1. TOP
  2. 2007年07月

ユージュアル・サスペクツ

2007.07.24

ユージュアル・サスペクツのジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 船舶の炎上事故を調べていた捜査官クラインは尋問していたヴァーバル(ケビン・スペイシー)から奇妙な話を聞かされる。6週間前に銃器強奪事件の容疑者として集められた5人が、釈放後、協力して宝石強奪を決行。ブツをさばくためにLAの故買屋と接触した5人は、そこで新たなヤマを依頼されるが、宝石と聞かされていた獲物は麻薬で、トラブルから相手を射殺してしまう。そして恐慌状態の彼らの前に、伝説のギャング「カイザー・ソゼ」の右腕と名乗る弁護士が現れたというのだ……。

  • Comment(30)
  • [ サスペンス映画 ] ミステリー 大どんでん返し

パッチ・アダムス

2007.07.16

映画「パッチ・アダムス」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 1969年、生きる道を見失っていたアダムス(ロビン・ウィリアムズ)は、自ら精神病院に入院した。しかし立ち直った彼は精神科医を目指し、ヴァージニア大学医学部に入学した。そして「笑い」を重視した療法を考え出す。
 実話をもとにした感動ドラマ。町医者として12年間、15万人を越える患者を無料診療したハンター・アダムスを描いている。主役のアダムスにはロビン・ウィリアムスが扮し、「笑い」で心を治療するアダムスの精神を見事に映画化した。笑いと優しさの伝染力が、時には病気の憂うつに勝る。アダムスが恋をする女学生役のモニカ・ポッターの清楚な美しさと、学友を演じたフィリップ・シーモア・ホフマンにも注目したい。

  • Comment(12)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

グッド・ウィル・ハンティング / 旅立ち

2007.07.03

グッド・ウィル・ハンティング


 【 ストーリー・あらすじ 】

 新星マット・デイモンとベン・アフレックが共同で脚本を書き、見事にアカデミー脚本賞をさらったさわやかな感動映画である。
 ウィル・ハンティング(マット・デイモン)は、生まれつき天才的な頭脳に恵まれながらも、幼児期の虐待のトラウマにより周囲に固く心を閉ざし、荒れた日々を送る青年であった。そんな彼が、精神分析医マクガイア(ロビン・ウィリアムズ)と出会い、カウンセリングを受け始める。しかしウィルの心の空洞は暗く深く、容易に心を開くことはなかった。一方マクガイアも最愛の妻を亡くし、その悲しみから逃れられずに苦しんでいるのだった。
 癒されない心をもつ人間同志が、もがき苦しみながらも理解しあい、再生の道に歩みだしていく姿が熱い感動を呼ぶ。マット・ディモンがウィルのナィーブな個性にピッタリで、みずみずしい魅力を放っている。

  • Comment(24)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害