1. TOP
  2. [ 洋画 関連 ] 気になる企画

史上最高の映画キャラクター100人 (「英エンパイア誌」発表)

10.05

タイトルのロゴ


 英エンパイア誌が読者投票を集計した「史上最高の映画キャラクター100人(The 100 Greatest Movie Characters of All Time)」というランキングを発表しましたので、今回ご紹介したいと思います。

 これはかなり興味のあるランキングですよねっ。映画を観ているととても魅力的な主人公がいますし、悪役の中でもとても魅力的なキャラクターがいますよねっ。中にはスピンオフ作品として、映画の中の登場人物を主人公にした作品が新たに製作されることもあるほど、魅力的なキャラクターがたくさんいます。

 ということで、映画の中のキャラクター(登場人物)たちが投票により100人もランキングで発表されました。みなさんのお好きなキャラクター(登場人物)や俳優さん女優さんはランクインされているかお確かめください。では100位までのランキングをどうぞっ。

  • Comment(16)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

映画監督が選ぶ史上最高の映画トップ10 (「BFI(英国映画協会)」発表)

08.07

フィルムのデザイン画


 英国映画協会(BFI)が10年に1度発表している「映画監督が選ぶ史上最高の映画」と「評論家が選ぶ史上最高の映画」という2つのランキングが「Sight & Sound誌」から発表されましたので、今回はまず「映画監督が選ぶ史上最高の映画」のランキングをご紹介したいと思います。

 358人の「映画監督」が選んだランキングとなっていますので参考になると思います。トップ10までのランキングですが、映画鑑賞の際にお役立てください。

 あとどのような監督さんがどのような作品を選んだのか興味深いところですが、マーティン・スコセッシ、クエンティン・タランティーノ、ウディ・アレン、フランシス・フォード・コッポラ、マイケル・マンの5人の監督が投票したリストも合わせてご紹介させていただきたいと思います。

  • Comment(2)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

史上最高の映画301本 (「英エンパイア誌」発表)

06.07

英エンパイア誌の雑誌の表紙


 英エンパイア誌から「史上最高の映画301本(The 301 Greatest Movies Of All Time)」というランキングが発表されましたので、今回ご紹介したいと思います。

 今回のような規模の大きいランキングは久しぶりですので、301位までご紹介させていただきました。301本もの映画がありますので、きっとまだ鑑賞されていない作品もあると思います。ぜひ映画鑑賞の際にお役立てください。

  • Comment(8)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

アメリカ映画協会(AFI)が選んだ映画ランキング ベスト100

05.09

タイトルロゴと映画ポスター


 AFI(アメリカ映画協会)が2007年に「アメリカ映画ベスト100(AFI's 100 YEARS...100 MOVIES)」というものを発表しました。今からけっこう前に発表されたものですが、映画鑑賞において参考になると思いますので、今回紹介したいと思います。

 このランキングは1997年にも発表されていまして、10年経った2007年に再び発表されたものです。ですので、ランクインしている作品や順位もけっこう変動がありました。そして、この100作品の選出・順位方法は、映画関係の人々(監督、脚本家、俳優、編集者、映画撮影技師、批評家、歴史家)などによって投票されたものですので、より参考になると思います。

 ということで、ぜひみなさんがDVDなどをレンタルされる際の参考にしていただけたら嬉しいです。

  • Comment(6)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

歴代最高の映画ランキング 500本 (「英エンパイア誌」発表)

11.13

たくさんの映画ポスター


 英国最大の映画雑誌「エンパイア」が、読者10000人、ハリウッドの映画関係者150人、映画評論家50人を対象に「過去最高の映画」に関するアンケート調査を実施しました。そして、その結果を集計し「歴代最高の映画ランキング500(The 500 Greatest Movies of All Time)」という形で発表されましたので、今回ご紹介したいと思います。

 いったい映画って世界に何本あるのでしょう?恐ろしいほどの数になるでしょうねっ。なので500という数字は大きいのかもしれませんが、それでも何万本のうちの500本ということで、500位に入る作品というのは、本当に名作ばかりできっとどれも素晴らしい作品なのだと思います。

 なのでまだ鑑賞されたことのない作品などがあれば、このランキングを参考に鑑賞されてはどうでしょうか?みなさんの好きな作品はありましたか?

  • Comment(22)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

TSUTAYAが選んだ名作映画100本 一覧

10.04

ツタヤのロゴ


 レンタルショップのTSUTAYA(ツタヤ)が選んだ名作映画100本を期間限定でレンタル料金100円というのをご存知ですか?7月1日~8月31日までの期間限定でやっているキャンペーンなんです。約2ヶ月間も100円というのは嬉しいですよねぇ。

 そして気になるのがツタヤが選らんだ映画100選とはどんな作品なのか?ということで、興味深かったのでご紹介させていただきます。この機会にツタヤが選んだ名作映画100本をご覧になってはいかがですか?

 あと、映画を選ぶに当たっていろんなテーマやジャンルに添って選ばれたみたいなので、みなさんのお好きなジャンルなどがありましたらご参考ください。

  • Comment(23)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

俳優が選んだ「史上最高の映画ベスト100」 (「米Time Out誌」発表)

03.08

映画ランキング100


 米Time Out誌が俳優が選んだ「史上最高の映画ベスト100(The 100 best movies of all time)」というランキングを発表しましたので、今回ご紹介したいと思います。

 俳優さんが選んだということで、評論家や一般の映画好きの方々が選んだものとはまた違ったランキングになっていると思います。皆さんの好きな作品がランクインしているか、ぜひ覗いていってください。

  • Comment(1)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

映画史に残る傑作オープニングシーン20 (米サイト「Taste of Cinema」発表)

01.09

電光盤


 米サイト「Taste of Cinema」が「映画史に残る傑作オープニングシーン20(The 20 Greatest Movie Opening Scenes In Film History)」というランキングを発表しましたので、今回ご紹介したいと思います。

 最近のものよりも昔の作品が多く選ばれているので、映画通という方により楽しんでいただけるランキングになっていると思います。皆さんのお好きな映画がランクインしているか、ぜひご確認ください。

  • Comment(0)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

ウディ・アレンの映画ベスト43 (「Time Out」発表)

01.20

ウディ・アレン


 「Time Out」からウディ・アレンの監督作品ランキング(The best and worst Woody Allen movies)が発表されましたので、今回ご紹介したいと思います。

 ウディ・アレンが1966~2014年の間に監督した43本の映画が対象となっています。ウディ・アレンがお好きという方は、ぜひ参考にしてください。

  • Comment(3)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

スティーブン・キング原作の映像作品ベスト10&ワースト5 (「EW誌」発表)

02.22

スティーブン・キングの小説


 EW(エンターテイメント・ウィークリー)誌が「スティーブン・キング原作の映像作品のベスト10とワースト5(Stephen King: Best/Worst Adaptations)」を発表しましたので、今回ご紹介したいと思います。

 以前、英Total Film誌から発表された「スティーブン・キング原作映画ベスト20」というランキングもご紹介していますので、そちらと合わせて楽しんでいただければ嬉しいです。ぜひ映画鑑賞の際にお役立てください。

  • Comment(5)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

映画史に残る印象的なシーン100本

10.14

たくさんの映画シーン


 「CineFix」というYouTubeチャンネルが「映画史に残る印象的なシーン100(100 Most Iconic Shots of All Time)」という動画を発表しましたので、今回はその動画と100本のリストをご紹介したいと思います。

 4分26秒という短い動画の中に100本の映画シーンが詰め込まれているので、1つ1つのシーンはとても短いですが楽しめると思います。あとリストは登場する映画順に並べてあるので、何の映画だったのかの確認にご利用ください。

  • Comment(2)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

ハリウッド業界人が選ぶお気に入り映画100 (「ハリウッド・レポーター誌」発表)

09.16

ハリウッド・レポーター誌


 ハリウッド・レポーター誌が「ハリウッド業界人が選ぶお気に入り映画100(HOLLYWOOD’S 100 FAVORITE FILMS)」というランキングを発表しましたので、今回はそのランキングを100位までご紹介したいと思います。

 アンケート投票によってこのランキングはできているのですが映画の評論家・批評家ではなく、フォックスやウォルト・ディズニー・スタジオの偉いさんやマイケル・ベイを始めたくさんの監督さんというように映画業界で働く人たちがアンケートに答えています。

 映画業界人は一体どのような映画が好きなのでぜひ覗いて行ってください。このランキングが映画鑑賞の際にお役に立てれば嬉しいです。

  • Comment(0)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

スティーブン・スピルバーグと仕事をする際に観ておかなければいけない映画 206本

08.29

スティーブン・スピルバーグ


 スティーブン・スピルバーグといえば映画界に欠かせない存在ですが、そんな彼と仕事をする際には観ておかなければいけない映画があるというのです。そのリスト(The Spielberg Curriculum: Are These The 206 Movies You Must See To Work With Steven Spielberg?)が発表されましたので、今回ご紹介したいと思います。

 スピルバーグが製作総指揮を務める映画の監督さんは206本の映画リストが書かれた「スピルバーグ・カリキュラム」というものを渡され、それを観ておかなければいけないということなんです。

 すごいですよねっ。そんなものが存在するなんて。一体どのような作品がリストアップされているのか、ぜひ覗いてみてください。

  • Comment(7)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

スパイク・リーが選ぶ「映画監督(志望者)が見るべき映画86本」 (「NYU映画学科」発表)

05.20

スパイク・リー


 映画学校として有名なニューヨーク大学(NYU)のティッシュ・スクール・オブ・アーツ。その映画学科で授業を教えているスパイク・リー監督が、最初の授業で生徒に配っている「映画監督が見るべき映画86本」というリストが一般公開されましたので、今回ご紹介したいと思います。

 監督として大成功を修めているスパイク・リー監督が、映画監督を目指す人たちに観ておくべき映画として86本の作品をリストアップしています。映画監督を目指している方も、目指していない方もぜひ覗いていってください。

  • Comment(5)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

泣ける映画100選 (「TSUTAYA」×「シネマトゥデイ」発表)

04.30

泣いている赤ちゃん


 「TSUTAYA」と映画情報サイト「シネマトゥデイ」が共同して「泣ける映画100選」というリストを発表しましたので、今回ご紹介したいと思います。

 いくつかのテーマに沿って「泣ける映画」が選ばれておりますので、皆さんにとって泣けるツボのテーマから選んでみてはいかがでしょうか。ぜひ映画鑑賞の際にお役立てください。

  • Comment(4)
  • [ 洋画 関連 ] 気になる企画

NEXT