの映画ですもんねっ♪

ユウ太さんにとって記念すべき作品を紹介できてよかったですっ(^^)
  • 2006/11/09
  • パッチさん
こんばんは どうもお邪魔します
この作品しばらく観てないですが、
印象に残るシーンが沢山ありました。
鏡の前のシュミレーションシーンはやはり最高です。
「俺にいってるのか?」「・・俺にか?」といった後に
スライド式の銃を出す練習をしているのを
本番に備えて何度繰り返したのでしょう。
しかし、ラストで実際に少女を助けに行ったとき
うまく動かずむなしく音だけがこだましてましたね。
銃を買うときもすごいです。2ケースの銃を吟味した上に
迷った末、ケースごとのまとめ買いです。(^^;
チンピラは「ハーベイ・カイテル」でしたか?
あまり若いので分かりませんでしたが、
ワルの感じが良く出ていました。
スコセッシ監督もちょっと危ないタクシーの客で出てましたね。

ともかくこの作品のデニーロが私も好きです。
又観たくなりました。


  • 2007/01/12
  • ワトソンさん
 【ワトソンさんへ】

こんばんは、ワトソンさん♪
コメントありがとうございます♪

印象に残るシーンは、この作品の中にたくさんありますよねぇ♪
その中でも鏡に向かって銃の練習するシーンはやはり名シーンですねっ♪
スライド式の銃もかなりかっこいいです♪
もちろんセリフはマネしたくなるぐらいかっこよかったです♪
2ケースの銃を買うところはすごいですねっ♪
ほんとに我々にとってはヒーローです♪

ハーベイ・カイテル出てましたっけ?
記憶が曖昧になっちゃってます(>_<)
スコセッシ監督は出てましたねっ♪
タクシーの客として尾行してましたねっ♪

私もこのデ・ニーロは大好きです♪
かっこいいですもんねっ(^^)
  • 2007/01/13
  • パッチさん
こんばんは~

いやぁーーーーこらまた、しびー映画を引っ張りだしてきましたね!
でもでも、デ・ニーロを代表する映画でもありますし、
勿論、映画自体も傑作中の傑作!

しかし・・・
とても良かったイメージは鮮明に残っているものの、観たのがかなり昔なので、ちょっとうる覚え・・・

これを機に見直そうかな!
いい映画を思い出させてくれてありがとうございます^^
  • 2007/09/20
  • yukiforceさん
 【yukiforceさんへ】

こんばんは、yukiforceさん♪
コメントありがとうございます♪

しびれましたか?
今回も少し画像を増やしてリニューアルさせてもらいました♪
画像を載せているときも、画像を見ながら私もしびれてしまいました♪
「おれに用か?」のシーンはやはり名シーンですねっ♪

この作品自体昔の作品なので、最近では観る機会もなかなかないですもんねっ♪
でも名作なので機会がありましたら、ぜひ観てほしいです(^^)
  • 2007/09/21
  • パッチさん
 こんばんは、パッチさん。HNをJEからバトーに改めました。今後ともよろしくお願いします。

 以前の記事をリメイクするようになってからの作品の選択にはある種の共通点がありますね。いわゆる娯楽映画ではなくて心の内面を描いており重く、観る人を選ぶ作品が多いような気がします。
 私はこの作品は1回しか観てません。メッセージがありアクションもめちゃくちゃかっこ良いのですが、主人公の生き方やそれに関わってくる登場人物が余にもリアルで辛くなってくるのです。
 私はこの作品のデ・ニーロが最高だと思っています。あの銃が袖から飛び出す仕掛けはやってみたかったのですが、作るのがかなり大変そうなので諦めましたorz。

 パスワードがなくなりましたね。実は投稿したコメントが気に入らない時は何度も修正していたのですが、出来なくなったのでこれからは気合いを入れますね(笑)。
  • 2007/09/23
  • バトーさん
 【バトーさんへ】

こんばんは、バトーさん♪
コメントありがとうございます♪
ハンドルネームを変更されたんですねっ♪
今後ともよろしくお願いします♪

リニューアルするようになって、どうしても何かを感じ取ることのできる作品が多くなってるかもしれませんねっ♪
これからも傾向は変わらないかもしれませんが、娯楽映画も間に挟んで紹介していきたいと思います♪

辛くなっちゃいますか?リアルという部分ではそうかもしれませんねっ♪リアルだからこそ伝わってくるものは大きいですもんねっ♪
この作品のデ・ニーロはほんとにかっこいいです♪
あの銃の仕掛けはマネしてみたいですねっ♪
そして「俺に用か?」と言ってみたいです♪
もちろん鏡の前で(^^)

パスワードは運営する上で少し問題があったんで外してしまいました♪
バトーさんはパスワード機能を活用してくださってたんですねっ♪
外してしまって申しわけないです♪
今では問題も解決したので、もしかしたら再び取り付けても問題はないかもしれませんので、また試して大丈夫なら設置しておきますねっ(^^)
  • 2007/09/23
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「タクシードライバー (1976年)」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/153-1e2e8aed
  • タクシー・ドライバー (1976)
    教科書に載る事のない正義のヒーロー!?ロバート・デ・ニーロは大好きな俳優さんです!(管理人・ミンゴ)1976年のカンヌ映画祭でパルムドールを受賞した。また、アカデミー賞では作品賞を含む4部門にノミネート。
  • 【MOVIEクラブ】
  • 2006/12/01
  • タクシードライバー
    今晩は、友達から借りたDVDを見ました。 タクシー・ドライバー(1976) 30年前の映画です。古い~。 大都会ニューヨークを舞台に夜の街をただ当てもなく走り続ける元海兵隊のタクシー運転手トラビス(ロバート・デ・ニーロ)、が、腐敗しきった現代社...
  • 【ハードボイルド ワンダーランド】
  • 2007/10/14
  • 【The Daily English Show】
  • 2008/05/21