1. TOP
  2. 2009年04月

スティーブン・キングが選ぶ「究極の悪役10人」 (「米EW誌」発表)

2009.04.27

スティーブン・キング


 2009年4月8日に、スティーブン・キングが米エンターテインメント・ウィークリー誌に連載中のコラムで「究極の悪役10人」を発表しました。一応小説の中の悪役ということで選ばれたみたいですが、すべて映画化されているので、映画を鑑賞する際の参考になると思います。スティーブン・キングがどのような悪役を選んだのかぜひお確かめください。

  • Comment(10)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

過去25年間の映画サウンドトラック盤ベスト25 (「米EW誌」発表)

2009.04.21

映画フィルム


 米情報誌エンターテインメント・ウィークリー誌が、過去25年間(83年~)の「サウンドトラック盤ベスト25」ということでランキング形式で発表されましたのでご紹介したいと思います。これは去年の2008年に発表されたものなんですが、興味深いものだったので紹介したいと思います。

 やはり映画において音楽というものはとても大切で重要な要素の1つですよねっ。映画のサントラが聴きたいなぁというときにこのランキングが参考になれれば嬉しいです。

  • Comment(4)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

シリーズ映画ランキング (第9回アンケート結果)

2009.04.14

シリーズ映画のロゴ


 以前、「あなたのおすすめのシリーズ映画は何ですか?」というアンケート企画をさせていただきました。そして今回も多くの方々からたくさんの投票をいただきました。ほんとにみなさんの投票あってこそのランキングですので、毎回のことながら嬉しく思います。本当にありがとうございます。

 シリーズ作品というのは、最初から何部作かを見越して製作されているシリーズ作品もありますし、1作目がヒットすることによって続編が製作されることもあります。シリーズ映画はやっぱりいいものですよねぇ。その作品の世界を何作にも渡って楽しめるという嬉しさがありますもんねっ。

 ただシリーズ作品でよく言われているのが、やはり1作目の壁というものがあって、どうしても期待の目で観てしまい続編への評価も厳しくなってしまいがちです。ですが、その壁を乗り越えることによってシリーズ作品の名作になることもあるんですよねっ。

 ということでみなさんの投票を集計し、ランキング形式で発表したいと思います。ぜひみなさんが「シリーズ作品」を鑑賞したいという時の参考にしていただけたら嬉しいです。

  • Comment(22)
  • [ アンケート ] 投票結果

M:i-3 ミッション:インポッシブル3

2009.04.07

映画「ミッション・インポッシブル3」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 トム・クルーズの当たり役、諜報組織「IMF」のエージェント、イーサン・ハントが活躍するシリーズ第3弾。スパイの裏技を楽しめた1作目、アクションで圧倒した2作目という前作両方の長所を活かし、総合的にシリーズで最もおもしろい仕上がりになっている。現役を退き、教官となっていたイーサンだが、教え子が捕らわれたことでミッションに参加。救出に失敗した彼は敵のボスをつかまえるが、逆に自分の愛する者を人質にとられるきっかけを作ってしまう。
 ドイツ、イタリア、中国、アメリカと、4か国でのロケによってスケール感が出たのはもちろん、トムが自ら過激なスタントに挑むことで本物の迫力を伝えることに成功。全編、アクション場面がびっしりだが、合間でスパイの裏テクニックを紹介するシーンが楽しい。とくに相手の顔を撮影し、そのデータから瞬時にマスクを作る過程が見どころ。卑劣な強敵を演じるのはオスカー俳優のフィリップ・シーモア・ホフマンで、外見からは想像できない巨悪を実感させるのはさすが。

  • Comment(10)
  • [ アクション映画 ] スパイ

史上最高(最悪)の悪役キャラクター20人 (「米EW誌」発表)

2009.04.01

 米エンターテインメント・ウィークリー誌が「史上最高(最悪)の悪役キャラクター20人」を発表しましたので、ご紹介したいと思います。正義のヒーローがいれば、当然悪役もいるわけです。ということで最悪・最高の悪役キャラクター20人が選ばれました。ランキングという形ではありませんが、みなさんのお好きな悪役キャラクターが入っているのかお確かめください。

  • Comment(12)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画