1. TOP
  2. [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害
  3. 死ぬまでにしたい10のこと

死ぬまでにしたい10のこと

2006.09.24

映画「死ぬまでにしたい10のこと」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 23歳という若さで、がんで余命2か月と宣告されたアン(サラ・ポーリー)。彼女はやり残したことをノートに10コ、書き留める。オシャレのこと、ふたりの娘のこと、そして夫以外の男と付き合ってみること…。リストを作ったときから、アンの平凡だった人生がイキイキと動きだした。
 死を目前にしながらも、その事実を誰にも明かさず、リストを作って実行していくことで、死の恐怖を回避し、幸せで甘い幕切れを求めるアン。自分の不運な運命を知っても、決して動揺せずに、残り少ない人生を最上のものにしようとするヒロインの強さが感動的。

 【 出演 】
ペドロ・アルモドバル, アウグスティン・アルモドバル

 【 監督 】
イザベル・コヘット



 【 感想 】

 あなたにとって「死ぬまでにしたい10のこと」はなんですか?

 この映画「死ぬまでにしたい10のこと」をみなさんは観たことがありますか?23歳という若さで、がんで余命2か月と宣告されたアンが死ぬ前にやり残したことを10個リストアップしてノートに書き留めるんです。そしてそれを実行する物語です。

死を目の前にして想い考えることとは・・・?


 それにしてもすごいですよねっ。リストを作って、それを実行に移したときからがんばって生きていけるんですよっ。私の余命はわからないですけど、もし彼女の立場だったらそんなに強くはなれませんっ!それにもしリストを作るとしても10個で収まるかどうか…。

驚きの表情

 ただ本当にやり残したことっていうのは、そんなに多くないのかもしれませんねっ。例えば「おいしいものをいっぱい食べたい!!」とかいう望みなどは、死が直前に迫った状態ではほんとにちっちゃなことなんでしょうねっ。

 今私たちがやりたいこと、「旅行」「結婚」「子育て」「ギャンブル」「一人暮らし」「映画鑑賞」、きっと人それぞれたくさんあると思いますけど、本当にやりたいことっていうのは死が迫ったときに初めて見えてくるんでしょうねっ。

主人との口論

死ぬまでにしたい10のリスト


 + アンの「死ぬまでにしたい10のこと」 +

  1. 娘たちに毎日「愛してる」という
  2. 娘たちの気に入る新しいママを見つける
  3. 娘たちが18歳になるまで毎年送る誕生日のメッセージを録音する
  4. 家族でビーチに行く
  5. 好きなだけお酒とタバコを楽しむ
  6. 思っていることを話す
  7. 夫以外の人と付き合ってみる
  8. 誰かが私と恋に落ちるよう誘惑する
  9. 刑務所にいるパパに会いに行く
  10. 爪とヘアスタイルを変える

「生きる」ことの幸せ


 ほんとに厳選された10個のリストですよねっ。娘のためにメッセージを録音するシーンは本当に感動しましたっ。でも何日も考え抜いたリスト10個でも、それをすべて実行したときには達成感や充実感は全然沸いてこないんでしょうね。

 どんなにやりたいことをやっても1番やりたいことは「生きたい」ってことなんですもんっ!主役のアンの立場に立つととても辛さがわかりますし、逆に残された者の立場になっても辛すぎます。

 生きれるということがどれだけ幸せなことか、やりたいことができるということがどのくらい幸せなことかを教えてくれる、そんな映画です。まだ観たことない人はぜひ「死ぬまでにしたい10のこと」を観てください。あなたの本当にやりたいことが見つかるかもしれませんよっ。

眺める女性

映画「死ぬまでにしたい10のこと」のDVD・原作本

おじゃましま~すv-290
実は私この映画の前になんと余命1年の宣告うけてたのですよv-12ビックリ!
医者の予言を見事に裏切って完治して生き残りましたんで~v-221ヴィ
そんな経験の後鑑賞したので現実は~とちょっと斜めに観てしまいましたねぇ。
もしも、そういう経験がなかったらどんな感想を持ったかなっと興味がありますねぇ。
人生一個しかないので、両方の経験が出来ないところが残念!
  • 2006/09/26
  • marikoさん
 【marikoさんへ】

コメントありがとうございます♪
てか余命1年の宣告を受けたんですか!!??
それはほんとにすごいですねっ!!
ほんとにその宣告が当たらなくてよかったです(>_<)
そういう経験があったら映画に限らずいろんなものの見方が変わりそうですねぇ!
marikoさんは私の何倍も命の大切さを知っているんですねっ♪ほんとにすばらしいことです♪
ただ宣告を受けたときの辛さは計りきれないものがあったと思います。
ほんとによかったですねっ♪
映画「死ぬまでにしたい10のこと」、marikoさんの場合はハッピーエンドになってほんとによかったです♪
  • 2006/09/26
  • パッチさん
>marikoさんの場合はハッピーエンドになってほんとによかったです♪

劇的に薬が効いてくれたんでほんとラッキーでした~v-392ラッキ~♪
その時はナーバスだったんで
「最後まであきらめんな~ 家族と闘えよ~
知らせずに死んじゃったら残されたもんの苦しみはどうするんじゃ~!v-412プンプン」って叫んでましたワ。映画に怒ってもねぇ
でも、人間って現金。喉元すぎれば・・・ですねv-290ヘヘヘ
今だったらどんな気持ちになるんだろ
映画を通して経験できないことを擬似体験できるってことは映画の素晴らしさですねっ!
もう一回冷静に鑑賞しなおしてみてもいいかもv-290
  • 2006/09/26
  • marikoさん
 【marikoさんへ】

またまたコメントありがとうございます♪
映画に怒ってたんですねっ♪
一度そういう体験をしたmarikoさんだったら、今度観てもまた怒ってしまうかもしれませんよっ♪
私は家族に心配かけずにがんばるというのも分かりますし、marikoさんの家族と一緒にがんばるというのもわかります♪
私は経験したことないので、どっちが正しいのかわからないだけかもしれませんけど♪

でも今のmarikoさんがこの映画を観たら作品の印象が少しは変わるかもしれませんねっ♪
アンの10のリストの、「⑦夫以外の人と付き合ってみる」というのは私は納得できませんでしたけど(>_<)

この作品は観る人によっていろんな表情を見せる映画ですねっ♪
  • 2006/09/26
  • パッチさん
こんばんは!パッチさん^^
私もこの映画を鑑賞しました!(今頃)
パッチさんの所へ伺ったら、パッチさんもレビューされているのに気が付いて先日ここを拝見させていただいたら、さすがにパッチさんは、
お人柄のせいか、本当に良い所をデフォルメして書かれているので、
コメントしようか、正直迷いました。私はすごく辛口なレビューになってしまったので・・・。
でも実際に死へのカウントダウンを自分が知ってしまったら、
絶望するか、彼女のように誓いを立てて、自分だけが満足するようなジ余生を過ごすか。。の選択肢になってしまうかもしれませんよね。

でも、やはり許しがたいのは家族を裏切ると言う行為なんです。。
感動というよりも、後味の悪いスープを飲んでしまったような
印象が残りました・・。(こちらも後味の悪いコメントになり、ごめんなさい)
では、では^^
TB.よろしくお願いしますね!

  • 2007/09/08
  • ぴーちさん
 【ぴーちさんへ】

こんばんは、ぴーちさん♪
コメントありがとうございます♪

やはり映画に限らずですけど、良くなかった部分を取り上げるのが性格からして苦手なんですよねっ♪
でも辛口のレビュー、全然いいと思います♪
いろんな感想があるからこそ、訪問される方々の参考になるんですもんねっ♪

この映画のように私が余命を宣告されたなら、私はまず「絶望」、そしてその先に思うことや行動などは考えてみても想像ができないというか、考えられないというか…。
なので、余命を宣告されても奇跡を信じて病気と最後まで戦い続ける人を見たら、ほんとに尊敬しますし、
やりたいことを片っ端からやっていく人を見れば、ほんとにやりたいことというのは「生きること」なのに、何をしても満たされない気持ちなんだろうなぁと思ってしまいます。
結局は自分がその場に立ってみないとわからないことなので、だからこそどんな選択も納得しちゃうのかもしれません♪

死はいつか誰もにやってくるものかもしれませんけど、それまで過ごした人生が死に直面したときに表れてくるものなのかもしれませんねっ♪
観る人によって感じ方が違う作品なので、いろんな方の感想を読んでみたいですねっ♪

全然後味悪くないですよっ♪
はいっ、トラックバック大歓迎です(^^)
  • 2007/09/09
  • パッチさん
こんばんは、パッチさん。
今日この映画のDVDを観ました!
個人的には「まあまあ」の部類です・・・。
死=暗い
というイメージがありますが、この映画はハッピーエンドのように(僕には)感じられました。
主演のベドロ・アルモドバルが綺麗でした・・!!
セント・オブ・ウーマンのDVD買おうと思ったら、楽天で全部売り切れでした。
次に廉価版が出たら即買おうと思ってます!
あのアルパチーノの最後の演説をまた聞きたいです!!
あの演説もいいのですが、その後の生徒達全員の大拍手もジーンとくるんですよね!!
今度は(ジャンルは全然違いますが)「ワイルド・スピード」を借りようと思ってます!!
  • 2010/06/16
  • マサカズさん
 【マサカズさんへ】

こんばんは、マサカズさん。
コメントありがとうございます。

本作を鑑賞されたのですねっ。
やはりとっても暗い映画で、
なんというか夫の気持ちになって考えると少し複雑です。

「セント・オブ・ウーマン」売り切れていたんですね。
やはりあのラストの演説は素晴らしかったです。
演説といえば「パッチ・アダムス」の
ラストのパッチ・アダムスの熱演も大好きです。

「ワイルド・スピード」は最初の1作目しか鑑賞していませんが
まぁまぁ楽しめました。
車が好きであればより楽しめる作品だと思います。
主演のヴィン・ディーゼルの他の作品でいえば
B級映画に入ると思いますが、「ピッチ・ブラック」が好きです。

ぜひ「ワイルド・スピード」を楽しんでください。
ご訪問ありがとうございました(^^)
  • 2010/06/16
  • パッチさん



【任意】

【任意】



管理者にだけ表示を許可する

「死ぬまでにしたい10のこと」のトラックバックURL

http://makemyself.blog64.fc2.com/tb.php/130-52fc8c17
  • 死ぬまでにしたい10のこと
    【MY LIFE WITHOUT ME】2002年/カナダ 監督:イザベル・コヘット  出演:サラ・ポーリー/マーク ラファロ/スコット・スピードマン23歳の若さで余命2ヶ月の宣告を受けたアンが残されたわずかな日々に自分がしておき
  • 【BLACK&WHITE】
  • 2006/09/25
  • 『死ぬまでにしたい10のこと』
    死ぬまでにしたい10のこと 死ぬまでにしたい10のことペドロ・アルモドバル、アウグスティン・アルモドバル 他 (2004/04/24)松竹 この商品の詳細を見る 清掃の仕事をしている23歳のアン(サラ・ポーリー)は、夫のド
  • 【ピアニッシモ・ストーリー】
  • 2007/09/08
  • 死ぬまでにしたい10のこと
    脚本仲間が良かったと言っていたので。 人は自分に死が宣告されたらどうするのだろう? ということにもちょっと興味がありました。 DVDで鑑賞。 清掃の仕事をしている23歳のアンは、 夫のドンと二人の娘とトレーラーハウスで暮らす主婦。 しかしある日、突然の腹?...
  • 【映画、言いたい放題!】
  • 2007/10/31