1. TOP
  2. 2006年12月

メン・イン・ブラック2

2006.12.28

映画「メン・イン・ブラック2」


 【 ストーリー・あらすじ 】

 地球内に潜むエイリアン退治に従事する超極秘ユニット「メン・イン・ブラック」こと「MIB」の活躍を描いたコミカルなSFシリーズ第2作。
 MIBのトップ・エージェントJ(ウィル・スミス)は「ザルタの光」なる物体を狙う美人エイリアン(ララ・フリン・ボイル)の陰謀を防ぐべく、今は郵便局長をしているかつての相棒K(トミー・リー・ジョーンズ)のMIB時代の記憶をよみがえらせ、共に事件を追うが…。
 笑えないギャグをもポーズにしながらスタイリッシュを決めようとしていた前作に比べると、今回はベースに悲恋ラブ・ストーリーが敷かれていることもあって、キャラクターに感情移入もしやすく、笑いもほどほどのものにはなっている。『アダムス・ファミリー』などで知られるバリー・ソネンフェルド監督の長所がシリーズ第2弾にしてようやく露出してきたとみていい、ちょっと気のいい小話である。

  • Comment(0)
  • [ SF ファンタジー映画 ] パニック モンスター

メン・イン・ブラック

2006.12.28

映画「メン・イン・ブラック」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 黒ずくめの男たち=メン・イン・ブラックは、地球上に住むエイリアンの監視と犯罪取締りを仕事としている。ニューヨーク市警の刑事ジェームズは、黒スーツの男Kから、地球に1500ものエイリアンが侵入していることを知らされる。そしてジェームズ(ウィル・スミス)は、自分の過去を抹消してK(トミー・リー・ジョーンズ)と同じ仕事についた。
 スティーヴン・スピルバーグ率いるアンブリン映画が製作し、1997年夏(日本では98年正月)に全米で大ヒットしたSFアドベンチャーである。ジェームズにはウィル・スミスが扮し、Kをトミー・リー・ジョーンズが演じている。2人を敵に回す美人博士に扮する、リンダ・フィオレンティーノのあでやかな魅力も忘れがたい。映像は画期的なSFXで、サウンドはヒップホップで観客を魅了する。

  • Comment(8)
  • [ SF ファンタジー映画 ] パニック モンスター

プロジェクトA

2006.12.27

映画「プロジェクトA」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 ジャッキー・チェンの代表作で、ジャッキー映画のナンバーワンに本作を挙げる日本のファンは多い。激しいアクションもさることながら、東洋と西洋、時代劇と現代劇が混在する20世紀初めの香港を舞台に、横行する海賊を退治するというロマンあふれる設定も人気の理由だろう。ドジな水上警察の面々がエリートの陸上警察とけんかしながらも、最後には一致団結、海賊をやっつける。
 アクションの見どころは25メートルの時計台から飛び降りるシーン。2つのバルコニーパラソルを突き抜け首から地面に衝突する。また本作品は、それまでの「香港映画といったらカンフー映画」という概念から、カンフーをアクションに転化し、スピード感あふれる香港映画の流れを作ったともいえる。

  • Comment(12)
  • [ アクション映画 ] カンフー

トゥルーライズ

2006.12.22

映画「トゥルーライズ」


 【 ストーリー・あらすじ 】

 家族にはセールスマンと偽りつつ、実は政府機密機関諜報員として任務遂行にあたっているハリー(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、妻ヘレン(ジェイミー・リー・カーティス)の浮気に悩まされつつ、アラブのテロリストを追っていたが、逆にヘレンもろとも組織に誘拐されてしまう・・・。
 A・シュワルツェネッガーとジェームズ・キャメロン監督の「ターミネーター」コンビが贈るスパイ・アクション大作。007タッチのダイナミックなアクションは当然としても、ドタバタ・コメディとしての要素も盛り込ませ、実ににぎやかな作品に仕上がっているのがキャメロン作品の新境地か。

  • Comment(10)
  • [ アクション映画 ] スパイ

M:I-2 ミッション:インポッシブル2

2006.12.21

映画「ミッション・インポッシブル2」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 トム・クルーズ製作、主演によるメガヒットシリーズ第2弾。前作の記録を軽々と抜きさり、全世界興行収入で5億ドルを突破。世界で2000年に公開した映画中、ダントツのNo.1ヒットを記録した。
 今回与えられるミッションは、世界を破滅に導く狂気の殺人ウィルス「キメラ」の奪取。この人類最凶兵器をめぐり、クルーズ演じるイーサン・ハントが悪の組織と壮絶な死闘をくり広げる。
 前作のブライアン・デ・パルマに代わり、今回の監督に抜てきされたのは、『フェイス/オフ』のジョン・ウー。オープニングの絶壁クライミング、クライマックスのカーチェイスシーンのド迫力は特筆もの! また任務指令を伝える人物として、『ハンニバル』のアンソニー・ホプキンスがノークレジットで参加している。

  • Comment(10)
  • [ アクション映画 ] スパイ

ミッション : インポッシブル

2006.12.21

映画「ミッション・インポッシブル」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 全世界に今なおファンの多い名作TVシリーズ『スパイ大作戦』をもとに、現代ならではの社会背景を考慮しつつ、最新VFXを駆使して映画化した超大作である。
 スパイ組織IMFに属するイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ある任務に失敗して仲間を殺されたばかりか、罠に落ちて裏切り者のぬれ衣を着せられてしまう。身の潔白を証明するため、彼は独自に捜査を開始するが…。
 主演のトム・クルーズが企画と製作を兼ね、自身のプロダクション第1回作品として完成させた。画面空間を360度フルに使いこなすブライアン・デ・パルマ監督の、手慣れた演出が絶妙だ。奇想天外なスパイアイテムの数々も楽しい。ラロ・シフリン作曲によるテレビシリーズのメインテーマをダイナミックにアレンジした、ダニー・エルフマンの音楽も効果的だ。

  • Comment(10)
  • [ アクション映画 ] スパイ

ターミネーター2

2006.12.18

ターミネーターのジャケット


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 核戦争後の西暦2029年、地球では機械軍と人類の抵抗軍が戦っていた。人類の指導者コナーの母親暗殺に失敗した機械軍は、10年後の世界に新型ターミネーターを送り込み、少年時代のコナーを抹殺しようとする。
 1991年に劇場公開されるや、その年の話題を独占する記録破りの大ヒットとなったアクション大作。第1作「ターミネーター」で「史上最強の悪役」としてスクリーンに登場したシュワルツェネッガーが、ここでは少年時代のコナーを助けるヒーローとなる。

  • Comment(18)
  • [ アクション映画 ] アクション

ミリオンダラー・ベイビー

2006.12.14

映画「ミリオンダラー・ベイビー」


 【 ストーリー・あらすじ 】

 トレーラー暮らしで育ったマギー(ヒラリー・スワンク)のたったひとつの取り柄はボクシングの才能。彼女は名トレーナーのフランキー(クリント・イーストウッド)に弟子入りを志願し、断られても何度もジムに足を運ぶ。根負けしたフランキーは引き受け、彼の指導でマギーはめきめき上達。試合で連破を重ね、ついに世界チャンピオンの座を狙えるほど成長。しかし、思いもよらぬ悲劇が彼女を襲った。
 クリント・イーストウッド監督はボクサーとトレーナーの関係を崇高な愛の物語にまで高めていく。ひとりの女性ボクサーの人生が、死生観まで考えさせる映画になったのは、クリント・イーストウッドの監督としての志の高さだろう。アカデミー賞では作品、監督に加え、ヒラリー・スワンクが主演女優賞、モーガン・フリーマンが助演男優賞を受賞。役者たちのパフォーマンスにも圧倒される傑作だ。

  • Comment(20)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] スポーツ

アクション映画ランキング (第3回アンケート結果)

2006.12.12

爆発シーン


 アクション映画のランキングです。以前のアンケート企画の中で、みなさんが今まで鑑賞した作品の中から、おすすめのアクション映画を投票していただきました。その結果、本当にたくさんのアクション作品が集まりました。これもたくさんの方々の投票があってこそだと思います。ほんとにありがとうございました。

そして、みなさんの投票を集計してランキングという形で発表させていただきます。このランキングがみなさんの鑑賞の際の参考になれば嬉しいです。なお、投票結果は出ましたが随時投票を受け付けておりますので、もしみなさんのおすすめ映画などございましたら、コメント欄からご投票ください。

  • Comment(104)
  • [ アンケート ] 投票結果

ロミオ・マスト・ダイ

2006.12.08

映画「ロミオ・マスト・ダイ」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 カリフォルニア州オークランドでは、黒人系とアジア系2つのギャング間で抗争が続いていた。アジア系ギャングのボスの息子ハンは、黒人組織の首領の娘と共に、無意味な抗争に終止符を打とうとするのだが…。
 世界的に有名なマーシャルアーツの達人で『リーサル・ウェポン4』で一躍スターとなったジェット・リー。彼のハリウッド主演第1作である。16歳のとき主演した『少林寺少林寺』の伝説はいまだ健在で、本物のアクションは観客の目を奪う。加えて「マトリックス」のビジュアル・エフェクトが炸裂、かつてないおもしろさのアクション大作が完成した。
 黒人組織の首領にデルロイ・リンド。その娘には、若くしてプラチナアルバムの実績をもつ歌手で、映画初主演のアリーヤが扮する。カンフーの魅力とヒップホップ音楽の快感が融合したアクションだ。

  • Comment(4)
  • [ アクション映画 ] カンフー

映画「スイミング・プール」の解説と解釈

2006.12.06

映画「スイミング・プール」


 みなさんはこの映画「スイミング・プール」をご覧になりましたか?以前、映画「スイミング・プール」のレビューを紹介しましたが、とっても謎に包まれた作品ですよねっ。そこで私なりにですが、いくつかの謎について考えてみましたので、ご参考にしてもらえたら嬉しいです。あとみなさんの解釈と比べてみてください。完全にネタバレなので、鑑賞されてない方は鑑賞後に読んでくださいねっ。

  • Comment(6)
  • [ サスペンス映画 ] ミステリー 大どんでん返し

スイミング・プール

2006.12.05

映画「スイミング・プール」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 人気ミステリー作家サラが、出版社社長に誘われて、南仏の別荘に出向く。そこには社長は来ず、娘のジュリーがやってきた。奔放な性格の彼女は、毎夜ちがう男を家に連れ込み、サラに見せつけるかのように刺激的な夜を過ごしていた。サラはそんな彼女に嫌悪を抱きながらも、目が離せず、次第に影響を受けていく。  サラを演じるのはシャーロット・ランプリング、奔放なジュリーを演じるのはリュディヴィーヌ・サニエ。心を閉ざした中年の堅物女を演じたランプリングは、ときにはユーモラスにときにはあやしく、ヒロインの性が開放していく姿を見せていく。サニエはヌードも持さない大胆演技。女と女の交錯する心をミステリータッチで描いたのは『8人の女たち』のフランソワーズ・オゾン監督。女の美しさと怖さを同時に描ける希有な監督は、本作でもその実力を十分発揮している。

  • Comment(20)
  • [ サスペンス映画 ] ミステリー 大どんでん返し

フィフス・エレメント

2006.12.02

「フィフス・エレメント」のジャケット

 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 23世紀、謎の有機体があらゆるエネルギーを飲み込み、巨大化しながら地球に接近していた。元宇宙連邦特殊部隊員のコーベン(ブルース・ウィリス)が、謎の美女リールー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)と、地球を救う4つの要素を手に入れるため旅立つ。
 若者たちのオピニオンリーダー的映像作家、リュック・ベッソンが20年間温めた企画を、100億円の巨費を投じて完成したSFアクション大作。ナンバー1アクションスター、ブルース・ウィリスがコーベンに、スーパーモデルのミラ・ジョヴォヴィッチがリールーに扮して、圧倒的なスペースアクションを展開する。敵役には、悪役俳優ゲイリー・オールドマンが扮している。

  • Comment(10)
  • [ SF ファンタジー映画 ] SF 近未来