1. TOP
  2. [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

海を飛ぶ夢

2012.05.27

「海を飛ぶ夢」のジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 25歳の時に海で起きた事故で首から下の全身の自由を奪われ、寝たきりの生活を送り続けてきたラモン・サンペドロ(ハビエル・バルデム)。26年間、彼は家族の絆や介護に支えられ穏やかに暮らしてきたが、自分らしく生きるために「尊厳死」という選択をするが、彼を心から愛する人々は、彼の選択に動揺し、葛藤する・・・。

  • Comment(2)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

最高の人生の見つけ方

2011.09.24

「最高の人生の見つけ方」のジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 勤勉実直な自動車整備工(モーガン・フリーマン)と、大金持ちの豪腕実業家(ジャック・ニコルソン)。出会うはずのない二人が、人生の最後に病院の一室で出会った。家族のために自分の夢を犠牲にして働いてきたカーター、そして、お金だけは腐るほどあるものの見舞い客は秘書だけというエドワード。お互いに人生の期限を言い渡されたという以外、共通点は何もない。
 そんな二人を結びつけたのは、一枚のリスト。棺おけに入る前にやっておきたいことを書き出したリストだった。そうして始まった二人の生涯最後の冒険旅行。人生でやり残したことを叶えるために。棺おけに後悔を持ち込まないために。そして、最高の人生だったと心の底から微笑むために。

  • Comment(6)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

2008.04.14

映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」


 【 ストーリー・あらすじ 】

 脳腫瘍のマーティン(ティル・シュヴァイガー)と骨髄腫のルディ(ヤン・ヨーゼフ・リーファース)。共に末期患者で病院で同室のふたりは、死ぬ前に海を見ようと、車を盗んで外へ繰り出した。しかし、その車の中にはギャングの大金が詰め込まれていたのだ…。
 死に向かって走り続ける若者たちの青春像に、ギャングらのポーカーフェイス的ドタバタ騒動をコミカルに織り込みながら、一種独特の乾いた虚無的テイストを醸し出していく、新世代ドイツ映画の快作ロード・ムービー。
 ギャングの親分役に個性派名優ルトガー・ハウアーが扮し、作品の風格を大いに高めてくれているのをはじめ、場面のあちこちに過去の映画のオマージュがちりばめられているのがいい。タイトルにもあるボブ・ディランの名曲は、ドイツの人気バンド、ゼーリッヒがフィーチャーし、劇中で印象的に流されている。

  • Comment(4)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

パッチ・アダムス

2007.07.16

映画「パッチ・アダムス」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 1969年、生きる道を見失っていたアダムス(ロビン・ウィリアムズ)は、自ら精神病院に入院した。しかし立ち直った彼は精神科医を目指し、ヴァージニア大学医学部に入学した。そして「笑い」を重視した療法を考え出す。
 実話をもとにした感動ドラマ。町医者として12年間、15万人を越える患者を無料診療したハンター・アダムスを描いている。主役のアダムスにはロビン・ウィリアムスが扮し、「笑い」で心を治療するアダムスの精神を見事に映画化した。笑いと優しさの伝染力が、時には病気の憂うつに勝る。アダムスが恋をする女学生役のモニカ・ポッターの清楚な美しさと、学友を演じたフィリップ・シーモア・ホフマンにも注目したい。

  • Comment(12)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

グッド・ウィル・ハンティング / 旅立ち

2007.07.03

グッド・ウィル・ハンティング


 【 ストーリー・あらすじ 】

 新星マット・デイモンとベン・アフレックが共同で脚本を書き、見事にアカデミー脚本賞をさらったさわやかな感動映画である。
 ウィル・ハンティング(マット・デイモン)は、生まれつき天才的な頭脳に恵まれながらも、幼児期の虐待のトラウマにより周囲に固く心を閉ざし、荒れた日々を送る青年であった。そんな彼が、精神分析医マクガイア(ロビン・ウィリアムズ)と出会い、カウンセリングを受け始める。しかしウィルの心の空洞は暗く深く、容易に心を開くことはなかった。一方マクガイアも最愛の妻を亡くし、その悲しみから逃れられずに苦しんでいるのだった。
 癒されない心をもつ人間同志が、もがき苦しみながらも理解しあい、再生の道に歩みだしていく姿が熱い感動を呼ぶ。マット・ディモンがウィルのナィーブな個性にピッタリで、みずみずしい魅力を放っている。

  • Comment(24)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

21グラム

2006.10.13

映画「21グラム」のDVDジャケット


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 クリスティーナは、ふたりの娘と優しい夫と幸せに暮らしていたが、その愛する家族を交通事故で失ってしまう。ひき逃げ犯は前科者のジャック(ベニチオ・デル・トロ)。更生し、神を信じて真面目に働いていた矢先の不注意による事故だった。しかし、亡くなったクリスティーナ(ナオミ・ワッツ)の夫の心臓は、移植を待っていた大学教授のポール(ショーン・ペン)の命を救う。このことがきっかけになり、クリスティーナ、ポール、ジャックは引き寄せられるように近づく・・・。

  • Comment(12)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

死ぬまでにしたい10のこと

2006.09.24

映画「死ぬまでにしたい10のこと」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 23歳という若さで、がんで余命2か月と宣告されたアン(サラ・ポーリー)。彼女はやり残したことをノートに10コ、書き留める。オシャレのこと、ふたりの娘のこと、そして夫以外の男と付き合ってみること…。リストを作ったときから、アンの平凡だった人生がイキイキと動きだした。
 死を目前にしながらも、その事実を誰にも明かさず、リストを作って実行していくことで、死の恐怖を回避し、幸せで甘い幕切れを求めるアン。自分の不運な運命を知っても、決して動揺せずに、残り少ない人生を最上のものにしようとするヒロインの強さが感動的。

  • Comment(8)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

アイ・アム・サム / I am Sam

2006.09.03

映画「アイ・アム・サム」


 【 ストーリー・あらすじ 】

 7歳児程度の知能しかもっていないサム(ショーン・ペン)は、娘ルーシー(ダコタ・ファニング)とささやかな生活を続けていたが、彼に養育能力がないと判断したソーシャル・ワーカーがふたりを引き離してしまう。サムはやり手の弁護士リタ(ミシェル・ファイファー)を頼り、裁判でルーシーを取り戻そうとするが…。
 ショーン・ペンをはじめとするキャストの優れた演技とそれらのアンサンブル、アップのモンタージュを巧みに重ねながら、それぞれの人間の感情をドラマとともに盛り上げていくジェシー・ネルソン監督の繊細な演出などにより、障害者を主人公にした感動の映画というよりも、現代社会に失われた大切な想いを持ち得る男によって周囲の者たちが影響され、癒されていくという、さわやかで後味のよい「愛の映画」に仕上がっているのがいい。ビートルズに敬意を表した設定の数々も素晴らしい効果を生んでいる。

  • Comment(12)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

レナードの朝

2006.07.27

映画「レナードの朝」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 実話をもとに、ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズという大物同士の共演で描く感動作『レナードの朝』。精神病院に赴任した医師セイヤーは、体を自由に動かせない患者たちにボールを受け止める反射神経があることを発見。さらに、30年間も半昏睡状態で病院暮らしを余儀なくされていたレナードに新薬を投与することで、彼を奇跡的に目ざめさせるのだが…。

  • Comment(8)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

フォレスト・ガンプ / 一期一会

2006.07.24

フォレスト・ガンプ 一期一会


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 IQが人並みほどもないにもかかわらず、母親の献身的な愛情と、そして運命がもたらす不可思議な力によって、時代の英雄として歴史をかけめぐっていく青年フォレスト・ガンプ(トム・ハンクス)の生きざまを描いた、ロバート・ゼメキス監督による大河ヒューマン映画の傑作。戦後アメリカの風俗映画としてとらえても秀逸で、1950年代から80年代にかけてのヒットナンバーに彩られながら、アメリカがその期間に体験したさまざまな事柄が、たとえばガンプが本物のケネディ大統領と握手するなど、巧みな視覚効果によって描かれていく。
 1994年度(第67回)のアカデミー賞では作品、監督、主演男優、脚色、視覚効果、編集の6部門を受賞。これが2度目のオスカーとなった主演トム・ハンクスによる映画「ビッグ」さながらの大人子ども的演技も絶妙だが、母親役サリー・フィールドの名演も忘れがたい余韻を残してくれる。この母あればこそ、ガンプのさまざまな奇跡も可能となり、いつしか運命も彼に味方するようになったのだ。

  • Comment(16)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

セント・オブ・ウーマン / 夢の香り

2006.06.02

「セント・オブ・ウーマン」のDVDジャケット


 【 ストーリー・あらすじ 】

 全寮制名門高校の生徒チャーリーが、休暇中のアルバイトで全盲の元陸軍中佐フランク(アル・パチーノ)の世話をすることに。しかし、頑固なフランクとの出会いは最悪なもの。フランクの言動に戸惑いながらも、心やさしいチャーリーは行動を共にすることになるが…。
 歳の差を越えた2人の男に友情が芽生えてくるプロセスは、生きることの意味や素晴らしさを感じさせてくれる。また、アカデミー賞主演男優賞を獲得したアル・パチーノのごく自然な演技にも注目。女性のつけている香水を嗅ぎ分ける能力に長けているフランクだが、そこで美女をゲットしてタンゴを踊るシーンはスマートでなかなかの見もの。中年男の愛らしさも垣間見ることができる。

  • Comment(14)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害

ロレンツォのオイル / 命の詩

2006.05.16

映画「ロレンツォのオイル」


 【 ストーリー ・ あらすじ 】

 オーグスト(ニック・ノルティ)とミケーラ(スーザン・サランドン)のひとり息子ロレンツォが難病の副腎白質筋ジストロフィーに冒されてしまった。専門医(ピーター・ユスチノフ)にも見放されたわが子の命を救うため、夫婦は何の医学的知識も持たないにもかかわらず必死の努力の末、ついに新薬“ロレンツォのオイル”を生み出していく…。

  • Comment(16)
  • [ ヒューマン ドラマ映画 ] 医療 病気 障害