1. TOP
  2. 2010年07月

100人の映画通が選んだ本当に面白い映画 (TSUTAYA発表)

2010.07.28

ツタヤのロゴ


 みなさんご存知のレンタルショップ「TSUTAYA(ツタヤ)」が「100人の映画通が選んだ本当に面白い映画」というものを発表しましたので、今回ご紹介したいと思います。

 どのような企画かといいますと、「珠玉の1本」+「7つのジャンル Best3」の計22本の映画をおすすめとして紹介しています。「珠玉の1本」に関しましては、2010年7月26日(月)~8月29日(日)の期間で「返金キャンペーン」というものをやっておりまして、「珠玉の1本」が面白くなかった場合には返金するということなんです。返金というのはすごいなぁと思いましたが、同時にぜひ観てみたいと思いました。

 「珠玉の1本」以外にも「7ジャンルのBest3(21本)」が紹介されています。これに関しては「返金キャンペーン」の対象ではありませんが、ツタヤがおすすめする作品ですので、観たことのない作品などがございましたら鑑賞されてはいかでしょうか。

  • Comment(12)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

ダイ・ハード3

2010.07.24

DVDのジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 N.Y.の5番街。朝の買い物客で賑わうデパートが突然爆破された。サイモンと名乗る爆弾テロリストが爆破場所を地下鉄、小学校と次々に指定し、N.Y.市民を巻き込んだ爆破計画を敢行する。その予告爆破を阻止すべく、またまたマクレーン(ブルース・ウィリス)が立ちあがった!

  • Comment(2)
  • [ アクション映画 ] アクション

大人の女性が選ぶディズニー&ピクサー映画 ベスト10 (「スマステーション」発表)

2010.07.20

スマステーションのロゴ


 2010年7月10日に放送されましたスマップの香取慎吾さん司会の番組「SmaSTATION(スマステーション)」で、お笑い芸人のよゐこのお二人をゲストに迎えて「大人の女性が選ぶディズニー&ピクサー映画 ベスト10」というランキングが発表されました。そこで今回はそのランキングをご紹介したいと思います。

  • Comment(2)
  • [ アニメーション映画 ] その他

ハウルの動く城

2010.07.14

映画のジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 荒地の裾野に広がる町で生まれ育ち、亡き父の残した帽子屋を切り盛りしている18歳のソフィー(倍賞千恵子)はある日、町で美貌の青年ハウル(木村拓哉)と出会う。何かに追われているらしい青年はソフィーと共に天へ舞い上がったかと思うと、束の間の空中散歩にいざなう。夢のような出来事に心奪われるソフィー。しかしその夜、ソフィーは、荒地の魔女(美輪明宏)と名乗る魔女に呪いを掛けられ、90才のお婆ちゃんに姿を変えられてしまう。そこでソフィーは荷物をまとめ、魔法使いのハウルの棲む城があるという、人里離れた荒地を目指すのだった。

  • Comment(2)
  • [ アニメーション映画 ] スタジオジブリ 宮崎駿

【第15回アンケート】 あなたの好きなアドベンチャー映画は何ですか?

2010.07.10

今回でアンケート企画も15回目を迎えることができました。
これもすべて皆様のご協力あってのことだと感謝しております。
いつも投票してくださりありがとうございます。
そして今回のアンケートも参加していただけたら嬉しいです。

  • Comment(23)
  • [ アンケート ] 投票 アンケート

日本映画(邦画)ランキング (第14回アンケート結果)

2010.07.06

富士山と桜


 先日、おすすめの日本映画(邦画)作品を投票していただくアンケートを行いましたところ、たくさんの方々のご協力をいただきました。本当にありがとうございます。そこで今回は投票を集計し、結果をランキング形式で発表させていただきたいと思います。

 日本映画(邦画)をなかなか紹介できずにいますので、邦画を鑑賞される際にこのランキングがみなさんの参考になれれば嬉しいです。私も参考にして、少しずつでも作品をご紹介できたらいいなぁと思っています。

  • Comment(48)
  • [ アンケート ] 投票結果

東野圭吾の小説「容疑者Xの献身」 (映画原作)

2010.07.02

小説「容疑者Xの献身」


 テレビドラマ「ガリレオ」の映画化作品「容疑者Xの献身」を以前紹介しましたが、その原作である東野圭吾の小説「容疑者Xの献身」を読みましたので、今回ご紹介したいと思います。やはり映画がとても良かったですし、原作である東野圭吾さんの小説も評価が高いものでしたので、今回読んでみました。

 期待通りとてもおもしろく、「やっぱり東野圭吾さんはすごいなぁ」と改めて実感させられました。読んだことのない方、もしくは映画を観たことがないという方は、この機会にいかがでしょうか。

  • Comment(4)
  • [ 洋画 関連 ] サントラ音楽 原作本 映画化情報