1. TOP
  2. 2008年02月

マッチスティック・メン

2008.02.29

映画「マッチスティック・メン」


 【 ストーリー・あらすじ 】

 名匠リドリー・スコット監督作。詐欺師のロイ(ニコラス・ケイジ)は、極度の潔癖性のうえ、対人恐怖症の気もある男。あるとき、彼は精神科医の診察をきっかけに、14年前に別れた妻との間に、一度も会ったことのない娘がいたことを知る。意を決して娘アンジェラ(アリソン・ローマン)に再会するロイだが、こともあろうか父の仕事に興味を持ったアンジェラは、詐欺のテクニックを学んでいく。

  • Comment(8)
  • [ サスペンス映画 ] ミステリー 大どんでん返し

2008年 第80回アカデミー賞の受賞一覧発表

2008.02.25

第80回 アカデミー賞 ノミネート発表


 先日、第80回アカデミー賞のノミネート作品の一覧をご紹介しましたが、とうとう待ちに待った第80回アカデミー賞の受賞式が、2008年2月24日(日本時間:2月25日)に行われました。各部門のオスカーが発表され、これを機に作品・俳優・監督などが注目を浴び世界へ羽ばたいていくことでしょう。この先の映画鑑賞の際の参考にしてもらえたら嬉しいです。

  • Comment(10)
  • [ 洋画 関連 ] 映画賞

映画クイズ Part4 ~画像問題~

2008.02.22

クエスチョンマーク(ハテナマーク)


映画クイズの第4弾です。
そして今回のクイズは前回同様、画像を使ったクイズです。
前回よりもラスト2問が難問となっています。
正解された方は見事だと思います。
ぜひチャレンジしてみてください。

  • Comment(14)
  • [ 洋画 関連 ] クイズ 問題

ファンタスティック・フォー / 超能力ユニット

2008.02.18

映画「ファンタスティック・フォー」

 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 人気アメリカンコミックの映画化は数多くあるが、この原作は1961年に連載がスタート。アメリカでは、原作者が同じスタン・リーの映画「スパイダーマン」より古くから親しまれている。実験のために宇宙へ向かった科学者ら5人が放射能を浴び、DNAが変質。地球へ帰った彼らのうち4人は、超人的能力によってヒーローに祭り上げられる。残りの1人は、彼らを敵視。超能力が激突するバトルへと発展していく。
 主人公の4人の能力はそれぞれ、肉体が透明になる、ゴムのように伸び縮みする、炎を自在に操る、岩石のような肉体で怪力を発揮する、という4種類。各パワーがVFXも駆使して映像化され、コミックそのままの楽しさだ。

  • Comment(9)
  • [ アクション映画 ] ヒーローもの

ドッグヴィル

2008.02.13

映画「ドッグヴィル」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」などのデンマークの異才、ラース・フォン・トリアー監督による衝撃作にして問題作。アメリカ・ロッキー山脈の村に、ひとりの女グレース(ニコール・キッドマン)がギャングに追われて逃げ込んでくる。初めは彼女をいぶかしむ村人たちだが、2週間で村人全員に気に入られることを条件に村に留まることを承認。献身的な肉体労働をこなすグレースだが、警察に手配されていることが発覚し、事態は急転する。

  • Comment(2)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] ヒューマン ドラマ

チャーリーとチョコレート工場

2008.02.09

映画「チャーリーとチョコレート工場」

 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップの4度目の顔合わせは、ロアルド・ダール原作の人気ファンタジーの映画化。ウォンカ氏が経営する巨大なチョコレート工場に、5人の子どもたちが招待され、驚くべき体験をする。5人のなかで、唯一、貧しい一家の少年チャーリーで、天才子役のフレディー・ハイモアが名演技を披露している。ほぼ原作どおりの展開に、ウォンカ氏の幼少期のトラウマなど新たなエピソードが加わり、彼の人物像に深みが出た。
 本作最大の面白さはティム・バートンらしいブラック&シニカルなテイストだろう。子どもたちの性格や運命は原作以上に強烈だし、おかっぱ頭のジョニー・デップの演技も異様なインパクトだ。映像では、工場で働く小さな人々「ウンパ・ルンパ」や、クルミを割るリスたちなど、実写とCG、アニマトロニクスを駆使したマジカルな場面が必見。工場内のツアーは、テーマパークのアトラクションのごとく進み、各ポイントでのカラフルで奇妙な風景は目に焼き付いて離れない。

  • Comment(9)
  • [ SF ファンタジー映画 ] ファンタジー

ミザリー

2008.02.05

映画「ミザリー」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 「ミザリー」というシリーズ小説で人気作家となったポール(ジェームズ・カーン)は、山荘からの帰りに崖から転落したところを、近所に住む看護婦アニー(キャシー・ベイツ)に助けられる。しかし「ミザリー」の熱狂的ファンである彼女は、小説のラストを自分の好むように書き直してもらうよう、両足が骨折して動けないポールを監禁し、ついには恐るべき拷問を始めていく…。
 俊英ロブ・ライナー監督が『スタンド・バイ・ミー』に続いてスティーヴン・キング原作を映画化。偏執的ファン心理の恐怖がじわじわと伝わるサイコ・スリラーの傑作である。せっかく足が治りかけてきても、すぐにアニーに叩き折られてしまうという、主人公最悪の受難。キャシー・ベイツは本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞した。

  • Comment(6)
  • [ ホラー映画 ] ホラー スリラー

映画クイズ Part3 ~画像問題~

2008.02.01

クエスチョンマーク(ハテナマーク)


 映画クイズの第3弾です。今回は映画のあるシーンの「画像」を使ってクイズを考えてみました。画像から映画タイトルを答えるクイズです。

 全部で5問しかありませんが、ちょっとした気晴らしに楽しんでいただければ嬉しいです。

  • Comment(24)
  • [ 洋画 関連 ] クイズ 問題