1. TOP
  2. [ ヒューマン ドラマ映画 ] 法廷 刑務所 脱獄
  3. デッドマン・ウォーキング

デッドマン・ウォーキング

2006.10.25

映画「デッドマン・ウォーキング」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 仲間や若いカップルを惨殺した罪で死刑を宣告されている囚人マシュー(ショーン・ペン)と、彼を救うべく特赦査問会を要請する尼僧ヘレン(スーザン・サランドン)。やがて嘆願が却下され、死刑執行の日が迫るなか、マシューの頑なな心は開かれていく…。
 死刑という社会的テーマに真正面から挑んだ、ティム・ロビンス監督の意欲的傑作。加害者の人権だけではなく、被害者の哀しみまでをも見過ごすことのない慎重な構成が、永遠に解決されることはないであろう問題を、さらに複雑なものとして観る者に露呈させてくれている。キャストの名演も特筆もので、スーザン・サランドンはアカデミー賞主演女優賞を、ショーン・ペンはベルリン映画祭男優賞を受賞している。

 【 出演 】
スーザン・サランドン, ショーン・ペン, ロバート・プロスキー

 【 監督 】
ティム・ロビンス



 【 感想 】

 この映画「デッドマン・ウォーキング」をみなさんは観ましたか?死刑廃止論者である修道女ヘレン・プレジャンのノン・フィクション作品を映画化した作品です。主演はショーン・ペンとスーザン・サランドン。とても深い物語をこの2人の主演がより濃厚な作品に仕上げています。ぜひ鑑賞していただきたいです。

監督は俳優ティム・ロビンス


監督ティム・ロビンス 俳優のティム・ロビンスが監督・脚本を務めた作品で、主演は彼の奥さんであるスーザン・サランドン、そして演技派のショーン・ペン。スーザン・サランドンはこの作品でアカデミー主演女優賞を受賞しました。また、ショーン・ペンはベルリン国際映画祭で男優賞を受賞しましたっ。

 スーザン・サランドンがヘレン・プレジャンの本を読んで、夫であるティム・ロビンスに映画化を熱望したらしいです。そしてティム・ロビンスが監督を務め、妻のスーザン・サランドンを起用して映画化されたんですねっ。それにしてもティム・ロビンスはすごいですよねっ。監督2作目にしてこんなにすばらしい作品を作ってしまうなんて。


「 その瞬間、誰よりもあなたは人間の顔をしていた 」


 その瞬間、誰よりもあなたは人間の顔をしていた

 これは「デッドマン・ウォーキング」が公開されたときのキャッチコピーです。この映画を観終わったあとに、キャッチコピーの意味があなたの胸に響いてくると思います。

名優の2人

心に響く ヒューマンドラマ


 あるカップルを殺害した罪で死刑判決を受け収監されたが無実を訴えるショーン・ペンに、救いの手を差し伸べるスーザン・サランドン。最後まで無実を主張するショーン・ペン、そして最後まで無実を信じるスーザン・サランドン。一体この事件の真実は…!!?

 というふうに、わざとサスペンス映画みたいに書いてみました。この映画はサスペンス映画ではありません。実際、この真実というのは最後の方まで観ないと知ることはできませんが、この映画が伝えるものはこんな小さなことではないと思います。

ショーン・ペンスーザン・サランドン

スーザン・サランドン の 愛


 「心」です、「心」。スーザン・サランドンがどれだけショーン・ペンの心を動かしたか。どれだけショーン・ペンの心に近づいたか。それはスーザン・サランドンの「愛」というものがあってこそだと思います。殺人者かもしれない人間対して「透明な愛」で接したスーザン・サランドン、その愛に動かされたショーン・ペンがこの映画の見所だと思います。

心と心心と心

 ラストのショーン・ペンを観ればわかりますが、彼は救われたでしょうねっ。それにしても2人の演技力には脱帽です。すばらしいです。まだ観ていない人はぜひ「デッドマン・ウォーキング」を観てくださいっ。おすすめの映画です。

映画「デッドマン・ウォーキング」のDVD・サントラ音楽


こんにちはワトソンです。
この作品がティム・ロビンスの監督でスーザン・サランドンが奥さんとは知りませんでした。ケビン・コスナーの「さよならゲーム」で競演してましたけど。「グリーンマイル」とか死刑囚の物語は重いですね。この作品は前に観たのですが良く覚えていません。苦手なジャンルなのに何で見たのかも思い出せません。(^^;)
  • 2006/10/27
  • ワトソンさん
 【パッチです】

コメントありがとうございます♪
ティム・ロビンスとスーザン・サランドンは夫婦なんですよ~♪
監督がティム・ロビンスで、その奥さんであるスーザン・サランドンが主役を務める♪すごいですよねっ♪

ほんとにこの映画は重い作品ですねっ♪
ワトソンさんは苦手なジャンルなんですか?
私はけっこう重い作品も好きなので、観てしまいますねぇ♪
ただ例えば3本ぐらいレンタルするときに、3本とも重い作品だと疲れてしまいますけどっ(^^)
  • 2006/10/27
  • パッチさん
cinemer と申します。

この作品は結構ずっしりとした後味を残しますよね。

マシューの供述が事実か否か、
事件への関与があったか否か、

死刑台に向かうマシューの姿を目に、
想いは結構複雑で、深く考えさせられますね。
  • 2006/10/30
  • cinemerさん
 【cinemerさんへ】

コメントありがとうございます♪
ほんとにこの映画は重い内容ですよねっ♪

その中でショーン・ペンとスーザン・サランドンとの間に芽生える信頼や愛などがすばらしくてとてもよかったです♪

ラストでのショーン・ペンの表情はなんとも言えないですねっ♪
ほんとに深いです♪
  • 2006/10/30
  • パッチさん
パッチさんお久しぶりでございます。
退院し身体の方もすっかりいいので
またこうしておじゃますることができました。
励ましのお言葉本当にありがとうございました。

今日はご挨拶だけのつもりが記事を読み出したら止りません~。
私のいない間にたくさんUPされてるんですもの。
このどっしり重みのある作品は役者がとにかく素晴らしかったですね。
見応えがありました。
  • 2006/11/23
  • ジュンさん
 【ジュンさんへ】

とってもお久しぶりですっ♪
ジュンさんじゃないですかぁ♪
退院したんですねっ♪
体はもう大丈夫なんですかっ?
ほんとによかったです♪
わざわざご挨拶ありがとうございます♪

約1ヶ月ですか?その間、私のブログも少しだけですけど記事増えましたっ♪
この映画はすごい重いですよねっ♪
すごく見応えがあります♪
また私もトラックバックしに行きますねぇ(^^)
  • 2006/11/24
  • パッチさん
パッチさん♪
ついに今日はこの『デッドマン・・』まで観てしまいました。
スーザン・サランドンのあの目力って凄いですよね。
素晴らしい演技力と存在感です。
なんかもうあの表情でじっと見られて説得されたら・・
ショーン・ペン(マシュー)が心開く気持ちが分かります。

マシューの心の内が中々掴めないところから・終盤の本音で
語り始めた頃までのヘレンの苦悩が・・苦しかったですね。

そして被害者の家族から非難されながらも救いたい思いで
面会に行くへレンがやっぱり辛かったですね。

そして最後はきっときっとマシューは心からの懺悔であったと
思います。
何故ならヘレンの愛がマシューに通じたからなんですね☆

それにしても・この二人の抜群の演技力は・・。
パッチさん同様脱帽です(__)
ショーン・ペンの心が映し出される様な最後の表情が何だか
脳裏に焼き付いてしまいました。
あ"~~又長くなってしまいました(><)
パッチさん♪お奨め映画怒涛の勢いで観てしまいましたァ♪
ありがとうv-206
  • 2007/04/29
  • アビーさん
 【アビーさんへ】

こんばんは、アビーさんっ♪
コメントありがとうございます♪

「ロレンツォのオイル」に続いてこの「デッドマン・ウォーキング」も鑑賞してもらえて、とても嬉しいです♪
この映画は重いテーマを題材にしているにも関わらず、静かに流れていく映画なので、おそらく好き嫌いは分かれると思いますけど、心と心の触れ合いと心の変化というものが楽しめるすばらしい映画だと思います♪

主演はアビーさんの大好きなスーザン・サランドンで、監督は夫のティム・ロビンスということなので、夫婦の作品ですねっ♪
スーザン・サランドンの良さというものが本当に表現されていて、ティム・ロビンスだからこそ引き出せた演技なのかもしれませんねっ♪

ほんとに心の動きというものは表現しにくいと思いますけど、主演2人の演技力がすばらしく物の見事に伝わってきましたねっ♪
今回もたくさん語っていただいてありがとうございます♪
ゴールデン・ウィークもまだ始まったばかりだというのに、2作品もおすすめを鑑賞していただいてとても嬉しいです♪
また他のおすすめ作品も機会があれば鑑賞してくださいねっ♪
そのときはまた感想お願いします(^^)
  • 2007/04/29
  • パッチさん
こんにちは、パッチさん。
今日この映画のDVD観ました!
観終わった直後の感想は、「観て良かった!!」です。
重たい話なのですが、暗さはなく、またスーザン・サランドンの演技が素晴らしいですね!
パッチさんがお薦めされているのも納得でした!
アクション映画では、当たり前のように人を撃ち殺したりしてますが、この映画では人を殺す事がどんなに重たいことなのかがじわじわと身にしみました。
ストーリーは単純ですが、思わず見入ってしまう映画ですね!
またオジャマします!
  • 2011/05/05
  • マサカズさん
 【マサカズさんへ】

こんばんは、マサカズさん。
コメントありがとうございます。

本作を鑑賞していただいたのですねっ。
とっても嬉しいです。
実話を元に制作された作品で
実際にスーザン・サランドンのような人物がいたと思うととっても感動しました。

スーザン・サランドンの演技はほんとに素晴らしいですよねっ。
彼女の優しさや全てを包んでくれるような雰囲気がとても伝わってくる演技だったと思います。

ゴールデンウィークというマサカズさんの映画ウィークに本作を選んでいただきありがとうございました。
まだ少しゴールデンウィークもありますので
映画をぜひ楽しんでくださいねっ。
はいっ、いつでもお待ちしております。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2011/05/05
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「デッドマン・ウォーキング」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/145-d1698733
  • デッドマン・ウォーキング
    【DEAD MAN WALKING】1995年/アメリカ 監督:ティム・ロビンス  出演:スーザン・サランドン、ショーン・ペン、ロバート・プロスキー、レイモンド・J・バリーむごい犯行シーンがフラッシュバック映像で随所に挿入
  • 【BLACK&WHITE】
  • 2006/11/23